車のオークション代行とは、日本全国のディーラー、中古車販売店、中古車買取専門店などが参加する中古車のオークション(卸売市場)において、個人が売却を希望する車を全国のオークション会場にて代行して売却してくれるシステムのことである。

オークションに参加すれば、買取業者を介さずに車を売却できるため、中間マージンがかからず通常より高い値段で愛車を売却できる。

購入の場合も売り手との直接取引なので、販売店より安く購入できる魅力がある。

しかし、中古車のオークションは一般の人間が参加できるところではない。たとえ中古車業者であってもオークション会社と契約しなければ参加できない決まりなのだ。

そこで登場するのがオークション代行であり、このシステムを利用すれば、オークション会社と契約せずに個人がオークションで車を売買できるのである。

オークション代行を利用すると通常より高く車を売却できる理由は、車を欲しい相手にダイレクトに売却できるため、買取業者に支払う利益分と、業者のコストである人件費や管理費などの諸経費が発生しないからだ。

個人がオークションで愛車を売却するためのほぼ唯一の方法がオークション代行なのである。

個人がオークションで愛車を売る3つの方法

ここでは個人がオークションで愛車を売る3つの方法を紹介する。

  1. オークション代行業者に依頼する
  2. 参加資格をもつ知人、友人に頼む
  3. 自分で会員資格を取る

1.オークション代行業者に依頼する

個人がオークションで車を売却するには、オークション代行業者に依頼するのが最も現実的な方法である。手数料はかかるが、出品から手続きまで代行してもらえる存在はありがたい。

ネットを検索するとわかるように、オークション代行業者はいくつも存在する。

しかし、なかには悪徳業者もいるので注意が必要だ。

オークション代行業者を利用するには、出品代行手数料はもちろんのこと、数万円の保証金が必要なことがほとんどである。その費用が不透明な業者もいるので注意してもらいたい。

ふつうに買取店に売却する方が高値になるケースも考えられる。

実際、代行業者を利用して法外な手数料を請求されるなどの被害も報告されているほどだ。

購入意思が固まらないうちに強引に勧められ、中古車の購入を申し込んだ。家に帰り当日中にキャンセルしたいと申し入れたところ、購入代金の 20%の違約金を請求された。どうしたらよいか。 (20 歳代 男性 給与生活者)

このような事例が国民生活センターに実際に寄せられている。これに対する回答は以下だ。

「他の客が車を見に来店したのに売ることができなかった」「オークションに出品できなかった」「中古車情報誌に広告を掲載できなかった」などの理由を掲げ、車両を販売することで得られたであろう利益や販売する機会を逸したことに伴う不利益を損害金として請求してきた場合、これは商行為上発生することであり、消費者側に負担を求めるのは合理性がない。

つまり、私たち売る側に何の落ち度もなく、そのような手数料や違約金を支払う必要性はない。これは消費者契約法第9条第一号によって契約が無効だと定められている。

ただ、これも知らなければ悪徳業者の言いなりになっていまい、請求された料金を支払ってしまう可能性は高い。

2.参加資格をもつ知人、友人に頼む

中古車のオークションには、オークション会社と契約する事業者以外は参加できない決まりだ。

オークション代行業者に依頼しないとなると、個人がオークションを利用して車を売却する方法は非常に限られてしまう。

そのなかで唯一現実的な方法が、オークションの参加資格を持つ知人や友人に代わりに出品してもらうことだ。

代行業者を利用する時のようなトラブルのリスクが少ないため、可能な人はお願いしてみるのもありだろう。しかし、参加資格を持っているということは、その人は中古車業界で仕事をしているはずだ。

いわばプロに依頼するのであるから、たとえ知人や友人であっても無償ですべてをやってもらうというのは図々しいかもしれない。

3.自分で会員資格を取る

会員資格を取得すれば個人でオークションに参加することも可能だ。しかし、オークションの会員資格を取得することは、個人の場合、非常に難しいものであることを認識する必要がある。

中古車のオークションは全国100カ所以上で日々開催されており、会場ごとに参加資格に微妙な違いはあるものの、基本的には古物商許可証の取得や保証人の存在、店舗の存在、入会金や保証金の支払いなどが共通している。

自分の所有する1台の車を売却するために、これら数々の資格をクリアするのは現実的とは言えないだろう。

今乗っている車を高く売りたいというだけで出品を考えているのであれば、代行業者や参加資格を持つ知人に依頼する方が手間もお金も節約できる。

実際に会員資格を取るとなると以下5つの条件が必要になってくる。

古物商許可証を取得後一年以上経過

中古車を売買するわけだから、オークションに参加するには古物商許可証を取得していることが第一の条件である。

それも、取得後一年以上経過していることが条件になることがほとんどだ。

不動産(土地)を単独所有している保証人(個人は2名以上)

保証人もオークションの参加条件だ。しかも、不動産を単独で所有している人でなければ保証人にはなれない。

個人が参加するにはその保証人を2名以上用意しなければいけない。

店舗・事業所(所有地情報と写真で審査)

ほかの参加資格は個人でも取得しようと思えばできる。

しかし、中古車を売買するための店舗や事業所を持つことも条件であるため、実質的に事業者以外は参加できないようになっているのだ。

3~5万円の入会金

オークション会場によって金額には違いはあるものの、オークションに参加するには入会金が必要である。

およそ3~5万円ほどが相場だ。会場の規模が大きいほど高額になる傾向がある。

およそ10万円の保証金(退会時に返却)

入会金とは別に保証金も必要になる。有名オークション会社の「USS」では、10万円の保証金を預託できることが入会条件だ。(参照:USS「入会条件」)

退会時には返金される決まりではあるが、もしもの時は返ってこないこともある。

個人の場合は店舗・事業所がないから現実的に無理

このように、中古車のオークションに参加するには厳しい条件が定められている。

個人でも保証人を用意したり入会金・保証金を準備したりすることは可能だろう。古物商許可証取得後一年以上経過という条件はあるが、すでに古物商を営んでいる人ならそれもクリアできる。

しかし、中古車を売買するための店舗や事業所が必要という条件は、これから中古車業界に進出するつもりの人でもなければクリアするのは不可能といってよいだろう。

結局、中古車のオークションとは中古車業者しか参加できないものだと思ってよい。個人が単独で参加するのは非現実であると知っておこう。

中古車オークションを利用するメリット・デメリット

オークションとデータ

中古車買取業者に車を売却するメリットと言えば、取引の安心感がある。

業者によっては買い叩かれるかもしれないという心配はあるが、ちゃんとしたところなら相場通りの金額で買い取ってくれるうえ、その後の手続きも代行してくれるので面倒もない。

オークションを利用する車売却は、それとはまったく性質が異なるものだ。そのため、メリット・デメリットともによく心得ていなければならない。

【メリット1】車が高く売れる可能性がある

オークションを利用する最大のメリットは、中古車買取業者より高く売れる可能性があるということだ。

というのも、多くの買取業者は自社で仕入れた車をオークションに出品することで利ザヤを得ているからだ。

つまり、オークションで利益を出すためには、車の仕入れ価格を抑えなければならない。

そのほか、買取業者には人件費や管理費など諸経費もかかるため、仕入れ価格はそれらコストも見込んだうえで、なおかつ、オークションで利益が出るように設定しなければならない。

個人が直接オークションを利用すると、それら中間マージンが丸ごと節約できるため、買い手さえ見つかれば買取業者より高く売れる可能性は非常に高いのである。

【メリット2】落札金額に消費税が上乗せされる

落札金額に上乗せされる消費税の金額分も、中古車買取業者よりオークションで売却した方が車が高く売れる可能性があると言われる理由の一つである。

買取業者の査定では、査定額から仕入れにかかるコストや利益分を引いたうえで消費税率が乗じられる。

オークションでは落札価格にそのまま消費税分が加わるため、業者の経費や利益分を差し引いた後の金額で計算される消費税分よりも高くなるのだ。

消費税を計算するもともとの金額がオークションの方が高額であるから、上乗せされる消費税額も大きくなるという仕組みである。

もとの車の値段が高ければ高いほど、消費税の上乗せ分の差は大きくなる。

【デメリット1】売れるまで代金を受け取れない

中古車オークションのUSS「オークション月次データ2017」によると、2017年の1年間でオークションが成約した確率は64.1%となっている。つまり、3台に1台は落札されていないということだ。

いくらオークションが中古車買取業者より高く売れる可能性があるといっても、買い手が見つからなければまったくメリットがない。

一定期間落札されなければ、そのままあきらめるか再度出品するかを選択することになるが、再度出品するにはそのたびに出品手数料や陸送料などが発生する。

つまり、売れない期間が長引くほどコストがかさんでしまうため、最終的に買い手が見つかったとしても、そのころには買取業者に売るよりはるかに安くなってしまうこともあるのだ。

【デメリット2】車を持ち逃げされる可能性がある(悪質なケース)

個人が中古車オークションに参加するには代行業者を利用することになるが、業者の選択が非常に重要になる。

悪質な代行業者に当たるとお金や車を持ち逃げされる危険性があるのだ。

中古車買取業者に売却する時は車と代金を同時に受け渡しできるが、オークション代行を利用すると出品の時点で車を引き渡さなければならない。

車を渡してから売却金額を手にするまで必ずタイムラグが生じるのだ。

オークション代行業者には誰もが知っているような有名企業は少ないため、名前も聞いたことのない業者を利用した結果、車を持って行かれたまま連絡がつかなくなってしまうなんてことも最悪の場合は考えられるのである。

【デメリット3】トラブルが起きやすい

車や代金の持ち逃げもそうだが、オークション代行にはトラブルが起こりやすい。

実績豊富な信頼性の高いオークション代行業者などそう多くはないので、無名の小規模な業者を利用せざるを得ない場合もあるが、そういうところでは悪意はなくても書類上のミスなどトラブルも多いと聞く。

なかでも最もよくあるトラブルは、後から保証金だ手数料だと理由を付けて契約時に説明を受けていない金額を請求されるというケースだ。

また、代行業者に問題がなくても、車自体に問題があるとクレームを受けることになる。

クレームに対応するのは代行業者ではなく売り手自身だから、慣れない交渉ゆえにトラブルに発展することもあるのだ。

オークションで買取・購入する場合は代行業者に依頼するのが一般的

値段の交渉

中古車業者で売買するのと違って、オークションなら業者の取り分が発生しない分、愛車を高く売却したり、欲しい車を安価で購入できたりというメリットがある。

個人売買でも同じようなメリットはあるが、個人売買では名義変更の手続きなどすべて自分でやらなければならないし、代金の受け渡しなどでトラブルが発生するリスクもある。

その点、オークションは厳格なルールに従って運営されているため、そういう心配はない。

しかし、上でも見てきたように、個人でオークションに参加するには数々の高いハードルをクリアしなければならない。

その手間と時間を考えると、個人がオークションで車を売買するならば、オークション代行業者に依頼するのに勝る方法はないと言えるだろう。

代行業者に依頼すれば面倒な手続きも省略できるため、家にいながら売れるのを待つだけでよいのだ。

もちろん代行業者に依頼するとなれば、出品手数料や保証金などのコストがかかることは確かだ。悪徳業者の存在にも注意しなければならない。

しかし、メリットとデメリットを考慮すると、オークションを利用したいなら代行業者に依頼するのがいちばんと言える。

個人でもできるオークション形式の一括査定「ユーカーパック」

ユーカーパック数あるオークション代行業者のなかでもおすすめなのが「ユーカーパック」という代行業者だ。

買取査定の代行業者と言ってもよいが、一般的な一括査定サイトと違って、ユーカーパックが査定した車を多くのバイヤーがオークション形式で競るシステムになっているところが大きな特徴だ。

そのため、一般の一括査定サイトのように、依頼した途端に多くの業者からの営業電話に悩まされる心配がない。

一括査定のように依頼した業者1社1社に対して査定のために時間を確保しなければならないなんて煩わしさからも解放される。

また、オークション代行のように手数料や保証金など高額な費用を支払う必要もない。

つまり、中古車オークションと一括査定の長所だけを取り出したサービスが受けられるということだ。

ユーカーパックは2016年に始まったばかりの新しいサービスだが、車の新しい売却方法としてすでに多方面から注目されている。

ユーカーパックのシステムは、ガソリンスタンドなどに用意される端末で一度査定を受けるだけで、査定情報をユーカーパックの査定に参加する買取業者に開示して買取価格の提示を受けられるようになっている。

従来の一括査定では最大でも30社程度の査定であったが、ユーカーパックでは一度の査定で1,000社以上のオファーを受けることができる。

また、車両評価のみの開示であるため、一括査定のように個人情報を晒すリスクがないのも特徴だ。

買取価格の交渉も必要ない。買取業者にとっても、個別に訪問査定を行う必要がないので車買取のコストが大幅に下がるという良さがある。

その分、買取金額を高く設定できるため、車を売りたい人にも車を買いたい業者にも双方にとってメリットがあるのだ。

最初に査定を依頼する際の電話一本だけで、あとはユーカーパックに任せればよい。オークションで愛車を高く売りたいすべての人におすすめるサービスだ。

まとめ

判決

中古車オークションに愛車を出品すれば、中古車買取業者よりも高額で売却できる可能性がある。

業者のコストや利益など中間マージンが発生せず、その車を欲する人に直接行き渡るからだ。しかし、中古車オークションに参加するにはいくつもの厳しい条件をクリアしなければならない。

  • 古物商許可証を取得してから一年以上経過
  • 不動産を単独所有する保証人を用意
  • 中古車を売買するための店舗・事業所があること
  • 入会金や保証金の支払い

このような条件を愛車を高く売りたいだけの個人がクリアするのは不可能に近いだろう。

そこで登場するのがオークション代行業者である。「代行」という言葉からわかるように、これらの業者は、車を売りたい人に成り代わってオークションに出品してくれるのだ。

代行業者に依頼すれば、必要な費用を支払うだけで後は落札されるのを待つだけである。

ただし、代行業者はメリットばかりではない。車が落札されなければコストばかりかかることになるし、悪徳業者の不当請求や車の持ち逃げなどのリスクもある。

そこで、今注目なのが、車一括査定とオークションの長所を併せ持ったサービスを提供するユーカーパックである。

一度査定を受けるだけで1,000社以上が参加するオークションで買取が競われるため、通常より高額での売却が可能であり、車売却にかかる手間や時間、リスクなどのデメリットも軽減される。

オークション形式で愛車を売りたい方はこのサービスを利用するといいだろう。