事故車や修復歴車というのは交通事故を起こしたことのある車のことだと勘違いしている人は少なくない。

かすり傷程度でも事故車だと思っている人がいるほどだ。自動車の査定上、事故車や修復歴車というのは我々が想像するようなものとは少し違っている。

事故を起こした車でも修復歴があるとは限らないのだ。つまり修復歴とはあらかじめ定められた条件に合致する車が対象になる。

事故車や修復歴車を素人が見分けるのはかなり難しい。なぜなら日本の板金技術は世界最高レベルであり、外観からは修復歴があることすらわからない場合が多いからだ。

ところで事故車や修復歴車を査定に出すと査定が低くなってしまうというのは周知の事実だが、売れるか売れないかという観点から言えば、状態によって売れる場合があることを知っておこう。

事故車とは?

事故車とはいったいどのような状態の車を指すのだろうか。車を査定する際には基本的に事故車という言葉はあまり使用しない。

むしろ修復歴車と表現することのほうが多いのである。その理由として、事故車と修復歴車がほぼ同じ意味で使用されていることが挙げられる。

事故車の定義とは、交通事故や災害等で破損した車のことである。

例えば洪水やひょうなどで車が損傷もしくは故障した場合、事故車として扱われる。それ以外にも追突や衝突、自損事故などで損傷した場合も事故車として扱われることがある。

実のところ事故車かどうかを判断できる目安というのは存在しない。なぜなら点検記録簿には修復歴が記入されるだけで、事故歴についての情報は記入されないからだ。

つまり過去に事故を起こした車でも、事故車として扱われずに中古車市場で流通することは珍しくないのである。事故車でも問題なく売れるのだ。

それでも査定時に事故車であることがわかるケースは少なくない。ではどのようにして事故車かどうかを見分けるのだろうか。

査定士は事故車の特徴をよく知っている。例えば塗装にムラや浮きがみられる、エンジンの型番が本来の車台番号と一致しない、このような情報をもとに、事故車かどうかを判断するのである。

修復歴車とは?

車のを修理する

修復歴車というのは日本自動車査定協会が定める修理基準に合致した車のことを指す。主に車のフレームなどの骨格が事故などで損傷し、修理をした場合に当てはまるのが修復歴車である。

修復歴とは車輌の骨格の部分(下表の骨格部位、下図の着色部分)、つまりフレームやシャーシーなど車の強度を保つ部分に影響を及ぼし、交換や修正をした経緯があるものについて呼ばれます。例えば、事故により骨格部分に影響を及ぼすと事故歴車になり、その損傷を修復すると修復歴車になります。

修復歴があるかどうかに該当するかは次の基準で判断する。(参照:日本中古車販売協会連合会「中古車トラブル事例 – 修復歴車」)

  • フレーム(サイドメンバー)
  • フロントクロスメンバー
  • フロントサイドパネル
  • ピラーの変形など
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ラジエターコアサポート

どれも自動車の骨格に当たる部位である。これらの部分が変形、損傷し修理もしくは交換した場合は修復歴車として記録簿に記録されることが義務付けられている。

修復歴車と事故車との判断基準は一般的にかなりあいまいであるが、修復歴車についてはあらかじめ定義化されていることから区別がつきやすい。

修復歴車は記録が残るため、査定時にマイナスになってしまうことは避けられないが、売れるか売れないかという観点から言えば、売れるといえるだろう。

日本の修復技術は非常に優れているため、乗り続けても走行に支障が出る心配はまずないからだ。

良心的な中古車販売業者は修復歴車と事故車との区別をつけて顧客に分かりやすくしている。

このような店舗が増えるなら、我々顧客の選択肢が増え、安心して購入ができるようになるだろう。

事故車と修復歴車の違いとは?見分け方について

事故車か修復歴車かを見分けるのは簡単なようで実際には難しい。

修復歴車は記録簿に情報が記載されているため、点検記録簿をチェックすれば、過去にどのような修理をしたのかが一目瞭然でわかるようになっている。

それに対して事故車の場合は、修復歴が残っていないケースも少なくない。

素人には事故車かどうかを判断するのが難しいのが実情だ。簡単に言えば記録があるのが修復歴車、ないのが事故車である。

事故車でもそれを隠して売れるのだろうか。それはないといっていいだろう。査定士はほぼ間違いなく見抜けるからである。

査定士はまず記録簿をチェックして過去の修復歴を確認するが、記録がない場合、ボディや足回り、駆動系などを念入りにチェックして事故車かどうかを判断する。

事故車や修復歴車も販売されている中古車業界

オークション

中古車販売店では事故車や修復歴車も商品として販売されているのが実情である。

事故による商品価値の減価
交通事故等により車体の骨格に損傷が及んだ場合、
損傷の程度によりますが商品価値に減価額が発生する場合があります。
査定協会は減価額を「事故減価額証明書」として発行できます。

上記のように日本自動車査定協会も事故による商品価値の減価で対応すると明言がある。つまり、事故車や修復歴車の販売自体を禁止しているわけではない。

良心的な販売店では、修復歴車に加えて、修復歴に該当しない事故車についても事故歴ありと表示して販売を行っている。品質的には問題ないのだろうか。

消費者はネットで情報を収集するのが中心になっているため、事故車や修復歴車についての正しい知識を持ち合わせている場合が多い。

つまり消費者は納得したうえで事故車や中古車を購入しているのである。

これは修復歴があっても売れることを示唆している。ただしすべてを見分けることができるというわけではない。

中には修復歴を隠して販売している悪質な中古車販売店もあるので、注意が必要となる。

この場合、一般消費者が事故歴についての真偽を把握するのは至難の業である。

販売価格が相場より安い場合は事故車の可能性あり

事故車や修復歴車を見分ける方法はあるのだろうか。中古車販売店の目標は仕入れた自動車を売ることである。売れる車であれば、事故車でも修復歴車でもよいというわけだ。

それらの表示を掲げて販売されているのであれば、見分けは非常に簡単である。

良心的な中古車販売店では、どの部分を修理したかについて図面で説明している店舗もあるが、そのような表示がない販売店もある。

その場合に見分ける判断材料になるのが、販売価格である。対象となる中古車の相場を確認し、それよりも安く販売されている場合は、何らかの問題がある車と推測してよいだろう。

なぜなら相場はそれほど大きく変化するわけではないからである。

事故歴や修復歴は素人ではわからない

この車は事故車なのか、修復歴車なのかを素人が見て本当にわかるのだろうか。

もし点検記録簿がない場合、素人が判断するのはほぼ間違いなく無理だといえるだろう。

査定のプロでも、事故歴や修復歴の有無を判断しかねる場合さえあるからだ。外観からはほとんど見分けがつかないため、消費者は容易に騙されてしまうのである。

かつては修復歴がある車の塗装やパーツの継ぎ目を見れば修復歴の有無を判断できたのだが、現在の修復技術はそのようなことさえ難しく感じさせるほどの完成度を誇る。

板金業者をほめるべきなのだが、それが裏目に出てしまうのが修復歴だといえるだろう。

つまり修復歴がある車でも、修理状況次第で高く売れる可能性があるということなのだ。

事故車を買い取ってくれる理由

お金

インターネットをチェックすると、事故車を買い取ってくれる業者のホームページをいくつも見つけることができる。

中には交通事故で原型をとどめないような事故車さえ買い取ってくれる業者もあるのだ。

なぜ事故車や修復歴車を積極的に買い取るのだろうか。その理由は実に簡単で、買い取った事故車を海外で販売するからである。

買取価格が0円といわれた事故車ですら売れる場合がある。その理由は、車が金属の塊だからだ。

鉄やアルミニウムなどの金属は日本のみならず海外で高値で取引される。

事故車を買い取る業者は高く金属が売れるところへ売却するのだ。これは事故車の処分に困っている消費者にとって朗報に違いない。

処分費用が掛かるどころか、お金に代わる可能性が高いからだ。

「下取価格」と買取専門店の「買取価格」の違い

カーディーラーで新車や中古車を購入する場合、これまで乗っていた車を下取りして購入代金に充当してくれることがある。それと混同するのが買取専門店の買取だ。

下取りも買取も同じように思えるが、両者は似ているようで、実は異なる買取方法なのである。

カーディーラーは車を販売する際に事故車や修復歴車でも下取りすることがある。その場合、下取りの基本条件となるのが、車が走行可能かどうかということだ。

事故車でかつ不動車の場合、カーディーラーでは下取りしてもらえないことを覚えておこう。

なぜならディーラーで下取りした車は車検や修理時の代車として活用したり、系列の中古車ディーラーで販売したりする「商品」になるからだ。

買取専門店の買取はカーディーラーとは異なるので注意したい。買取専門店の買取価格はその車を何らかの形でリサイクルするなどして売却する場合の「利益」が含まれるからだ。

簡単に言えば、下取りは動く車を再利用もしくは再販することであり、買取とは動くかどうかにかかわらず車を買い取ってお金を支払ってくれることを指すのである。

仮にカーディーラーで下取りしてもらえなくても、買取専門店ではたとえ動かない車でも売れるということなのだ。

下取り(ディーラー)だと0円か廃車費用がかかる可能性も

交通事故で所有している車が不動車になってしまい、修理費が高くつくので修理をあきらめてしまった、という経験はないだろうか。

このような場合事故車をカーディーラーに引き取ってもらうことを考えるかもしれない。

新車を購入する場合、修復歴車や事故車に値引き分の価値をつけて下取りするケースがあるのだが、動かなくなってしまった事故車については下取りできないというディーラーが少なくない。

ディーラー側からは事故車でしかも不動車なので下取りはできないが、処分費用を無料にするといわれることがある。

もし新車や中古車を購入しない場合には、処分費用を請求されることもあるのだ。

ディーラーは不動車を売れるルートを持っていないためそのようになるのである。

車買取専門店は事故車でもたいてい査定額がつく

カーディーラーでは下取り以外に買い取る方法がないため、走行が可能でも修理が必要な事故車や走行不能な車については下取りを拒否されるケースが多いのが実情だ。

ディーラーとしては中古車市場で再販できるもしくは自社の代車もしくは営業車として再利用できることが下取りの条件になるからである。修復歴車でも外観上問題がなく走行可能であれば下取り対象になる。

下取りが拒否された場合に候補に挙がるのが買取専門店である。

買取専門店は事故車が動く、動かないに関わらず買取を実施している。買い取った車の金属部分が海外では高値で売れるからだ。

場合によっては事故車を修理して海外に高値で売却することもある。つまり事故車は買取専門店で売るのが一番良いのだ。

事故車は査定に出す前に修理した方が高く売れるのか?

車のエンジン

事故車を買取専門店に査定に出す前に、修理をしたほうが良いのだろうか。

車両保険が使えるのであればそうしたほうが良いのだが、修理費用が掛かるのであればあえて修理に出す必要はないといえるだろう。

修復歴車になった場合、買取価格は下がってしまうし、事故歴がない車よりも安く買いたたかれてしまうからだ。

修理に出さなければ事故車は売れないと思うかもしれないが必ずしもそうとは言えない。というよりも売れる可能性のほうが高いのだ。

買取専門店では事故車をチェックし、状態に応じて処分方法を考えるのが基本である。

例えば修理して走行可能になる場合、海外のルートを通じて車を売却することを選択する。修理しても走行不能な場合は、パーツごとに分類して売却する方法を選ぶのだ。

つまり動くか動かないかにかかわらず売却できるので、査定額が付く可能性は十分あると考えてよいだろう。

修理に出そうかどうか迷っているのであれば、保険が適用される場合は修理に出し、それ以外は査定を受けてみて修理代を含めても修理後に高く売れそうであれば修理することにし、そうでなければそのままの状態で売却したほうが良いのだ。

酷い事故車は値段がつかない?動かない車は買取NG?

交通事故で愛車が原型をとどめない状態になってしまった場合、売れる可能性はあるのだろうか。

修復歴車であれば売れる可能性があるが、事故車は買い取ってもらえないと思ってしまいがちであるが、結論から言えば、動かない事故車でも買い取ってもらえるのだ。

その理由は前述した通り、車は金属が豊富に使用されているからである。

不動車の場合、パーツが再利用可能な場合がある。その場合はパーツを分類し中古パーツ業者に卸したり、海外に転売したりする。再利用できない場合は金属部分を売却して利益を確保することができる。

仮に0円で事故車を引き取った場合、買取業者が丸儲けできるといえるのだ。

言い換えれば少しでも顧客に還元できれば顧客獲得につながるので、不動車でも積極的に買い取るのである。

事故車でも値段がつく可能性がある!無価値ではない。

修復歴車であれば中古車市場で売却できるため、高値査定が期待できるのだが、動かない事故車についてはそのような可能性が期待できないため、価値は大幅に下がる。

だからと言って無価値なわけではない。事故車でも買取業者で高値で買い取ってくれる可能性があるのだ。

例えばボディを再度精錬することで鉄やアルミなどの金属に分類し、売れるからだ。

諸外国は金属を高値で買い取ってくれるので、十分利益が生まれるのだ。不動車だからと言ってあきらめる必要はない。

とにかく買取業者に査定を依頼して、買い取ってもらえるかどうかを確かめることをお勧めする。

買取業者は不動車に1万円を払ってもその10倍以上のもうけを出すことさえ可能な場合があるからだ。

事故車・修復歴車を売るときに注意すべきこと

事故車や修復歴車を売る際には、いくつか注意しておきたいことがある。事故車や修復歴車は売れる可能性があるが、必ずしも100%売れるとは限らないからだ。

期待外れにならないよう、売れない場合があることも理解しておこう。売却する場合には、業者選びも大切だ。

例えば事故車かつ不動車を売却する場合、海外への売却ルートがない、もしくは金属を輸出できるルートがない業者を選んだ場合、買取ができないこともあるのだ。

カーディーラーで下取りをしてくれることもあるが、修復歴車を売る場合は査定価格が非常に低くなる、もしくは査定が0になることもあるので注意したい。

修復歴車を売却する場合はカーディーラーを選ばないようにすることをお勧めしたい。

絶対に値段がつくとは限らない

事故車や修復歴車が売れると思って査定に出したものの、査定価格がつかなかったというケースが時折生じる。

ネットでは売れると説明されているのに、これでは詐欺と同じではないかと憤慨する人もいるのも事実だ。

なぜ査定が0になってしまうのだろうか。その理由の一つが、買取業者によって事故車を買い取れない場合があるという点である。

買取業者すべてが事故車や修復歴車を買い取れるとは限らないのだ。これは大手かどうかにかかわりなく同じことが言える。

例えば修復歴車を専門に扱う中古車販売店との流通経路がない、海外への事故車および不動車の転売ルートを確保していないといった理由が挙げられる。

事故車・修復歴車を売るなら間違いなく買取業者がお得

事故車や修復歴車をディーラーに出しても売れなかったり査定があまりにも低かったりするケースが少なくない。

そのような場合にぜひとも選びたいのが買取業者である。車買取業者なら売れるといえる理由は簡単だ。

買取業者によって事故車や修復歴車を高く売れる流通経路を確保しているからである。

例えば海外への流通経路を確保している買取業者の場合、修復歴車を海外で高く売却できるという強みがある。

日本車は海外での評価が高く、外観上見分けがつかない修復歴車は日本の数倍もしくは数十倍もの値段で取引される場合があるからだ。

事故車でも、パーツが海外では高値で取引されるケースが少なくない。このような理由から買取業者への売却がお勧めなのだ。

ディーラー(下取り)は事故歴・修復歴を嫌がる

カーディーラーに事故歴のある事故車や修復歴車を下取りに出そうとすると、担当の営業マンから「この車は修復歴があるので査定が0ですね」とあっさり言われてしまう場合が少なくない。

「処分費用はディーラーが持つので、無料で引き取らせてもらいます。」と上から目線で回答されることもあるのだ。

なぜ修復歴があると下取りができないのだろうか。理由は簡単だ。売れる車ではないからだ。

カーディーラーが下取りをした車は基本的に自社系列の中古車販売店へ売却する。

下取査定する場合、系列の販売店で買取可能かどうかを打診するが、修復歴があるとその時点で断られてしまうことが多い。

そのため下取りを断られたり安く買いたたかれてしまったりするのである。

事故車・修復歴車を廃車にする前に必ず買取業者に依頼する

携帯とPC

事故車でかつ不動車だったり、修復歴車で下取り査定が0円になってしまったりする場合、そこであきらめてしまい、廃車を選ぼうとするかもしれないが、そのような時こそ買取業者に査定を依頼してみよう。

買取業者も100%買取を補償するわけではないが、売れる可能性がある車については、ほぼ確実に査定額を出してくれるからだ。

不動車でも買い取ってくれる業者はいくつもあるので、まずは問い合わせてみるとよいだろう。事故車買取専門店は動かない車でも、買い取ってくれるからだ。

価値がつかないといわれた事故車に10万円以上の査定が付いた場合さえあるのだから、あきらめてはいけない。しかも複数の買取業者を比較すると、さらに高値が期待できる場合さえあるのだ。

動かない車(廃車状態)なら事故車専門買取業者の「タウ」を推奨

タウ

廃車するしか方法がない事故車でも積極的に買取査定してくれるのが事故車専門買取業者タウである。タウの特徴は日本全国どこでも買取査定に来てくれることだ。

動かない状態の場合、移動費用が掛かるのだが、タウでは無料引き取りに加えて、買取査定をしてくれるのだから、一石二鳥なのだ。

例えば人気車種であれば、事故で動かない状態でも高値査定をしてもらえるし、修復歴車ならなおさら査定額がアップするのだ。

動かない車でも買い取ってくれるという話を聞くと胡散臭いと感じるかもしれないが、タウは信頼できる買取業者なので不安を感じる必要はない。

なぜ買取査定ができるのか、その理由は海外を含めた豊富な売却ルートを確保しているからである。

日本ではほとんど売れる見込みがない車でも、海外ではその数十倍の値段で売れる車もあるのだ。

しかも廃車同然の車でもパーツごとに分類して海外へ売却するので利益が確保できるようになっている。

海外では日本車のパーツ確保が難しく、新品のパーツは一般の人が手に届かないほどの高額になる場合が多い。

それが中古パーツなら比較的安い値段で手に入るので、現地では売れる可能性が非常に高いのだ。つまり売れる仕組みを採用しているのがタウなのである。

過去に事故…現在修復済みの車は「カーセンサー」を推奨

カーセンサー

事故歴や修復歴がある車を売却したい場合にお勧めなのが、カーセンサーである。

カーセンサーは中古車情報誌としての地位を固めているため、よく知っているというユーザーも多いに違いない。

カーセンサードットネットでは、一括査定システムを採用しているため、複数の買取業者に査定を依頼することが可能なのだ。

しかも事故車や修復歴車でも買い取ってくれる業者も含まれているので、ディーラーで下取りできないと断られてしまった車でも、売れる可能性が高いのである。

カーセンサーがお勧めといえる別の理由は豊富な実績と経験だ。これまでに数多くのユーザーがカーセンサーを通じて愛車を売却してきた実績がある。

その中にはもちろん事故歴や修復歴がある車が含まれているのだ。多くのユーザーが利用しているという事実は、カーセンサーなら高値査定ができる可能性が高いことを裏付けている。

しかも査定申し込みにかかる費用は無料だし、ネットから依頼できるので、仕事などで忙しい人でも気軽に利用できるというメリットがある。

カーセンサーなら、全国どこでも対応するので、地方などで近隣に買取業者が少ないあるいはない場所でも査定申し込みが可能なのが強みである。

まとめ

車の鍵

事故車や修復歴車はカーディーラーではどうしても嫌がられてしまうのだが、それで廃車にしてしまったり、値段がつかない状態で処分したりするのは非常にもったいない話である。

買取業者は事故車や修復歴車を積極的に確保して、自社の利益につなげていることを考えると、仮に交通事故などで不動車になってしまった場合や、修復歴車で査定がほとんどつかない車でも、高く売れる可能性があることを裏付けている。

査定士の中にも自分の所有する車で事故を起こしてしまい、廃車同然になってしまったという経験をしている人もいるのだが、彼らは決してディーラーには下取りに出したりはしない。

むしろ廃車買取業者に査定を依頼することを選ぶ。その理由は廃車でも売れるからだ。

買取業者を選ぶ場合、用途に応じて選ぶことも大切だ。例えば不動車なら廃車買取業者、修復歴や事故歴車を売却する場合は買取業者といった具合に適切な業者を選択するのである。

グローバル化に伴い、事故車や修復歴車でも高く売れる可能性が広がったのは歓迎すべきことである。

もし自分の車に価値がないと思っているなら決してあきらめずに査定を依頼することをお勧めする。なぜなら売れる可能性は十分にあるからだ。