車を売る時にはいくつかの手続きを踏みますが、その手続きによって手数料が必要になる場合があります。

ただ、車買取業者に買い取ってもらう場合、これらの手数料は車の査定額からあらかじめ引かれていることが多いので、自分でいちいち支払う手間はかからないことがほとんどです。

ただし、どんな手続きにいくらぐらいの費用がかかるか知っておくことは大切です。そこで、車買取の際に発生する手続きとその手数料について見ていきましょう。

買取で必要なのは、車の名義変更といった譲渡に関する手続きの代行料と、買い取ってもらった車を持って行ってもらうための運送料です。こうした手数料は査定額に含まれているため、別途請求されることはあまりありません。

ただ、手数料にいくらかかったのかはちゃんと確認してください。1~2万円が相場なので、それより極端に高い費用が引かれていないか自分の目でチェックすることが大切です。

もし、見積書に手数料がかかれていない場合は、すでに引かれているのか、引かれているのならいくらなのかをはっきり尋ねるようにしましょう。

車買取にかかる3つの手数料

お金

  1. 車譲渡手続きの代行料(名義変更代行料、印紙代)
  2. 車の運送料(自宅から買取店までの移動料)
  3. 手数料は別途ではなく査定の段階で引かれている

1.車譲渡手続きの代行料(名義変更代行料、印紙代)

車を譲渡する時に費用が発生する手続きは以下4つです。

  • 移転登録
  • 車庫証明書取得
  • ナンバープレート交付
  • 自動車取得税

移転登録の手数料には印紙代として500円必要です。車庫証明書の取得は都道府県によって違いますが、2500~3000円程度です。価格にバラつきがあるのは各市町村によって税額が異なるからです。(参照:国土交通省「自動車を売買等により譲渡、譲受する場合」)

ナンバープレートの交付にかかる費用は約2000円ですが、新旧の所有者が同管轄内の場合は必要ありません。自動車取得税は車両によって異なります。

このように、自分で手続きを行うなら数千円で収まりますが、業者に代行してもらうには代行手数料が上乗せされるので、総額1~2万円になることがほとんどです。ただ、代行手数料は代行する人が自由に設定できるので、業者によって金額はまちまちです。

2.車の運送料(自宅から買取店までの移動料)

買い取ってもらった車を自宅から買取店まで運ぶのに、移動料がかかることもあります。しかし、車を購入して納車してもらう際は、時に多額の陸送費がかかることもありますが、売却の場合は心配するほど高い手数料が発生することはありません。

ただし、故障して動かないような車を持って行ってもらうには、車両輸送用の輸送車を使って移動させる手間が発生するので、距離によっては数万円もかかることもあります。

いずれにせよ、車の運送費を別途請求されるようなことはほとんどなく、あらかじめ査定額に含まれているので、気になる場合は査定の際に業者の担当者に尋ねてみましょう。

3.手数料は別途ではなく査定の段階で引かれている

上で見てきたように、車の買取では譲渡の手続きや車両の運送に手数料が発生することがありますが、車を売る人はこれらの手数料を意識することは少ないでしょう。というのも、こうした手数料などすべて含めたうえで買取金額が提示されるからです。

業者から提示される買取金額とは、車両本体の価格から諸々の手数料を差し引いた金額ということです。通常、これらの手数料は1~2万円程度が相場です。

車両の状態は良いはずなのに、思ったほどの金額を提示してくれなかったという場合は、査定の見積書をチェックしてください。こうした手数料がきちんと記載されているか、その金額はおかしくないか確認することが大切です。

車売却時に注意して確認すべき税金関係

チェックリスト

自動車税や自賠責保険は翌年の3月分までを事前に支払っているため、まだ期間が残っている場合は車を手放す際に戻ってきます。たとえば、8月に車を手放したら、9月から翌年3月分までの自動車税が戻ってくるといった具合です。

しかし、車を買取してもらった場合、基本的には車の買取金額に税金関係の戻り分がすでに含まれていることがあります。そのため、税金の戻り分として別に受け取ることがない場合も多いです。買取業者から税金関係の説明はあるはずですが、ご自身でもきちんと把握しておきましょう。

なお、お得に感じさせるため、税金や保険料などの戻り分をあえて査定額とは別にしている業者もあります。

未経過分の自動車税の還付金

自動車税は、毎年4月から翌年3月までの1年分を前払いするシステムです。そのため、年度途中で車を売却する時は、未経過分の自動車税が還付となります。たとえば、8月に車を売ったとすると、翌月9月から翌年3月までの7カ月分の金額が払い戻されます。

自動車税が45000円だった場合で考えると「45000円÷12ヶ月×7=26250円」が戻ってくる計算です。

自動車税の具体的な計算方法は自検協「還付される自動車重量税額」に掲載されています。

ただし、自動車税の還付金を受け取れるのは、それ以外の地方税に滞納がないことが条件です。

なお、軽自動車の税金には軽自動車税がありますが、自動車税と違って年額での支払いになります。ですので、軽自動車を年度途中で手放しても還付金が戻ってくることはありません。

車を買取専門店に売った場合の自動車税

上で見たように、年度途中で車を買い取ってもらった場合でも、自動車税の還付金を受け取れます。ただし、多くの車買取業者は、税金の還付金も買取金額に含めて提示するため、それと知らずに還付金を受け取っているという人も多いです。

業者は、事前に還付金に相当する金額を含めて車の買取金額として売却した人に支払い、後から還付金を受け取っています。自動車税は排気量の大きな車ほど高額になるため、大きな車を年度初めに売却すると、予想以上に高額で売れたと思うこともあるかもしれません。

実は税金の還付金が多かっただけということがないように、税金のことも確認するとともに、自分でも計算しておきましょう。

自動車納税証明書の紛失・再発行にかかる費用

車を売る際には以下4つの書類が必要です。

  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券

通常これらは車のダッシュボードに保管するものですが、自動車税納税証明書は、コンビニなどで自動車税を支払った後、保管するのを忘れてしまう人もいます。そのため、紛失する人も時々いるようですが、自動車税納税証明書がないと車を売却することはできません。

そういう場合は、運輸支局に併設の自動車税管理事務所や各都道府県の税事務所で再発行してもらいます。再発行には手数料など特別な費用は不要です(一部地域では費用がかかることもあるようです)。

買取業者に再発行を代行してもらうことも可能ですが、その際は代行手数料が必要です。

自動車リサイクル料金の戻りの流れ

リサイクル料金の金額は車種によっても異なりますが、普通車で1万円から1万6千円ほど、軽自動車で4千円から1万円ほどです。

リサイクル料金は新車購入時や車検時に支払いますが、最終的な支払いは廃車時の所有者が行います。そのため、中古車を買う場合でも購入時点でリサイクル料金の支払いはありますが、売却の際には次の所有者に支払い義務が移るので、支払ったリサイクル料金は戻ってきます。

ただ、買取業者に売却する場合は、自動車税の還付金とおなじように買取金額に含めて戻ってくることが多いため、別途リサイクル料金として受け取ることはないかもしれません。

まれに買取金額にリサイクル料金を含めていない悪質業者もあるため、必ずご自身でも確認しておきましょう。

ローンが残っている車(ローン残債)を売る場合

ローンが残っている車を売る場合、次に買う車のローンに残債を上乗せすることもできますが、買取業者に売るだけのケースではそれができません。しかし、ローンの残債を支払い、車の所有権を解除すれば売却可能です。

大手の買取業者のなかには、ローンの残債がある状態でも買取を行ってくれる場合があります。ただし、車の査定額からローンの残債を差し引いた金額が買取金額になる仕組みですので、ローンの残債を支払わなくてよくなるわけではありません。

査定額がローンの残債より低い場合は、差額を買取業者に支払わなければなりません。また、所有権解除などの手続きが業者に発生するため、別に手数料がかかることもあります。

車を査定するだけなら当然ながら費用はかからない

車の鍵

車を買取業者に売却する場合、売却が決定してからは各種手数料がかかることもありますが、売却の契約を交わすまでは費用はまったく必要ありません。

車がいくらで売れるのか知りたいために査定してもらいたいという場合でも、多くの車買取業者は基本的に無料で査定を引き受けてくれます。

県外など遠方の業者に査定を依頼し、後になってもっと高く買い取ってくれる店が見つかったからと一方的に断るようなケースでは、査定費用を請求する業者もあるかもしれませんが、近隣の業者ならたいてい無料で査定してくれますし、査定したからといって売却しなければならないということもありません。

ただし、無料だからといって、やたらと色々な業者に査定だけしてもらうのはおすすめしません。なかには査定したのだから売ってくれという業者もいるでしょう。そんな営業にも動じずきっぱり断れるという人ならともかく、そうでない人は別の方法を利用しましょう。

それはネットでの一括査定サービスです。複数の業者に同時に査定してもらい、最高額を提示する業者に売るという仕組みですので、業者としても査定=買取でないことを承知しています。自分の愛車の相場を知りたいというだけでもOKです。