この記事は当サイト編集部に所属する筆者が実際に行った方法である。

その内容は下取りなし、アルファードの”新車本体値引き63万円”に成功した方法である。担当していた優秀な営業マンからは他言無用と口止めされている方法だ。

アルファード

当時は記事を公開できなかったが、時間が経ちアルファードもモデルチェンジしたことから公開を決めた。

購入したのはアルファードだが、全メーカー、全車種に共通して可能な値引き方法だ。

今から掲載する内容は当サイト独自の方法であり、他ではまず知ることができないものだ。

はじめに言っておくが、無駄なことは一切書くつもりはない。これを見たらすぐに実践できる、そして即戦力となる情報しか提供しないつもりだ。

一つだけ懸念材料がある。あまりにこの情報が広く周知されることで各ディーラーの営業マンが対策することだ。情報があまりに拡散された場合、この記事を削除する予定だ。突然削除する可能性があることを事前に理解した上で読んで頂きたい。

当記事は限定公開にし、公開停止にする可能性があることをあらかじめ伝えておく。

車を安く購入したいのは誰もが同じ

悩む男性

  • あと20万円安くなれば買えるのに…
  • この価格で購入したら損しそう…
  • 妻から今の価格だと購入しないと言われた…

こんな悩みを抱えている方は少なくないだろう。車を安く購入したいのは誰もが同じだ。

ディーラーに行って一発目の見積もりから「安かったラッキー」とは絶対にならない。恐らくオプションを付けていっている段階で、当初思っていた金額よりもオーバーするはずだ。

ここでやってしまいがちな行動がこれだ。

  • 諦めてグレードを下げる
  • 目当ての車種よりもランクを下げた車を購入
  • 車の購入自体を諦める

以前、アルファードに乗る前の車を筆者が購入した際に「目当ての車種よりもランクを下げる」を選択した。だがこの選択には本当に後悔した。本来なら乗る予定だった車を街中で見るたびに憧れを抱き、それは常に後悔の感情に変わる。

そんな筆者だからこそ、目当ての車を手に入れるための”価格交渉”がどれだけ大切なことか理解している。

下取りで調整するのはディーラーの営業マンの常套手段

以下、ディーラーに車を売却するのが「下取り」。一括買取査定サイトを利用して中古車販売店に買い取りを依頼するのを「買い取り」と記載する。

ネット上にある多くのサイトには様々な交渉術が書かれている。しかし、9割以上のサイトが車一括査定を利用して、今所有している車を高く売ることで値引きしたと思わせる方法だ。

そのカラクリはこうだ。

  1. 各社販売のディーラーに行く
  2. ディーラーで下取り車に20万円の価値が付く
  3. 家に帰り車一括査定をして30万円の値が付く

一括買取査定によって差額10万円得したことになり、当然ながらこの10万円は自動車購入費に加えられる。すると、あたかも本体値引きしたような感覚になる。

車一括買取査定は中古車買取専門店が競合するため、ディーラーの下取りより99%高く買い取りできるサービスなのは間違いない。

だが、これは所有している車の買取価格が高くなっただけで、購入する予定の車両から値引くのとは訳が違う。

「値引き≠所有の車を高く売る」

つまり、あなたは購入予定の車を安く買うための交渉を何もしていないのと一緒だ。

これだけは絶対に勘違いしていはいけない。本来、価格交渉というのは”車両本体から条件をつけずにどれだけ値引くことができるか”が勝負なのだ。

ディーラーの下取りが買い取り額を上回るカラクリ

イスにもたれるサラリーマン

これはよくあることだが、ディーラーの下取りが一括買取査定の買取額を上回るケースがある。99%買い取りサービスの方が高額査定になるといったが、これだと矛盾する。

だが、これにはカラクリが隠されている。

下取り価格を自在に操作した営業トーク

例を交えながら説明しよう。現在、あなたはディーラーの営業マンと交渉中だ。

ディーラー営業マン「車体本体値引きは厳しいので、下取りで調整しますね。」

この言葉が出たときは特に要注意だ。

ディーラー営業マン「この〇〇だと下取りは10万円前後ですね。でも今回だけは特別に15万円で下取りさせて頂きます。」

魅力的な言葉が飛び出してきましたね。さらにこんな営業トークがあればどうでしょうか。

「上司にも相談が必要ですが、今日決めてもらえたら20万円で下取りも頑張ります。」

これだけの営業トークで購入する方も少ないだろうが、ほとんどの方は営業マンが自分のために頑張ってくれているように感じるはずだ。

結論から言うと、これは全然頑張っていない。むしろ、この下取り額は妥当な価値で、それ以上も全然狙える範囲なのである。

要するに、下取り額を調整してあたかもお客が得をするように営業マンが操作しているだけである。

これが可能なのは、一般の方が自分の愛車の価値などわかるはずないと営業マンが知っているからだ。

もし、ディーラーが新車販売ではなく下取りだけする場合、買い取り価格よりも上回る可能性はゼロだ。新車購入という名目があってこそできる手法なのである。

ここまで見た方はあなたは、もうこの手法の手玉にとられないはずだ。この交渉術は初歩中の初歩であって、どこの営業マンも必ず行ってくる手法だ。基本的な話をしたわけだが、ここでどう対応するかが後の交渉に繋がる大事な部分なのだ。

次項は読者のみなさんが最も気になる実際の値引き額の証拠を公開しよう。

【マル秘】値引きの証拠を公開する

見積もり

これが実際に発注した最終段階の確認書だ。まず見てほしいのが車両本体値引きの欄だ。「63,2000円」の値引きに成功しているのがわかるはずだ。

担当して頂いた営業マンの方に迷惑をかけないために千円以下の端数は掲載ていない。

ここで注意してほしいのがメーカーオプションだ。メーカーオプションには本革やエアロ、ナビゲーションなどがある。これらのオプションは数十万単位で増額するものだ。

大抵の場合、このメーカーオプションを付けることによって値引き交渉が可能となる。なぜならメーカー側で操作しやすい項目だからだ。つまり、メーカーオプションを増やせば増やすだけ値引き額は大きくなる。

だが、メーカーオプションに対する値引きであって車両本体から値引きをしているわけではない。これだと本当の意味で値引き交渉に成功したとは言えない。

今回、値引きに成功したのはメーカーオプションとは全く関係のない、車両本体からの値引きであることを改めて強調しておく。

見積もりに入っていないが、ナビゲーションやシート、セキュリティなどは専門店で注文して付けてもらった。

値引き交渉術に関する情報は数多く出回っている。でもそれらの多くは実際に実践して勝ち得たものなのか不明である。本当なのかを確認する手段もない。

今回公開した見積書のような正式な書類がない限り、好き放題書くことが可能だ。

当サイトでは値引き交渉に実際に成功した証拠を示すことで、読者の方が迷わず値引き交渉に向かうための後押しができると考えている。

アルファード

それでは実際に車両本体値引き「60万円以上」に成功した値引き交渉の極意を伝授したいと思う。

60万円以上を値引く「5つの交渉術」※限定公開

秘密

ここからが本編になるが核心をつく部分は非公開にしている。隠した理由は後に紹介するが、本編ではすべてを公開している。

では、5つの交渉術を限定的に公開していく。

  1. 〇〇に連絡する(初回交渉に行く前に絶対)
  2. 初回で営業マンに絶対に内緒にすべきこと
  3. 店舗は最低でも〇つ行くこと
  4. 担当者はできる限り〇〇がおすすめ
  5. 希望額を明確にする

この5つを行って値引きがない可能性はほぼゼロだ。ただし、やり方を間違えると一気に値引き交渉の幅が狭くなることは間違いない。

だから値引き交渉の前に必ず一読してほしい。もし交渉術が忘れそうならブラウザにブックマークすることを推奨する。

それでは一つずつ解説していく。

1.〇〇に連絡する(初回交渉に行く前に)

これは絶対にやるべきことだ。それも初回交渉に行く前にしないと意味がない。

本来なら初回交渉に行く前にすべきことだが、相談によっては交渉後でも可能な場合がある。実際に私の知り合いはそれで20万円ほど値引きを上乗せることに成功している。

あなたが最終的に購入したい店舗はどこだろうか。いきなり言われる迷うかもしれないが、最終的に購入する店舗は故障や車検、点検などを考えて近所の店舗がベストだと思う。

よって、最終的に購入したい店舗にいきなり訪れるのは絶対にNGだ。これを間違えると、いきなり数十万単位の値引きに失敗することになる。

この方法は本人がダメな場合、親もしくは親戚、友人に頼ることもできる方法だ。簡単にできる方法なのにその効果は絶大だ。これをすることで全ての状況が一変する。

本来なら初回交渉に行く前にするのがベストだが、たとえ交渉後でもやる価値は十二分にある。そこは相談が必要だが、これをやらずに大幅な値引きは不可能だ。

2.初回交渉で営業マンに教えてはいけないこと

これも「1.〇〇に連絡する(初回交渉に行く前に)」同様に絶対に注意してほしい交渉術だ。これを営業マンに伝えてしまうと、相手に武器を与えているのと同じことになる。

今後も購入する車のことで営業マンとは長い付き合いになるわけだが、ここではむやみやたらに情報を与えてはいけない。

この情報を伝えることで、あなたは交渉のテーブルから降ろされかけているのに気づかなくてはならない。もし聞かれても「〇〇する予定はないです」ときっぱり言い切ってしまおう。

3.ディーラーは最低でも2店舗まわる(※条件あり)

ディーラーは最低でも2店舗以上はまわってほしい。相見積りを取るためにこれは重要なことだ。

ただし条件がある。2店舗以上まわるなら〇〇で実践してほしい。これをしないと無駄に労力だけがかかり、わざわざ複数の店舗をまわる意味がなくなる。

地域によってどうしても不可能な場合もあるだろうが、可能な限りこれは実現したい交渉術だ。

4.担当者はできる限り〇〇がおすすめ

これは「1.〇〇に連絡する(初回交渉に行く前に)」で決まっている可能性が高い。

一般的には自動車ディーラーに行った際に外で声をかけてきた営業マン、もしくは他の営業マンが担当するのがほとんどだ。

しかし「1.〇〇に連絡する(初回交渉に行く前に)」をしていれば、事前に担当者が決まっている可能性が高い。そして交渉に最適な営業マンが選ばれている可能性が非常に高い。

これに関しては検証も必要だが、私の場合はある程度選択の余地があった。ただ100%実現できるかどうかはわからない。

営業マンの選択に関してはどこまで出来るかは未知数だ。100%実現できないことをあたかも出来るかのようには伝えたくない。だから見出しにも”できる限り”という言葉を添えてここに掲載している。

ただ、担当者の力量によって後の値引き額が大幅に変わる可能性が高いことだけは確かだ。

5.希望額を明確にする(※重要)

希望額とは一体なんなのか。それは「値引きして購入したい金額」だ。つまり、あなたがどれくらいの予算があるかを決める必要がある。

意外と予算に関して曖昧な方が多いのが現状だ。これを読みながら「予算はいくらまで」と明確に答えられるなら、あなたはすでに一つの交渉術を身につけていると自信をもってほしい。

いくらまで費用を出せるのか、これを明確にすることによって具体的な値引き額を決定できる。

これがある程度決まらないと、あの手この手で営業マンの交渉術に惑わされてしまい、妥協した金額で購入してしまうのだ。値引き希望額は絶対に決めるべき内容で、一回目の交渉の後には必ず決めてほしい。

なぜ一回目の交渉の後なのか、それは実際に見積もりをもらってからでないと素人では全体金額の想像もつかないからだ。

初回の見積りをもらった時点で希望額を設定し、その上で値引き交渉がどこまで必要なのか把握する必要がある。希望額は多少無理な金額でも構わない。それを実現するために頑張るのが本当の値引き交渉なのだから。

念のため言っておくが、150万の車を60万円値引いて90万円にするのは不可能に近い。車両本体価格に対する値引き幅がある。あまりに無謀な金額ではなく、ここまで下げれば購入できる額を決めてほしい。

実はこの値引き設定額を明確に決め”あること”をすれば、後に訪れる営業マンとの交渉に使える”必殺技”に変貌するのだ。

何度も言うが、これを明確にしないと営業マンに足元を見られ交渉の余地がない。営業マンと本当の交渉をするために最も重要な内容だと理解しておいてほしい。

所有の愛車の相場を知り優位に交渉する

お金

交渉する際に重要なのは切羽詰った状況を取り除くことだ。あまりに無謀な交渉をすると営業マンもそれ以上の値引きに応じてくれない場合がある。

営業マンも人間だ。社内でそれ以上の値引き交渉をするか否かはその担当者の意思次第だ。

もちろん値引き額が大きいことに越したことはない。値引き限界値を引き出すことは重要だが、限界値まで下がらないと購入できないような予算の組み方はおすすめしない。

なぜなら、交渉成立後に訪れる様々な特典が受けれなくなる可能性があるからだ。

例えば、70万円の値引きがディーラー全店通しての限界値だとしよう。そこまで下げれれば最高だが、もし限界値が出た場合はそれ以上のサービスは受けれないだろう。

最近は初年度~数年間の点検パックがある。これは各店舗によってサービスが違い、客を他に逃がさないための戦略でもある。

ディーラーは2年後に訪れる車検で利益を得ているため、客を逃がさないためにその店舗でしか受けれない独自のサービスを展開している。

この点検パックは意外と優秀で、ちょっとした備品の交換や洗車なども無料だ。筆者はアルファードを購入してこの点検パックを付けてもらったが、今考えてもこれは必ずつけるべきオプションだと感じている。

筆者の場合は60万円以上の値引き交渉に成功したわけだが、正直なところまだ数万円は値引きの余地があったと思う。そこを交渉しようかどうか悩んだが私はやめた。

結果、ギリギリまで交渉しないことでこの点検パックが無料になった。また、それ以外のお得なサービスも提供してもらえた。

仮にギリギリまで交渉をお願いしていたら、この点検パックや後のサービス内容は変わってきたかもしれない。限界値までいくことで、ディーラーもそれ以上お客に対して優遇できないのは当然の流れだろう。

だからこそ、限界値にまでいかなくても購入できる予算はある程度確保しておきたい。

たとえ値引きの限界値までいかなくても十分な値引き額は提示してもらえる。私の場合はそれが車両本体値引き60万円以上という額だ。

自分の予算を確保するために、今の愛車をどれだけ高く売るかが最大の難関になってくる。期待値以上に高く売れれば、値引き交渉にも余裕ができる。

だからといって、早まってディーラーで下取りなんてすると大損しかない。愛車を高く売るなら中古車専門店で相見積りを取る、これを自宅にいながら実行できる「車一括査定」が必須になる。

愛車の相場を売るなら「車一括査定」は必須

計算する男性

先ほども説明したが、ディーラーの下取りで売るのは損しかない。車を売るなら買取専門店に売る方が間違いなく高く売れる。

ただ、車買取専門店といっても数多く存在する。ユーポスやガリバーなど近所にあるはずだ。一軒一軒まわって相見積りをとって…なんてことをやる時間は無駄なだけである。

買取専門店にも基準はあるが、買取額に数万から数十万の開きはある。だからこそ相見積りで競合させるのがベストだ。

そんなときに便利なのが「車一括査定」だ。これなら数十社の買取店が一斉に競合して、あなたの愛車の買取最高額を知ることが簡単にできる。

ただ、車一括査定にはデメリットもある。申し込んだ瞬間に営業電話がかかってくるのは有名な話だ。当然ながら各社ともに早く電話で交渉したいのが目的だ。

でもそんなデメリットを軽減し、なおかつ数多くある一括査定サイトの中でも特に高額査定に期待できるものを2社に厳選した。

  • カーセンサー
  • ユーカーパック

それぞれ圧倒的な人気を誇るサービスだが、その形態は少し異なる。

車一括査定ならこの2社で問題なし

カーセンサー ユーカーパック
運営 リクルート UcarPAC
掲載買取業者 1,000社 2,000社
同時査定依頼数 30社
利用者 12万人 12万人
申し込み所要時間 約2分 約1分
対応エリア 全国 全国
電話営業 多数(メール&時間指定可) 1社のみ

リクルートが運営する「カーセンサー」と、今最も勢いがある「ユーカーパック」。どれも他の一括査定サイトよりも優れたサービスで、車一括査定サイトならこの2社を選べばまず間違いない。

車一括査定サイトには変わりないが、両者には異なった部分があり、利用者の目的によってうまく使い分けられるようになっている。選ぶ際に注目してほしいのは以下2点である。

  • 高額査定を目指すのか
  • 電話営業&交渉は苦にならないか

選ぶ際になぜこのポイントに注目すべきなのか、カーセンサーとユーカーパックの説明を交えて解説する。

とにかく高額査定を狙うなら「カーセンサー」交渉したい方向け

カーセンサー

  • 同時査定依頼数30社は業界No.1
  • 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  • 電話営業は多いがメール&電話時間指定可能

高額査定を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめだ。同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。当然ながら競合する会社が多い分、高額査定が出やすい。

ただし、デメリットは電話営業が多いことだ。同時査定依頼が多いほど対応する電話の数は多い。実際に車を査定してもらうわけだが、数が多いほど要する時間も多くなる。

よくて3~5社程度が交渉のテーブルに立つ限度であろう。もちろん交渉する業者が多くなればなるほど高額査定は出やすい。

本人自ら複数の業者と交渉しなければならないため、まずは3~5社程度に査定をしてもらおう。業者も既に競合しているは理解しているため、簡単に交渉できるようにはなっている。

「あなたの会社は45万の査定でしたが、他社で50万円の査定をしてもらっています。それ以上の査定額を…」

このような具合で交渉すれば大丈夫だ。

さらに、利用者に優しいメール連絡を希望できるのがカーセンサーの人気の理由の一つだ。

カーセンサー

申し込む際に上記画像の空白欄に「メールのみ連絡希望」と記載しておけば、大幅に電話連絡を減らすことができる。

電話をかけてくる業者もあるようだが、私が利用した際はメールのみだった。確実に電話営業を大幅に減らすことができるのは間違いない。

また、上記画像の空白欄には「連絡希望時間の指定」も可能だ。これなら仕事中に連絡が来て対応する…なんてことも防げる。

一括査定の中では、このような利用者に優しい対応をとっているのはカーセンサーだけだ。

なおかつ高額査定が期待でき、運営会社もリクルートと信用性も抜群である。何度も言うが、とくにかく愛車を高く売りたいならカーセンサーを利用すれば間違いない。

車一括査定の異端児「ユーカーパック」交渉に苦手な方向け

ユーカーパック

  • 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  • 高額買取にも期待
  • 電話営業一切なし
  • 申し込みと同時に買取相場がわかる

2016年に現れた車一括査定の異端児「ユーカーパック」。掲載買取業者は2位のカーセンサーに比べて約2倍の2,000社。当然ながら高額査定に期待できる。

本来、一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本だ。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの社員が交渉してくれる。

ユーカーパック

つまり、あなたはユーカーパックの社員と連絡を取るだけである。

  • 電話営業なし
  • 交渉する必要なし
  • 実地査定もユーカーパックだけ対応でOK

わずかこれだけで、後はユーカーパックが提携業者2,000社にその情報を発信する。

ユーカーパック

いわゆるオークション形式のようなものだ。あなたの車の情報を元に、各買取専門業者がそれぞれ査定額を決めていくのだ。

この間、あなたは何もやらなくて大丈夫。

ユーカーパック

各社の査定額をスマホから確認でき、相見積りをすべて同時に確認することができる。

当サイト編集部でも実際に利用してみて、今までの一括査定サービスとは比較にならないほど手軽なサービスだと感じた。

  • 何社とも相手するのが面倒
  • 交渉自体が苦手

こんな方でも簡単に高額査定を実現することが可能だ。「交渉が苦手な方」「交渉が面倒な方」には最適なサービスだろう。

一括査定サービスとは少し異なったサービスだからこそ実現できるため、他社で同様のサービスはできないのが現状だ。

「カーセンサー」と「ユーカーパック」今すぐ愛車の価値を知る

親指を立てるサラリーマン2

何度も言うがカーセンサーとユーカーパックのどちらかの利用でまずはあなたの愛車の査定額を知ってほしい。

今からあなたが購入するであろう自動車の値引き交渉を行う前に、まずは知るべき情報なのである。

最も新車を安く購入する方法はこれにつきる。

  • 車両本体から値引き
  • 愛車を高く売却して購入資金にする

まずは愛車の査定額をきっちり把握して、どれだけ値引き交渉が必要なのかを計画してほしい。そこから車両本体の値引き交渉術を学んでほしい。

初めて一括査定を利用する方はほんの少し勇気がいるだろう。だが、ここで高額査定がでればあなたの理想する車の購入、グレード、オプションも付けることが可能だ。

当然ながら両方とも無料のサービスだ。選ぶのはあなた本人に任せる。

▼交渉してでも最高額を狙いたい方はカーセンサー▼

▼営業電話なし&交渉が面倒な方はユーカーパック▼

ここからが値引き交渉の本番だ

ここまで交渉術に関して限定的に公開した。

冒頭でも話したが、この情報はあまりに拡散されるのを防ぐために限定公開している。なぜならそれだけ有料級の内容だからだ。

情報が拡散されるのを防ぐために、以下のメールアドレスを入力すれば、本編が見れるパスワードが手に入るようになっている。

登録などの個人情報は一切不要だ。また、メールアドレスに広告は一切送信されないので安心してほしい。届くのはパスワードが書かれたものだけだ。限定公開はあくまで拡散され過ぎるのを防ぐ措置だ。

この記事の続きを読むには
パスワードが必要です。

パスワードを入手するのはかんたんです。

  1. 下記のフォームにお使いのメールアドレスを入力。
  2. 入力したアドレス宛にパスワードがすぐにメールが届きます。

パスワードを入力して
続きを読む

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.