テレビCMでもおなじみのラビットは全国規模で展開している大手の車買取店だ。愛車を売る時にお世話になったという人もいるのではないだろうか。車を売るなら高く売りたいと考える人が多いはずだが、ラビットの買取査定はどうなのだろうか?

高額買取は狙えるのか、口コミでの評判は良いのかなど、気になる部分もある。ここではラビットという買取店について詳しく紹介していく。買取店選びをするならラビットについてもよく知り、愛車を売るべき店なのかを判断しよう。

ラビットを利用するメリットやデメリットについても触れていく。辛口評価なので本当の姿が見えてくるはずだ。車の買取を成功させるためにも必要な情報をしっかり頭に入れておこう。

中古車買取業者を比較検討したい方へ車買取業者【全評価】一覧はこちら

買取査定「ラビット」の総合評価

チェックリスト

ラビットの総合評価表

業者の信頼性 5点
利用した満足度 5点
接客態度 4点
口コミ・評判 4点
高額買取実績 4点
総合評価 4点

総評

ラビットは接客も良く、査定に関しても高額買取が十分に期待できると評判の買取店だ。実際にラビットを利用した人の声を聞いてみてもこのような意見が目立つ。高く買い取ってくれさえすれば、接客に関してはあまり気にしないという人もいるかもしれない。

だが車の売却には契約手続きなどもあるし、どの買取店に売るか決めていない状態なら査定も含めて色々相談する場合もある。接客が良ければ気持ち良く店を利用できるし、嫌な思いをすることもない。接客も重要な要素になるだろう。

なにより高額買取が期待できる点は評価したい。1円でも高く売れた方がお得なのだから、買取店に1番求めるのは査定額の高さだ。その点をラビットはしっかりクリアしていると言ってもいい。

ただ、ラビットは他の買取店に比べて査定完了までの時間が少し長いようだ。それだけじっくりと査定しているとも言えるが、忙しい人や後の予定が詰まっている時などは少し不便な思いをするかもしれない。

ラビットの基礎知識

会社

ラビットは日本のオークション会場としてトップクラスの規模を持つUSSという会社の子会社である。オークションというのは中古車を販売するオークションのことで、USSは中古車市場で非常に大きな存在となっている。

そんなUSSが車の買取店も運営しているわけだ。中古車のオークション会場を展開しているUSSの子会社だけあって、中古車の買取相場には非常に深い知識と情報を持っている。これが高額買取につながる理由にもなっているのだ。

知名度の高いラビットだが、実は会社設立は2014年と最近のことである。逆に言うとたった数年で今の地位を確立したことになる。それだけサービスの質も高く、多くの利用者が満足したからこそ人気の買取店になったと言える。

サービスの中心はもちろん中古車の買取だ。USSがこれまでオークションで車を販売してきたノウハウを存分に活かして営業しているため、設立からの年月は短いものの業界シェアでも上位に位置する有力買取店へと成長している。

対応地域

青空と町並み

ラビットは全国展開している買取店なので、日本の多くの場所に店舗があり持ち込みでの査定をしてくれる。出張査定にも対応しているので、近くに店舗があるなら自宅に査定に来てもらう方法でも良いだろう。

店舗数の非常に多いラビットだが、現在店舗が存在しない件もある。ラビットのない県を確認していこう。

  • 岩手
  • 山形
  • 福井
  • 石川
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 香川
  • 高知
  • 徳島
  • 長崎
  • 熊本
  • 沖縄

これらの県に住んでいる人は持ち込みでの査定は非常に難しいだろう。他県の店まで持っていく必要が出てくる。出張査定も行っているので、まずは電話で出張査定が可能かどうかを確認したい。

また、ラビットのホームページではネット上でできる簡単査定というサービスもあるのでそちらを使うのも良いだろう。ここで紹介した以外の都道府県にはラビットの店舗が存在するので、持ち込むにしても出張査定を利用するにしても特に面倒はない。

ラビットの車買取査定の特徴

タブレットを使う男性

ここからはラビットの買取査定の中身について見ていこう。どんな特徴を持っているのか理解すれば、ラビットを有効に活用できるようになる。高額買取の可能性もアップし、満足いく車の売却ができるはずだ。

まずは簡単にラビットの特徴について整理しておこう。

  • オリコンランキングに入る人気の高さ
  • 業界3番手
  • 高額買取が実現しやすい
  • オークション会場との連携による正確な査定

次の項目では、それぞれの特徴をより具体的に紹介するので参考にしていただきたい。

人気オリコンランキングにランクイン

ビジネスマン グラフ

ラビットはオリコンの顧客満足度ランキングで3位になっている。この調査は4つの評価項目によって行われているのだが、その評価項目が以下の通りだ。

  • 売却手続き
  • 担当者の接客力
  • 見積もり・査定
  • アフターサービス

ラビットは売却手続きや担当者の接客力、さらに見積もり・査定の項目で高い評価を受けていて、これが3位という結果に繋がっている。アフターサービスも決して悪い評価ではないのだが、他3つの項目に比べると少し低い評価となっている。

とはいえ接客が良く、さらに高額買取も期待できるしっかりした査定をしてくれる買取店と判断でき、車を売る時の有力な候補の1つになるのは間違いないだろう。利用客の満足度が高いということはそれだけサービスが充実している証である。

業界No.3の実力

口をふさぐ女性

ラビットは奇しくも業界のシェア率でも3位になっている。ラビットの車買取台数は2017年の時点で約12万台となっている。4位の買取店が約7万台なので、5万台ほどの差を付けての3位ランクインである。

日本全国に店舗があるとは言え、年間に12万台もの車を買い取っているのは驚異的だ。それだけ多くの人がラビットで車を売っていることになり、人気の高さが伺える。人気が高いということは多くの人がラビットで満足しているわけだ。

満足の理由にはさまざまな理由があるだろうが、当然売却価格も関わってくるだろう。ラビットなら満足いく値段で売れたという人も多いはずで、やはり高額買取にも期待できる買取店と言っていいだろう。

プラス査定・買取額が高めになる傾向

ペンと電卓

ラビットはブラス査定になることが多く、これが高額買取になりやすい理由でもある。なぜプラス査定になることが多いかというと、それは車の性能をきちんと判断してくれるからだ。たとえばディーラーに下取りしてもらう時を考えてほしい。

ディーラーでの下取りの基準は純正の状態に近いかどうかが重要になる。そのためオプションパーツが多いほどマイナス査定になってしまう。だがラビットはオプションパーツを装備しているとプラス査定してくれるのだ。

オプションパーツがある方が性能が向上するからというのが理由で、車の状態を柔軟に、そして正確に見抜いているのがわかる。こうした査定をしてくれる買取店は意外に少なく、ラビットの人気を支える要因になっている。

オークション連携の確かな査定価格

パソコンを見る

ラビットの親会社であるUSSは日本でも屈指のオークション会場を運営している。年間239万台もの中古車をオークションで販売していて、ラビットはこの強みを活かすことができるのだ。

具体的に何が強みなのかと言うと、各車種の最新の買取相場の情報である。オークション会場で得た最新相場を査定にも反映させられるので、他の買取店以上に正確な査定が可能になる。しかも相場がわかっているから相場よりも低い値段を付けることが少ない。

もちろん査定結果は車の状態でも変わるので、必ず高額買取になるわけではないが、価値のある車なら最新相場を元にしてそれなりの値段を付けてくれるわけだ。

しかも買い取った車はオークションで販売できるので、多少高値で買い取ってもすぐに利益を計算できる。

ラビットの買取査定の実際の流れ

交渉

ここからはラビットで査定をしてもらう際の流れを見ていこう。流れを知っておけばスムーズに愛車を買い取ってもらえるだろう。売却までの大まかな流れは以下のようになっている。

  1. 車検証のコピーをとる
  2. 聞き取り調査
  3. 査定士が車の査定を開始
  4. 本社から最終的な査定結果が届く
  5. 売却後の新しい車についての提案
  6. 査定結果の提示
  7. アンケートへの記入と連絡先の提出

査定をしてもらう他にも、いくつかやることがあるので覚えておこう。たとえば査定の前にはまず車検証のコピーをとることになる。車検証は必ず必要になるので、手元に用意しておこう。

次に聞き取り調査があり、過去の事故歴などいくつかの点が質問される。査定結果に関わることなので正確に、そして正直に答えよう。後の査定で車をチェックしてもらうのでここで嘘をついても意味がない。

聞き取り調査が終わると査定士が査定を開始し、査定結果が出るまでは待機することになる。査定時間は1時間ほどが平均のようだ。決して早いとは言えないが、本部に情報を送り最終的な査定を行うので仕方ない部分もあるのだろう。

査定が終わるまでの間、次に乗ろうと考えている車についても質問される。アンケート調査のようなものだと考えればいいだろうか。ラビットでは中古車販売もしているので営業の意味もあるのだろう。

査定が終われば結果が提示され、具体的な買取金額が伝えられる。買取金額に問題なければそのまま売却の契約をすることになる。

だがもし買取金額に満足できない場合はその時点で売却を断るのも選択肢となる。妥協しないなら他の買取店にも査定してもらうのが良いだろう。

最後に簡単なアンケートに答え、それと同時に連絡先を聞かれる。アンケートに関しては答えておけば今後のサービス改善にもつながるので忙しくなければ答えておくべきだろう。連絡先は今後の営業のための情報なので断ってしまっても構わない。

買取査定「ラビット」メリット・デメリット

ラビットのメリット・デメリットを紹介していこう。

メリット

good-job

ラビットで買取査定をしてもらうメリットはいくつかある。最大のメリットとなるのが人気の低い車でもそれなりの買取価格が期待できるということだ。ラビットは買い取った車を親会社が運営するオークションで販売できる。

オークションには業者も参加していて、人気に関わらずすべての車が一定の需要を持っている。そのため人気がなくてもある程度の値段で買い取ることができ、これが利用者のメリットにもなるわけだ。

また、日本全国に180店舗と店舗の数が多いので利用しやすいこともメリットだろう。一部の県にはまだ店舗がないものの、多くの都道府県で気軽に利用できる環境が整っている。

お店にアクセスしやすいのは持ち込みも必要となる車の買取では重要なポイントだ。

接客についても高評価する人が多い。親切丁寧に説明してくれ、こちらの相談にも親身に乗ってくれる買取店で、その意味でも快適に利用できるだろう。接客が悪いと売る気にもなれないもので、接客の良さは買取価格に影響しないものの見逃せない。

デメリット

ディーラー

ラビットのデメリットになるのが査定完了までの時間だ。買取店によっては30分ほどで終わることもあるのだが、ラビットは1時間はかかることが多い。短時間で査定を終わらせたい人にとっては長いと感じるだろう。

待ち時間は特にすることもないので、査定はすぐに終わった方が楽というのが利用する側の本音である。忙しい時は査定を避けるなどの対応も求められるだろう。ラビットに査定してもらう時は十分な時間を確保しておく必要がある。

また、全国展開しているものの地域によっては店舗数が非常に少ない。そもそも店舗がない県もあるし、住んでいる地域によってはラビットを利用したくてもできないケースが出てくる可能性がある。出張査定に来てもらえるかどうかがポイントとなる。

ラビットで車買取を利用した口コミ&評判

ラビットを利用した方の口コミを見ていきたいと思う。利用前の参考にするといいだろう。

悪い口コミ/評判

落ち込む男性

口コミ1

査定金額には十分満足しているが、スタッフの営業がちょっと積極的すぎるかなと感じた。悪いことではないのだろうが断りにくく困ってしまった。たまたま担当のスタッフがそういう人だっただけかもしれないが、私にとってはそこだけが残念。

口コミ2

思っていたよりも査定が終わるまでに時間がかかった印象。当初は1時間もかからないだろうと考えていたのだが、実際には1時間半ほどかかってしまった。もう少し早く査定を終わらせてくれるとありがたかった。

口コミ3

査定のことよりも次に乗る車の営業ばかりでがっかりした。たしかに店からすれば車が売れた方が良いのだろうが、査定の話をもっとしても良いのでは。断ってもなかなか諦めてくれないし売却するのも止めてしまおうかなと感じた。

良い口コミ/評判

喜ぶ男性

口コミ1

スタッフの説明がとにかく丁寧でわかりやすかった。査定のポイントになった部分の説明や、細かいところまで話をしてくれて十分に納得したうえで愛車を売却することができた。やはり接客が良いと気持ちが良く満足。

口コミ2

査定の段階では売るかどうかはっきり決めていなかったのだが、じっくり考えて決めてくださいと言ってもらえた。結果的にはそういう対応の良さもあってラビットに売ることにしたが、対応が違っていたら他の買取店に売っていたかもしれない。

口コミ3

査定結果も良好で、スタッフの対応も悪くない。個人的にはなんの不満もなく車を売却できた。査定時間が長いとよく言われているがそれだけしっかり査定しているんだと考えているので、時間に関しても不満は感じない。

一括査定でラビットに依頼すれば高額査定可能

タブレット 男性

ここまで見てきてわかるようにラビットは高額買取も狙える買取店だ。だが本当に高額買取を目指すならラビットにだけ査定をしてもらうのではなく、他の買取店にも査定してもらうべきである。

複数の買取店に査定してもらい、査定結果を見比べることでもっとも高く買い取ってくれる店が見つけられるからだ。非常に良い方法なのだが、多くの店舗に持ち込み査定してもらうには手間と時間がかかる。そこで一括査定の利用をおすすめしたい。

一括査定はインターネット上のサービスで、申込をすると複数の買取店に一括で査定をしてもらえる。申込は無料なので費用を気にする必要もない。

申込後は各買取店の査定結果が送られてくるので、それを比較しながら最終的に売却する買取店を決めよう。

一括査定の最大のメリットは買取店同士で競合が発生することだ。買取店側も一括査定が行われていることは把握している。査定結果を良くしないと他店にお客を取られてしまう可能性があるので、通常よりも高額買取になりやすいのだ。

このメリットを活かさない手はない。簡単に高額買取を実現できる方法なのだから積極的に活用すべきだろう。ラビットも含めて、車を査定する時は一括査定で複数の買取店に査定してもらおう。そうすれば高額買取のチャンスも増える。

店舗の車を持ち込む手間もかからないし、ネットで申込できるのでインターネット環境さえあればいつでも好きな時に申込可能だ。

まとめ

メモ

ラビットの口コミや評判をはじめ、特徴や査定の流れなどをそれぞれ見てきた。ラビットがどういう買取店なのかある程度把握できたのではないだろうか?これらの情報を活用すればラビットで愛車を高く売ることも不可能ではない。

ただ、もっとも重要になるのは一括査定の利用だということを覚えておいてもらいたい。一括査定なら手軽に利用できてしかも査定金額がアップすることも多い。本当に高額買取を目指すなら欠かせないサービスとなる。

一括査定を使って高額査定を狙う

ラビット単体に査定をしてもらっても高額買取の可能性はあるが、もっと高い額を提示してくれる買取店があるかもしれないし、一括査定を使うことでラビットの査定金額もアップするかもしれない。車を売ると決めたらまずは一括査定に申し込もう。

一括査定をすることで競合が起きて買取店の方で自然と査定金額を上げてくれることがある。私達売る側にとってはメリットが大きいので一括査定の存在を強く意識しなければならない。それがラビットを最大限有効活用する方法でもある。