車下取りとはこれまで乗っていた愛車をカーディーラーに買い取ってもらい、新車や中古車の購入代金に充当してもらう方法である。

カーディーラーは下取りした車を系列の中古車販売店に売却したり、自社で代車として使用したりするのが一般的だ。時折聞くのが下取りと買取の混同である。

下取りと買取は現金の授受があるかどうかによって変わるということなのだ。今回はそんな少しややこしい下取りについてプロが徹底解説していこう。

下取り価格が新車購入費用を上回る場合はどうなる?

メモとグラフ

下取り価格が新車購入費用を上回る場合はどうなるのだろうか。この場合、下取り分が新車購入費用に充当される。諸費用やオプションなどの価格にも下取り分が適用される。

それでもなお下取り分の金額に余剰が生じる場合は、顧客へ余剰分が支払われる。

つまり買取のように全額が現金で支払われるというわけではなく、あくまで購入費用に充当されるということは通常の下取りと変わらないことがわかる。

最近では買取業者による車買取が人気で下取りの機会が減りつつあるのだが、それでも下取りには一定のメリットがあることは覚えておいてほしい。

ディーラーで車購入の際に利用する愛車の下取り

ディーラー

カーディーラーで新車や中古車を購入する場合、これまでの愛車を下取りに出すという人が多い。カーディーラーの行う車下取りとは下取り分を新車や中古車の購入費用に充当する方法なのだ。

これは顧客側からすると値引きに相当するもので、通常の値引きに加えて、下取り分が値引かれるため、割安な値段で新車や中古車が手に入るのである。

このような下取り方法は従来から行われてきたもので、多くの人に知られている愛車を手放す方法である。

カーディーラーが愛車を下取りした後、下取りした車はどうなるのだろうか。カーディーラーには系列の中古車ディーラーが存在する。

下取りした車は系列の中古車ディーラーへ売却し、そこで再販するのである。つまり買取業者と構造は似ていることがわかる。

買取業者とディーラーの違い

ipadでデータを確認

買取業者の場合は買い取った車をオークションや他の中古車販売業者へ売却するのに対して、カーディーラーは系列店に譲り渡すのである。

結局自社の営業利益につながるため、カーディーラーでは積極的に下取りを実施しているのである。下取りした車の利用方法はほかにもある。

例えば自社で代車として活用するケースである。車検や定期点検の際に貸し出される代車は下取り車が使われることが多いのだ。

中古車販売店で車購入の際に利用する愛車の下取り

交渉中

中古車販売店ではこれまで乗っていた愛車をカーディーラーと同じように下取りし、新たに購入する中古車の購入代金に充当するサービスを実施している場合が多い。

中古車販売店では、下取り対象になる車を査定するために、査定士が在籍していて、査定項目に基づいて愛車の査定が行われるのが一般的だ。

中古車販売店が実施する車下取りとはカーディーラーの下取りと内容はほぼ同じだが、下取りした車を活用する方法が若干異なっている。

中古車販売店はいわゆる加盟店制度がある場合と、単独で営業する場合とに分かれている。

加盟店制度を実施している中古車販売店では下取りした車の点検整備を行い、再度店頭で販売するケースが目立つ。

それに対して単独で営業している中古車販売店の場合は、自社で再度販売するか、オークションにかける方法を採用している。

場合によっては買取業者のように海外へ輸出することもある。つまり中古車販売店は売却ルートが多いことがわかるだろう。

だからと言って買取業者のように高値査定をしてもらえるとは限らない。なぜなら買取業者のような高値で売却するノウハウを持ち合わせていないからだ。

車の下取りと買取りとの違い

車が並んでいる

車下取りと買取にはどのような違いがあるのだろうか。

車下取りとはディーラーなどで新車などを購入する際に、購入代金に下取り分の金額を充当する方法を用いるが、買取の場合は充当する対象がないため、査定時の金額がそのまま支払われることになる。

つまり現金の授受があるかどうかという違いがあるのだ。それ以外にも買取は必ず売却するのだが、下取りの場合は代車として活用するなど利用方法が異なることがある。

下取りに出すメリット

お金の取引

下取りに出すのにはどんなメリットがあるのだろうか。車下取りとはこれから購入する予定の車があり、購入代金の一部に下取り分を充当する方法である。

下取りに出すことで、車の処分がすべてカーディーラーで完結するため、わざわざ複数の買取店に足を運ぶ必要がないのである。

車買取をしてもらう場合、どうしても買取業者のところで査定をしてもらう必要があり、手続きも売却と、新車購入という2段階に分かれてしまう。

カーディーラーでの下取りなら、そのような手続きがすべてワンストップで完結してしまうのだ。

別のメリットとして、長い付き合いがあるカーディーラーでは愛車をより高く下取りしてもらえる可能性がある。

例えばこれまで何台もの車を購入してきた実績があると、いわゆるVIP扱いになり、下取り価格が一気に跳ね上がるのだ。

これは値引き分を下取り価格に充当して実現する方法なのだが、まれなケースとして、車買取業者と互角の下取り価格が提示されることがある。

このような場合、あえて買取業者に足を運ばなくてもよい。しかも今乗っている車と同じメーカーのディーラーで購入する場合、より高く下取りをしてもらえる可能性が高くなるのだ。

下取りに出すデメリット

落ち込む男性

カーディーラーや中古車販売店に下取りに出すデメリットには何があるのだろうか。そもそも車下取りとはこれまで乗っていた愛車を査定し、これから購入する予定の新車や中古車の購入代金に充当する方法である。

購入代金に充当するということであって、現金が手に入るわけではない。つまり、下取りはあくまで新たに車を購入することが必要条件になるのである。

お金が欲しいからと言ってカーディーラーで下取りをしてもらい、売却益を手に入れるというはできないのだ。お金が欲しい場合には下取りはできないということを覚えておくとよいだろう。

もう一つのデメリットは、下取り価格の低さである。

多くのディーラーが日本中古自動車査定協会(JAAI)が作成している「イエローブック」という本の査定基準を採用しています。適正な基準ではあるが、ディーラーが損をしないように下取り価格は低めに設定されている。

まれなケースとして、付き合いの長いカーディーラーが値引き分の上乗せとして買取業者の査定価格と変わらない下取り価格を出す場合があるが、ほとんどの場合、下取り価格は低いのが一般的だ。

つまり新車をより安く購入したいと思う場合、下取りは不利な場合が多いのである。

買取業者に査定してもらえば十万円単位で高く売れる可能性があったものが、下取りに出すことで、その分がなくなってしまうとしたらデメリット以外の何物でもなくなってしまうだろう。

車

ディーラーの下取りは99%損する?メリット&デメリット【徹底解説】

ディーラーに下取りを出すと、もともと所持していた車を売り、新しい車に買い替えるこ……続きを読む

買取りに出すメリット

相談

車下取りとは新たに車を購入する場合の購入代金の一部に査定額を充当するのに対して、買取業者の買取は査定した金額を全額依頼者に支払うことになる。

この違いにどのようなメリットがあるか考えてみよう。例えば何らかの事情ですぐにお金が必要になった場合、カーディーラーへの下取りでは現金が手に入らない。

買取業者の買取なら現金が手に入るのである。すぐにお金が手に入るという点で考えると、下取りよりもメリットがあるといえるだろう。

買取業者を利用する別のメリットはより高く愛車を売却できることである。

買取業者は買い取った車をより高く売却するための流通ルートをいくつも持っているため、カーディーラーでは出せない高額査定がはじき出せるのだ。

例えば年式が古く、下取り査定がつかなかった車でも、海外へ売却することで売れる場合が少なくない。買取業者はそのようなメリットを生かして、我々の愛車を高く売却できるのである。

愛車を手放すのであれば、できるだけ高いお金で買い取ってほしいと誰もが思うに違いない。そのような希望を叶えてくれるのが買取業者なのだ。

買取りに出すデメリット

PCの前で落ち込む男性

例えば新車を購入したい場合、今の車を買取業者に売却し、カーディーラーで新車を購入するという2度手間が発生してしまう。

カーディーラーならワンストップで済むのに対して、手間がかかってしまうのはデメリットだといえるだろう。仮に複数の買取業者を回る場合、さらに手間や時間がかかってしまう。

自宅の近所に買取業者がなければわざわざ営業所まで時間をかけていく必要もある。複数ならなおさら時間がかかってしまうだろう。時間を節約したい人には、難しいと感じてしまうかもしれない。

別のデメリットは営業のしつこさである。

カーディーラーの場合も営業マンが自宅までやってくる場合が多いのだが、我々には購入意思があるので、営業マンがやってくるのはある意味歓迎できることだ。

しかし買取業者の場合、複数の業者に査定を依頼すると、それぞれから営業の電話がかかってくる。

契約するのは1社だけなのだが、毎日電話がしつこくかかってくるのはうんざりしてしまうものだ。精神的な意味での疲れが大きくなるのが複数の買取業者を利用するデメリットといえるだろう。

車の下取りと買取りとの違い

暗い雰囲気の場所でパソコン

車の下取りと買取には具体的な違いがどこにあるのだろうか。

一般的に車下取りとはカーディーラーや中古車販売業者で愛車を査定士に査定してもらい、査定額を新車や中古車に充当する方法である。

車の下取りの場合、下取りした車は系列店に売却するケースが多く、より高く売却したい場合には不向きな方法である。

ただし下取りはカーディーラーや中古車業者でできるため、購入と同時進行で手続きが行えるというメリットがある。

それに対して車の買取りとは、買取業者に査定を依頼し、査定士が提示した査定額に納得できれば、買取業者から現金が支払われる方法を指す。

カーディーラーのように新たに購入する車にその場で充当することはできない。

カーディーラーとの違い

カーディーラーとの違いとして、買取した車の売却方法はオークションや提携中古車販売店、海外への輸出といった複数の売却チャネルを有している。

つまりより高く売却することが可能で、下取りよりも有利な査定額が期待できるのである。

ケースバイケースだが、ディーラーで査定額がつかないといわれた車でも査定が付く場合がある。これは海外に売却し、より高く売れるルートを確保しているためである。

下取りの具体的な流れ

くるまの模型

カーディーラーでしてもらう下取りとは基本的に次の流れで行うのが一般的である。まずは購入する車の選定だ。

  1. どの車を買う予定かをカタログなどをチェックして決定する。購入予定の車が決まったら見積もりを出してもらい、大体の価格を把握する。
  2. 見積もりに納得できれば、値引き交渉を行うが、この際に下取り査定を同時に行う。下取りの査定価格と値引き分を本体価格から差し引いてもらう。
  3. 契約を締結する。下取り車はこの時点で手放す必要はない。
  4. 納車時に新車と引き換えに下取り対象の愛車が回収される。

納車式は自宅もしくはカーディーラーで行うが、カーディーラーで行えば納車費用が節約できるため、その分だけ購入費用が節約できるのでお勧めだ。

1.購入する車を決める

パソコンを見る

カーディーラーの車下取りとは、購入する車を決めた後に行うものである。

カーディーラーに行き、いきなり自分の車を下取り査定してほしいといったとしても、相手にされない場合が多いので注意してもらいたい。

そこでまずは購入予定の車を選ぶようにしよう。自分がどの車にしたいかをあらかじめ決めることもできるが、カーディーラーで直接見て決めるという方法もアリだ。

どの車にすればよいかを選ぶ際には、展示場で車を見ることに加えて、試乗して乗り心地を確かめることも必要だろう。

カタログだけ見て決める人もいるが、実際に見てみないと内装や装備がどうなっているかわからないので前もって確認しておくことをお勧めしたい。

2.下取車を査定してもらう

銀色の車

購入予定の車が決まったなら次の段階は下取り査定である。カーディーラーでの車下取りとは、査定士資格を持つスタッフによる査定が関係する。

査定士は買取専門店の査定士と同じ資格で、愛車の査定価格を決めるのに重要な役割を果たす立場である。

査定士はあらかじめ決められた査定項目に基づいて、愛車のチェックを行う。

カーディーラーの場合、相場価格が掲載された資料を持っているため、基準価格を設定してそこからマイナスする方法が採用されている。

キズや凹みがあればその分だけ減点対象になり、ボディカラーによって査定額がアップすることもある。

査定額の上下は買取業者とほぼ同じと考えてよいだろう。ただし買取基準額は買取業者のような幅の利いたものではない。

3.購入車の価格が決まる

契約成立

カーディーラーの車下取りとは減点方式だが、基準価格から点数を減点することで、最終的な下取り価格が決定する。

減点対象になるのは、キズや凹み、修復歴の有無、内装の劣化や損傷などである。

査定士による念入りなチェックが行われると、営業マンから査定額が伝えられる。提示された査定額に満足できればあとは契約の段階に進むことになる。

契約の前に、見積書が再度作成されるのだが、この時点で値引き額と、下取り額が充当されたものが提示されるので、下取り価格がいくらになっているかを確認してもらいたい。

値引き額に含まれる場合はかっこで下取り金額が記載されているケースが多いので確認するとよいだろう。この時点で購入予定の車の価格が決定するのだ。

4.下取りの際に必要になる書類

契約書にサイン

カーディーラーで行なう車下取りとは、新車や中古車の購入代金から下取り分を値引きする形で充当されるのが一般的な方法である。

ちなみに下取りも譲渡契約と同じであることから、下取りに出す際には所定の手続きが必要になる。下取りに出す際に営業マンから必要な書類に関する告知があるので、それに従って書類を準備するとよいだろう。

手続きで必要になるのは次の通りである。

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車税納税証明書
  4. 譲渡証明書および委任状
  5. 印鑑証明および実印
  6. リサイクル券(あれば)

これらの書類は下取り査定時に必要ではなく、新車契約後の所定の時期までに用意することが求められる。

1.車検証

書類

カーディーラーの車下取りとはディーラーで手続きをある程度代行してもらえるのだが、我々が用意しておくべき書類があることも忘れないようにしたい。その一つが車検証である。

車検証にはナンバープレートや所有者、車台番号などの情報が掲載されている。

車検証がなければ譲渡ができないので、なくしてしまった場合は自分で陸運局で再度取得するか委任状を作成してディーラーの担当者に再発行をしてもらうようにする必要がある。

2.自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は譲渡の際に車検証とともに必要になる重要書類である。カーディーラーでの車下取りとはこれらの証明書を準備することも含まれる。

自賠責保険証明書は車検証とともに保管しておく場合がほとんどなので、なくす心配はないのだが、仮になくしてしまった場合は、加入した保険会社に証明書の再発行を依頼しておこう。

ディーラー経由で加入した場合には、カーディーラーで再発行手続きをしてもらえるので楽に行うことができる。

3.自動車納税証明書

待ち合わせ

車下取りとはカーディーラーで行うものだが、手続きの際に必要になる書類として自動車納税証明書がある。

自動車納税証明書は毎年5月ごろに送付される自動車税納税書に基づいて税金を納めることで発行される書類である。これも車検証や自賠責保険と一緒に保管しておくことが望ましい。

万一紛失してしまった場合には、納税した地方自治体に再発行依頼をかけるようにしよう。手続きに時間がかかることがあるので、納車に影響が出る可能性があることも覚悟しておきたい。

4.委任状、譲渡証明書

カーディーラーなどの車下取りとは、営業マンが下取車の譲渡契約手続きや新車の登録手続きを代行してくれるケースが多いのだが、その際に前もって用意しておく必要がある書類がある。それが委任状だ。

委任状はカーディーラーで用意されているため、必要事項を記入し、実印を押印する。

委任状や譲渡証明書に関する詳しい規定は国土交通省「自動車の売買等により譲渡、譲受する場合(移転登録)」に記載されている。

譲渡証明書もカーディーラーで用意しているため、同様に手続きするだけでよいだろう。委任状があることで代理人が手続きできるようになるのだ。

5.実印、印鑑証明書

印鑑

カーディーラーの車下取りとは新車購入代金の一部に下取りした分を充当する方法だが、下取り手続きを完了させるために必要になるのが印鑑証明書と実印である。

印鑑証明書は市役所や町村役場で作成する公的書類で、あらかじめ印鑑を用意しておき、それを実印として登録することになる。

譲渡手続きを行う際には、実印の押印に加えて、実印の有効性を証明するための印鑑証明書の提示が義務付けられている。

6.リサイクル券

メモ

リサイクル券とは自動車リサイクル法に基づき、車を所有している人が購入することになっている。

環境省の自動車リサイクル関連のHPには以下のように記載されている。

自動車製造業者(メーカー)を含む自動車のリサイクルに携わる関係者に適正な役割を担っていただくことによって、使用済自動車の積極的なリサイクル・適正処理を行うものです。

通常新車を購入する時点でリサイクル券を同時に購入することになるのだが、中古車については権利の継承になるため購入は伴わないカーディーラーの車下取りとは今所有している車を手放すことが関係する。

そのため、リサイクル券がある場合は車検証と一緒に担当者に手渡すようにしよう。

紛失した場合の再発行はできないため管理には注意が必要だ。

下取り以外の売却方法の方が得なのか?

カードで支払いをする

カーディーラーの車下取りとは新車などを購入する際に下取り査定分を購入代金に充当する方法なのだが、多くの人が感じているのは下取り以外にもっと高く売る方法があるのかどうかという点である。

カーディーラーでの下取りしか経験がない場合、わからないケースが多いかもしれない。実際のところはどうなのだろうか。下取り以外で高く売却できる方法はあるというのが結論である。それは買取業者での査定だ。

買取業者はカーディーラーよりも高値で買い取りが可能な流通経路を確立しているため、ディーラーでは考えられないような高値で売却ができるのである。つまり下取りはできれば避けたほうが良いといえるのだ。

交渉中

車を高く売るための10の交渉術【買取業者との価格交渉の極意】

だれでも自分の愛車は1円でも高く売りたいと思うものである。新車と違って中古車の場……続きを読む

車下取りの査定額が安いのはなぜ?

グラフ

カーディーラーでの愛車の下取り金額に満足できたと感じるユーザーは少ないのが実情だ。その理由は簡単である。なぜなら車買取業者のほうがより高く買い取ってくれるからだ。

インターネットで多くの情報が手に入るため、買取業者への売却のほうが良いことを多くのユーザーは既に知っているのである。

ではなぜ車下取りが安くなってしまうのだろうか。カーディーラーの車下取りとは、買い取った車を購入する車の代金に充てるいわば値引きの一環として行なうものである。

つまり、買い取った後の車については高く売却することはあまり考えておらず、新車や中古車販売に注力しているのだ。

車下取りが安くなってしまう理由

車下取りが安くなってしまう理由は、下取り後の車の扱い方に問題がある。下取りした車は系列の中古車センターに売却するか、自社で代車として利用するといった方法で活用するのが一般的だ。

それに対して買取業者は買い取った車をより高く売却するために、国内はもとより、海外にも流通経路を伸ばして少しでも高く売る企業努力を続けているのである。これが買取業者とカーディーラーとの大きな違いなのだ。

この違いがカーディーラーの下取り価格が安いことにつながっていることを知ってほしいのである。

下取りVS買取価格

車種 年式 下取相場(万円) 買取相場(万円) 差額(万円)
プリウス(トヨタ) 2009 47 72 25
ワゴンR(スズキ) 2011 30 45 15
フィット(ホンダ) 2009 7 40 33
オデッセイ(ホンダ) 2013 140 157 17
アクア(トヨタ) 2014 78 109 31

下取りに出す前に買取専門店で査定する

査定

カーディーラーでの車下取りとは新車を売るためのサービスの一環で行われているのが実情である。サービスという言葉からもわかる通り、下取り査定額はカーディーラーがそれほど力を入れて決めているわけではないということなのだ。

このことを知っているユーザー諸君は下取りに出す前に、買取専門店での査定を行っている。その理由は簡単だ。下取り査定額を上げるもしくは高値で車を売り、新車をより安く買うためなのだ。

下取りに出す前にまず買取専門店に行くのにはメリットがある。買取業者で近く新車を購入する予定であることを伝えると、査定士は真剣に査定を行うからだ。

なぜ査定士は真剣に査定を行う?

メンテナンス

なぜなら確実に愛車を手放すことになるので、買取業者の商品が増えるチャンスになるからなのだ。買取業者の査定士はそのことを踏まえて査定を行うため、高値査定が出る場合が多い。

査定額が提示されたなら、それをもってカーディーラーへ行ってみよう。下取り査定額をアップさせるもしくは値引きをさらに多くすることで対抗するはずだからだ。

もし下取りや値引き分があまり上がらなければ買取業者へ売却しよう。そうすることで新車をより安く購入できるからだ。

車下取りでよくあるQ&A

話し合い

車下取りの査定額をアップするためには?
結論から言うと、競合他社のディーラーや他の車買取店と相見積もりする方法だ。さらに高く売るなら、車一括査定を利用して高額な査定額を事前に出した状態で購入するディーラーと交渉するのがおすすめだ。
下取りの代車、どのディーラーでも貸してもらえるの?
基本的には貸してもらえる。車の引き渡しと納車日が異なる場合もある。しかし、ディーラーなら車という交通手段がなくなることなく、代車を借りれるので安心だ。

まとめ

笑顔の男性

カーディーラーの下取りはこれまではごく普通に行われてきた愛車の売却方法である。

ところが買取業者の出現により、その構造が大きく変わったのは言うまでもない。買取業者はできるだけ高く車を買取し、さらに高値で売却する方法を採用することで利益を上げているのだ。

カーディーラーもそれに対抗すべく、メーカー系列の買取り専門店を設立したが、競争力から言えば大手買取業者よりも劣勢になっているのだ。このことはユーザーである我々にも大きな影響を与えるに違いない。

カーディーラーの車下取りは値引き分として行われる

カーディーラーの車下取りとは、新たに購入する車の値引き分として行うのが普通である。値引きという概念からもわかる通り、現金授受が関係しないため、ディーラーとしては力を抜いてしまいがちな分野である。

しかしユーザー側はネットなどの情報を収集することで、より高く売る方法を知っているため、下取りよりも買取業者への売却を選択するケースがますます増えているのだ。

ディーラーもその事実を知らないわけではない。ここで説明した方法で買取業者とディーラーを競合させれば、より高く愛車を手放すことが可能である。

少しでも高く売却し、新車をより安く購入することができればユーザーのメリットは大きくなるといえるのである。