鹿児島で車を売るにはどんな業者があるのだろうか。

  • 下取り
  • 買取

主に車を売る方法としては、この2つだ。しかし高額での買取を希望するのなら、下取りよりも買取を利用すべきだ。なぜなら、買取の方が高値での査定がつくからだ。ただ気をつけておきたいのが、どこでも高額買取にならない点である。

そこで高額買取をしてくれる業者を探す方法や、高値で車を売るための条件などを紹介していこう。中古車の買取相場とは、実は様々なことに影響を受ける。特に地域での需要なども関係してくるので、先に情報を仕入れていこう。

他にも高値で車を売る時のポイントなども紹介しておくので、参考にできるだろう。ただ基本的には下取りよりも買取を利用すると覚えておいて欲しい。

鹿児島の車の利用状況

長野県

九州では最南端に位置するのが鹿児島である。最近では九州新幹線が開通するなど、公共の交通機関が充実しているイメージも強い。しかし実際には都市部だけで、少し地方にいくと車がなくては生活ができないほどだ。

また鹿児島は自然が豊かで、景観が美しい観光地であることも有名だ。

ただ裏を返せば、公共の交通機関などが発達していない証拠でもある。そのため1世帯で、複数の自動車を所有するケースも少なくない。

農業を営んでいる家庭も多いので、作業車なども含めると1人に1台の割合でも珍しくないのだ。そうした地域性があるため、中古車の販売や買取が活発に行われている。全体的に見ると低価格帯での取引が多く、中古車販売では50万円以下の車が人気だ。

つまり買取についても高額には、なりにくいかもしれない。

鹿児島の買取事情

軽自動車

鹿児島ではどんな車に需要があるのだろうか。基本的に1人に1台といったように、非常に車への需要が強い地域である。ただ、中古車の取引を見ると50万円以下のものが多い。このことを考えると、軽自動車やコンパクトカーへの人気があるだろう。

軽自動車やコンパクトカーは維持費も安く、低燃費であることから、セカンドカーに良く選ばれている。また農道などせまい道も多いことから、大きい車では取り回しが悪いことも多いだろう。

そして、もう1つ需要が高いのが商用車や作業車だ。特に農業が盛んな地域では軽トラックの人気が高い。仕事用として使うだけではなく、幅広く利用できるのがその理由だろう。一般的に軽トラックは乗り潰す人も多いが、買取強化をしている業者も少なくない。

鹿児島の車買取店を地図から探す

お住まいの地域で中古車を売る方法

タブレットを使う男性

自分の住んでいる地域で中古車を売るには、どんな方法があるのか。先に伝えた通りに買取と下取りが一般的だ。この他にもいくつか方法がある。

  • 個人売買
  • オートオークション

といったものが、最近になって使われている。ただどちらも車に関して知識がなければ、上手に活用することができない。その上、個人売買にはトラブルがつきものなので、できれば避けた方がいいだろう。そこで下取りと買取を中心にして、紹介をしていこう。

中古車をディーラーに下取りに出す

ディーラー

新車を購入する時に選ぶ人が多いのが下取りだ。ディーラーに、今乗っている車を引き取ってもらうことを指す。新車に乗り換える時には、その利便性の高さから下取りを選ぶ人が多い。購入と売却を同時にできるのがメリットだろう。

その反面で下取りには大きなデメリットがある。それは買取額が非常に安い点だ。買取では数十万円も価格がつくものでも、下取りなら数万円というケースも珍しくない。だからこそ高く車を売るなら下取りではなく、買取が有利なのである。

中古車を車買い取り店に持ち込む

運転中

下取りとならんで、車を売る代表的な方法が買取業者に持ち込むことである。実は少し前までは、中古車そのものが一般的ではなかった。車好きな人が利用するもので、ほとんどの人が新車購入と下取りを繰り返していたのだ。

しかし近年になってそうした考えよりも、お得に購入できる中古車への需要があがっている。また車を売るにしても、下取りでは損をするという認識が広がってきたのだ。

その結果、中古車買取業者を利用する人が、随分と一般的になっている。

交渉中

車を高く売るための10の交渉術【買取業者との価格交渉の極意】

だれでも自分の愛車は1円でも高く売りたいと思うものである。新車と違って中古車の場……続きを読む

中古車を一括買取査定に申し込む

待ち合わせ

中古車を売るのなら、下取りよりも買取が有利だ。ただ、ここで満足している人も少なくない。実は買取業者と一口にいっても、買取額は様々であるからだ。業者によって10万円以上も買取額に差がでるケースも珍しくない。

では、どうすれば高く売れる業者を探せるのかだが、これは1つ1つの業者に、査定をしてもらうしか方法がないのだ。だが、業者を選んで査定をしてもらって、と繰り返すのは時間の無駄である。効率よく業者を探すのなら、一括買取査定を利用しよう。

一括買取査定とは複数の業者に対して、査定の見積もりを依頼できるサービスだ。嬉しいのは無料で利用できることだろう。ある程度の個人情報と車の車種や状態などを記入して、申込をする形だ。これによって自分の車の買取相場が確認できる。

契約書にサインする男性

車一括査定とは?知らないと損する必須知識と注意点【まとめ】

車一括査定とは、簡単に言えば複数の車買取業者に査定を依頼することである。 ……続きを読む

鹿児島の買取業者の特徴

話し合い

鹿児島は中古車の取引が活発な地域である。卸売りの現場となる、オートオークションの会場も設置されているほどだ。そうした状況からか、全国展開する大手業者から中小の業者まで幅広く存在している。

乗用車だけではなく、作業者である軽トラックの人気も高い。そのため幅広い買取に対応する業者も、多くなっている。この点は地域性にあわせたものだろう。ただ大手の業者では、買取不可であるケースもあるので注意したい。

地域的な需要があることから、中小の地域密着型の営業をしている業者の方が高値をつけるケースも珍しくない。つまり、一括査定を利用して、幅広い業者から査定の見積もりをもらうことが重要になるだろう。高値をつけるために、是非とも利用しておきたい。

鹿児島で査定可能な買取店一覧

鹿児島で車を買い取ってくれる店をいくつか紹介していこう。

鹿児島中古車センター


鹿児島中古車センターは買取と販売を行う業者である。買取専門ではなく、販売店も同時に行っているため、在庫を確保するのに余計なコストがかからない。その分を買取額などに反映しているのが特徴である。

自社工場ではなく提携の整備工場とすることでも、コストを削減して買取強化に使っているそうだ。地方の小さな中古車業者ではあるが、こうした企業努力をすることで、大手に負けない買取額を実現している。

ちなみに、販売の方でも傷をあえて整備せずに残し、購入時に修理するかどうかを聞くことで、販売額を抑えている。

マルエイ自動車


マルエイ自動車は鹿児島県内でも、単独店舗展示台数がナンバーワンの業者だ。様々な自動車を豊富に揃えているのが特徴になる。人気のあるコンパクトカーや軽自動車は、グレードや色違いで揃えるほどだ。

他にもミニバンやハイブリッドカーなども揃えているので、自分自身の好きな車を購入できるだろう。地域性からかお手頃な価格の車も展示している。ちなみに、30万円以上の車は半年か5000キロの保証がついているのもポイントだ。

(株)南九州自販


南九州自販は中古車販売や、リースをメインに行っている業者だ。ただ買取もしっかりと行っている。また、車の整備などもすべて任せられる業者の1つだ。車の買取から整備、販売まですべて自社で一本化している。そのためコストを大きく削減しているのだ。

中間業者が入ることがないから、マージンを取られることもなく、その分を販売価格や買取価格に反映できる。地元に密着した営業をしている業者だけに、不安を感じる人も多いかもしれない。しかし、実際にはとても優良な業者であることがわかる。

(株)福元輪業 城南店


福元輪業は地元で営業をして55年の歴史を誇っている。長い実績を持っているからこそ、安心して利用できる業者だろう。事務所などは小さいが、長年培ってきた実績は消えることがない。陸運局認証の工場を持っていることからも、その実績がわかる。

福元輪業では中古車の買取と販売の両方を行っている。買取実績から見ても、ユーザーの評価が高い。ちなみに現金買取をしてくれる業者でもある。すぐにでも現金化して欲しいという人は、福元輪業をお勧めしたい。

有限会社オートパレスヨシタケ


オートパレスヨシタケは、鹿児島県内に3つの店舗を展開している業者だ。買取と新車、中古車の販売を中心に行っている。また、車検や整備、板金塗装にも対応しているので、車のことはすべて任せられるのが特徴だろう。

ちなみにオートパレスヨシタケで購入した車は、オイル交換が永久無料という嬉しいサービスもある。スタッフの対応の良さにも評判が良く、まさしく地元に密着した営業をしている業者だと言える。強引な営業などもないので、気軽に立ち寄れる業者の1つだ。

鹿児島で車を高く売るなら「一括査定サイト」

喜ぶ男性

鹿児島で車を高く売るのなら一括査定サイトがおすすめだ。その理由としては3つのメリットがある。

  • 下取りよりも高値で売れる
  • 買取相場がわかる
  • 競合させることで、より査定額がアップする

以上のメリットがあるので、一括査定サイトはとても便利なサービスだと言える。ちなみにインターネット上のサービスなので、24時間申込ができるのも嬉しいポイントだ。返信についてもメールのみと指定できるので、日中の仕事の邪魔にならない。

ちなみに一括査定サイトを利用するのとしないのとでは、買取額に10万円も差がつくケースも珍しくない。その理由は上であげたメリットがあるからだ。

少しでも高く車を売りたいのなら、積極的に使いたいサービスである。では、メリットについて詳しく見ていこう。

ディーラー下取りよりも高額買取可能

ディーラー

下取りはディーラーが行っているサービスの1つだ。新車の購入をすれば、今乗っている車が不要になるケースが多いので、それを引き取っている。その時に下取り価格をつけてくれるのだが、実は買取と比較すると安価であるケースが多い。

なぜ下取りは安いのかと言うと、基本的にディーラーの仕事ではないからである。ディーラーは下取りをした車を、転売して利益を出す必要がない。そのため、高値で買取をすることがないのだ。

また最近でこそ転売をするルートを持つディーラーもあるが、買取業者と比較すれば販路の数は少ない。販路が多ければ多いほど、高値で買取をしても利益をだせる確率が高くなる。この2つの理由から、下取りは買取よりも安いのだ。

さらに買取の査定額をアップさせるのが、一括査定サイトである。一括査定サイトを使うことで、値段をつりあげることができる。だからこそ、下取りと比較をすれば10万円以上の差がつくこともあるのだ。

つまり高額で中古車を売りたいなら下取りはNGであると覚えておこう。

車

ディーラーの下取りは99%損する?メリット&デメリット【徹底解説】

ディーラーに下取りを出すと、もともと所持していた車を売り、新しい車に買い替えるこ……続きを読む

一括査定はすぐ買取相場がわかる

グラフとメモ

一括査定を使うメリットの1つが、買取相場がわかることだ。そもそも、中古車業者の買取相場は素人が知ることはできない。だからこそ、単独の業者としか商談をしなかった場合に、足下を見られてしまうことがあるのだ。

しかし、買取相場を知っていれば、足下を見られることがなくなる。安い価格をつけられても、それが相場以下の価格かどうかがわかるからだ。なぜ一括査定を使えば、買取相場がわかるのかだが、これは複数の業者から見積もりが返ってくるからだ。

いくつかの業者に査定の見積もりを頼むのが、一括査定になる。そのため返信に記載された額を比較すれば、買取相場も簡単に知ることができるのである。この相場を知っていれば、実際の査定後に行われる商談でも交渉の材料にできる。

一括査定は複数業者競合で買取価格が高い

アイパッドのグラフを見る女性

一括査定を使うことのもう1つのメリットは、業者同士を競合させることにある。業者同士を競合させるのに、どんな利点があるのと思う人も多いだろう。

基本的に業者というのは、安く仕入れて高く売ることで利益がでる。そのため、先述のように足下を見て買い叩くことがあるのだ。

しかしこれは単独の業者と商談をする場合だ。逆に複数の業者と商談をしていればどうだろうか。安く買いたたこうとしても、他社を手助けするだけになる。

だからこそ、欲しいと思った車であれば、多少相場を無視しても値段をつけてくるのだ。

業者にしても他社をサポートする理由はないので、本気の値段での見積もりが返ってくる。結果として、単独商談よりも価格をつりあげることができるのだ。一括査定は無料のサービスではあるが、高額査定が欲しいなら必須だと言えるだろう。

車一括買取査定業者の対応地域一覧

鹿児島県の買取業者対応地域一覧

鹿児島市、日置市、いちき串木野市、三島村、十島村、枕崎市、指宿市、南さつま市、南九州市、阿久根市、出水市、薩摩川内市、さつま町、長島町、霧島市、伊佐市、姶良市、湧水町、鹿屋市、垂水市、曽於市、志布志市、大崎町、東串良町、錦江町、南大隅町、肝付町、西之表市、中種子町、南種子町、屋久島町、奄美市、大和村、宇検村、瀬戸内町、龍郷町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、和泊町、知名町、与論町

まとめ

暗い雰囲気の場所でパソコン

鹿児島は地方の例に漏れず、自動車への需要が高い地域だ。1人に1台という状況でもあることから、中古車市場の取引も活発に行われている。そのため業者も大手から中小まで乱立しているような状況だ。

こうした状況で高く車を売りたいのなら、一括買取査定を利用するのが賢明である。複数の業者から見積もりをもらうことで、最初から高値をつけてくる業者がわかるからだ。車を高く売るには様々なポイントがある。

しかし、細かいポイントで稼ぐよりも、最初から高値をつけてくれる業者を探す方が効率的だ。そのために一括査定サイトを上手に使っていきたい。

  • 買取相場を知る
  • 業者同士を競合させる
  • 24時間申込ができる

これらのメリットがあるので、効果的に利用していこう。