車の売却時には思わぬ費用を請求されることがある。特にディーラーに下取りに出す場合、予期していない経費が見積もりに含まれているケースがある。

下取査定料や下取諸費用という名目で、売る側が気付かないうちに費用が買取額から差し引かれてしまうことも多々あるのだ。

損をしないために正しい情報を知っておくことはとても大切になってくる。ではディーラーに下取りに出す場合、大抵必要経費として請求されることの多い諸経費にはどんなものがあるかを見ていこう。

車下取りにかかる諸費用の種類

ペンと電卓

車を乗り替えたいと思った場合、ディーラーに下取りに出すという人は多いことだろう。面倒な手続き不要で、スムーズに新車に乗り換えられるとあって、このサービスを利用する人は確かに多い。

しかしできるだけお得に愛車を手放したいと思うのであれば、少し立ち止まって考えてみることをおすすめする。下取りにかかる経費として高ければ数万円も請求されることがあるからだ。

では車をディーラーに下取りに出した場合、一体どんな費用がかかるのだろうか。それは下取諸費用と下取査定料と呼ばれるものである。これからこの2種類の費用について説明を加えていこう。

下取諸費用

ヨーロッパのお金

下取諸費用とは、別名「下取車手続代行費用」とか「下取車諸手続代行費用」などと言われることもある。要は、下取りした車を廃車にしたり、車の名義をディーラーに変更したりするための手数料のことである。

ディーラーによって多少差はあるものの、この費用は大体5,000円~15,000円が相場とされている。例えば、以前にローンを組んで新車を購入したとしよう。

そしてローンを払い終える前に車を売却しようとする場合、所有権はローン会社になっていることがある。それでローンを完済して所有権を解除し、その後名義を変更する必要が生じる。

廃車にする場合にも、「解体証明書」を業者からもらって、陸運支局で手続きをすることが必要だ。

このような手続きは自分でも行えるものであるが、少々手間がかかるため、ディーラーにお願いすると代行費用として多額の手数料を請求されてしまう。

査定料

携帯電話

査定料というのは、下取りする金額を出すために車の査定を行なうための手数料のことである。中古車自動車査定士としての資格の有する人が査定を行なうため、そのための人件費として請求される。

相場は5,000円~10,000円程度とされている。この経費は、新車を購入する際の値引き額から引かれている場合もあるので注意が必要だ。

しかしこの査定料、実は払ったことがないという人は意外に多い。数年に1度のペースで車を乗り替えている人でもである。

交渉次第でカットしてもらえる可能性が非常に高い費用なので、「他店では一切かからなかった」などといって、上手に交渉してみると良いだろう。

買取専門店は査定料が無料

カーショップ

下取査定料というのは本来払う必要のない手数料である。もしディーラー側が値引き交渉に応じてくれないのであれば、買取業者に売却してしまうというのも一つの手である。

買取店は査定を無料で行うのが常識なのだ。インターネット上での無料一括査定サイトを利用すれば、複数の買取業者が無料で自宅まで出張査定してくれる。

ちなみにおすすめの一括査定サイトはカーセンサーだ。

カーセンサー

【カーセンサー批評】買取査定のプロが口コミ&評判を徹底分析

口コミでの評判が高く、紹介しているサイトでも高評価を集める大人気の一括査定サイト……続きを読む

中古車専門の買取店では下取諸費用と下取り査定料がかからない上、査定額がディーラーよりも高くなる可能性が十分にある。

それで愛車を少しでもお得に手放すためにはディーラーでの下取りにこだわらず、中古車買取専門店に依頼するという選択肢も考慮してみると良いだろう。

車下取り時のリサイクル料金について

タブレット 男性

平成17年1月1日から、車を購入する際にはリサイクル料を支払うことが義務付けられるようになった。これは簡単に言うと、自分の愛車を廃車にする時にかかる費用のことである。

普段はリサイクル料について特に気に留めることはないかもしれないが、車売却時にはいろいろと疑問がわいてくるかもしれない。

ではこれから、リサイクル料とは何なのか、下取り時にリサイクル料は返金されるのか、いくらくらい戻ってくるものなのかといった点について順を追って説明しよう。

下取りの際にもらった見積もりには明細が明記されておらず、車購入の明細と一緒にされてしまっている場合もあり、後からこれは一体何のための費用なのか確認できないこともある。

それでリサイクル料に関する知識をしっかりと身に付けて、売却前にはディーラーに自分から確認できるようにしておくと良いだろう。

リサイクル料金とは?

スマホをさわる男性

リサイクル料というのは、自動車リサイクル促進センター「中古車として手放すとき」によると「自動車リサイクル法」によって定められているもので、使用済みの自動車のリサイクル、適正な処理を行なうための費用のことである。

この法律は平成17年1月1日より施行されており、すべての車所有者に払う義務が課せられている。

車の購入時に購入者がリサイクル料を支払い、廃車になるまでは自動車リサイクル促進センターが預かり、実際に廃車にする時、解体業者などに支払われることになっている。

リサイクル料はフロン類、エアバッグ類、シュレッダーダストの引き取り時に支払われ、車種によってその料金は異なる。

ちなみにシュレッダーダストとは、廃車を解体して使える部品を選別回収した後に残るプラスチック、ガラス、ゴムなどの廃棄物のことである。

自動車リサイクル促進センター「自動車を購入するとき」によるとリサイクル料を車の購入時に支払うと、リサイクル券という証明書がもらえる。このリサイクル券は大抵の場合、車検証と一緒に保管されている。

では自動車リサイクル法が施行される前に購入された車のリサイクル料はどうなっているのだろうか。この場合は施行されてから直近の車検時に支払われているはずである。

支払いの覚えがない場合は?

全く支払った覚えがないという方でも、車検時にディーラーなどがリサイクル料の手続きを行なってくれていることがあるので、リサイクル券が手元にあるか一度確認してみると良いだろう。

いずれにしても車を購入した際に、もしくは車検時にリサイクル料を支払っているので、必ずリサイクル券を保有しているはずだ。

リサイクル料は前払いされているものということは、理論的には廃車にせず下取りに出す場合には戻ってくるということになる。ではその点について次に見てみよう。

車下取り時のリサイクル料金は戻ってくるのが原則

交渉中

基本的に車下取り時にリサイクル料は戻ってくると考えて良いだろう。

なぜならリサイクル料というのは、車所有者の意思に関わらずすべての所有者が支払っているものであり、廃車の時の処理費用として前もって支払われているものだからである。

それで下取りに出すだけで廃車にするわけではないのであれば、リサイクル料は必要ではないということになる。

それで、原則としてリサイクル料は返還され、次にあなたの愛車を購入する人が支払うことになる。

ということは、車を買い替える際には新車であろうと中古車であろうと、毎回リサイクル料を支払う義務が生じるということもご理解いただけるだろう。

では一体いくらぐらい返還されるものなのだろうか。

軽自動車と普通車ではリサイクル料が違う

グラフとメモ

通常、リサイクル料として普通車は10,000円~20,000円軽自動車は7,000円~15,000円ほどを支払っている。これは自動車のメーカーや車種、エアバッグなどの装備によっても変わってくるものである。

正確なリサイクル料の金額が知りたければ、「自動車リサイクルシステム」のホームページ上で車台番号、登録番号を入力すると照会できるようになっている。

基本的には車を下取りに出した時に、事前に支払ったリサイクル料が全額返金されることになる。もしもリサイクル料を支払ったという証明書となるリサイクル券を紛失してしまった場合、再発行してもらうことはできない。

しかし前述の「自動車リサイクルシステム」のホームページから「リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば、そのままリサイクル券として使用することができる。

【対処法】下取り査定額に含まれている可能性も

交渉

基本的には戻ってくるはずのリサイクル料なのだが、実は下取り時にディーラーが見積もった査定額の中に含まれていることも多いのが現状である。

それで一部の買取店などではこのリサイクル料を別途支払ってくれるところもあるが、個人的に返還してくれるケースは少ないと言わざるを得ない。

最近ではめっきり少なくなったものの、以前は査定額にリサイクル料を含めず、まるまる業者の利益としていた悪徳業者も存在していたようである。

それで念には念を入れて、愛車の査定額の中にリサイクル料が含まれているかを確認すると良いだろう。

諸費用・査定料・リサイクル料も値引きの交渉をする

握手

これまで見てきたように、下取諸費用や査定料というのは本来払う必要のない費用であるため、交渉次第ではそれらの費用を値引きしてくれることもある。

またリサイクル料に関しても、廃車にするのでない限り基本的には返還されるものであるので、リサイクル料が査定額に反映されているかをきちんと確認してみることも大切なポイントとなる。

車を下取りに出す側が無知であれば、知らないうちにそれら払う必要のない費用を手数料として差し引かれていることも多々ある。

まとめ

ノートを取る男性

ディーラーの車下取りには思わぬ費用がかかって、下取り価格から差し引かれてしまうことも少なくない。結局何の費用かも分からないままということ多々ある。

では下取りにかかる諸費用としてどんなものがあるのだろうか。まず下取諸費用という名目で5,000円~15,000円ほど、査定料という名目で5,000円~10,000円ほどである。

実はこれらの費用、本来は支払う必要のない手数料である。下取り費用として名義変更や廃車手続きの代行手数料がかかる場合、他のディーラーでは請求されなかったと言って交渉してみると良いだろう。

値引きをしてくれない場合

もしどうしても値引きしてくれないのであれば、自分で行なうことも可能である。査定料に関しても、買取業者であれば無料で行っているところがほとんどである。

それで交渉次第では値引きしてもらえる可能性もあるので、是非チャレンジしていただきたい。さらにリサイクル料に関しても、廃車にするのでなければ原則戻ってくるものである。

中には下取り査定額に含まれているケースもあるので、別途返金という形にはならないかもしれないが、リサイクル料が査定額に含まれているかはよく確認した方が無難だろう。

愛車を少しでもお得に手放したいのであれば、下取り時にかかる費用の内訳にも注意を払うことをおすすめする。