車を売りたいと思う方は、中古車販売店やディーラーに下取りや買い取りをしてもらうのが一般的です。最近ではネットオークションで個人売買する方も増えています。

業者に売るにも、個人売買するにも、自分の車の価値が分からないと、それが妥当な金額かどうか見当もつかないでしょう。中古車は同じ条件の車などほぼありません。

たとえ、販売されている中古車をチェックして自分の車と同条件の車が売られていても、価格は日々変動しますし、車の状態も違うので参考程度にしかならないでしょう。そのため、業者の言い値で売ってしまう方も少なくありません。

車を売る場合に大切になってくるのが、自分の車の査定相場です。だいたいこれくらいが相場だろう、ということが分かれば、業者の査定額が妥当なのかも分かります。

もし、査定相場よりもはるかに低ければ、交渉次第ではさらに買取額をアップできる可能性があります。

そしてその査定相場は市場価格に合わせて日々変動します。車は日が経つにつれて価値が下がっていきますから、できるだけ高く売りたいという方は、すぐにでも車買取のための準備を始めましょう。

そのためにも、まずは自分の車の査定相場を知ることが第一ステップです。

市場価格と需要から決まる査定相場

車を売る方にとっては、自分の車の査定相場が一番気になるところです。査定相場はまず市場価格がポイントになってきます。

市場価格とは、買取された車が最終的に市場に並ぶ(中古車として販売される)価格のことです。市場価格はその車の需要によって変動します。

その車を欲しいと思う方が多くいるようなら、中古車販売店は市場価格を上げますし、需要がない車なら売り抜くためにはどうしても市場価格を下げざるをえません。

市場価格が高くなれば、当然査定相場も高くなりますし、市場価格が低くなれば査定相場は低くなります。車買取業者も高く売れる車なら、他社で買取されないように高い値をつけるものですが、人気がない車は売れ残るリスクを考えたら無理をして買取しません。

基本的にどこの車買取業者でも同じ気持ちですから、需要がない車は思った以上に買取価格が低くなる傾向にあるのです。車を売る場合には、まずは自分の車の需要をチェックし、査定相場を見極める必要があります。

市場価格も高く人気のある車なら、車買取業者も高値をつけますし、交渉次第では査定相場よりも高くなる可能性があります。逆に不人気の車だと、査定相場よりも下回る可能性もありますので、査定相場ならOKとするのが妥当でしょう。

中古車の相場には3つの価格帯がある

車を売る場合にポイントになるのが中古車の相場です。相場が分からないと買取店や販売店との交渉もままなりませんし、大切な車を安く手放してしまう恐れもあります。

中古車の相場には、大きく分けて3つの価格帯があります。それが買取相場・オークション相場・店頭相場です。一般の方が車を売る際に参考にするのが買取相場とオークション相場で、車を購入する方が参考にするのが店頭相場です。

一番高いのが店頭相場で、その価格から仲介業者の経費や利益分を差し引いたのが買取相場・オークション相場になります。あくまでも相場ですので、この価格よりも実際の価格は若干上下しますし、日々変動するものです。少しでも高く売りたい方はしっかりチェックしましょう。

1.買取相場(買取店や販売店に売る価格)

買取店や中古車販売店・ディーラーに車買取・下取りしてもらう場合には、買取相場がポイントになります。店頭相場はおおよそ決まっており、買取相場は店頭相場が基準になります。

業者からすれば買取相場よりも低く買取できれば、利益が多くなり、相場より高く買取すれば利益は少なくなります。

業者は利益を大きくしたいため、できるだけ買取相場よりも低くしたいものです。ただ、あまり低くし過ぎると買取できない、もしくは他の業者に売られてしまう可能性があります。

そのため、競合する買取店や販売店があれば、極端に低くできませんし、人気車種だと買取査定額を高くしてでも買取したいものです。店頭相場はほとんど変動がありませんが、買取相場は交渉次第で高くなる可能性はあります。

2.オークション相場

オークションは一般的に買取店などの業者が出品して、販売店が購入するものです。基本的に業者間のオークションになりますが、オークション代行業者を利用すれば個人でも出品可能です。その際にポイントになるのがオークション相場です。

オークション相場は、法人向けの中古車相場情報誌でチェックできますし、オークション代行業者が準備している相場検索システムでもチェック可能です。

オークション相場は店頭相場よりも大幅に低くなりますが、買取相場よりも高くなる事もあります。ただ、売れない場合はオークション代行費用だけが無駄になってしまいます。

また、買い手がつかない場合は買取相場よりも低くなる可能性もあり、リスクのある方法と言えるでしょう。

3.店頭相場(店頭で売られる価格)

店頭相場は、中古車販売店などで売られている中古車の価格相場になります。店頭相場は、買取相場やオークション相場の基準となる価格で、基本的にそれらを下回る事はありません。

そして、店頭相場が重要なのは車の購入を考えている方であり、車を売りたい人にとってはあくまで参考程度に過ぎません。ただ、需要があるかを知る方法にはなるでしょう。

店頭相場を知るには中古車販売店を回ってみる方法がありますが、最近ではネットでもたくさんの中古車情報サイトがあるので、いくつかのサイトをチェックして比べてみるといいでしょう。

ただし、店頭相場も日々変動しますので、定期的にチェックしないと知らない間に大幅ダウンしていることもあります。

【実演】3つの相場を調べる方法

買取相場、オークション相場、店頭相場の3つの相場を調べる方法はいろいろあります。ただ、自分が売りたい車だけの情報を集めて比較するとなると、かなりの労力になるものです。

今はいろいろと便利なサイトがたくさんあり、これらの3つの相場を調べるのに適したサイトもあります。これらのサイトを活用すれば、より早くその車の価値がわかるでしょう。

ここではより使いやすく、なおかつよりリアルな相場をチェックできるオススメのサイトを紹介します。

みんカラ買取相場(買取相場)

買取相場を調べたいという方は“みんカラ買取相場”をチェックしてみると良いでしょう。みんカラ買取相場は、carview(カービュー)が運営している中古車買取相場比較サイトです。

みんカラ買取相場では、知りたい車の情報を入力するだけで一般的な買取相場、実際に買取された金額が一度にチェックできます。

買取価格は査定日時によっても大きく異なりますが、実際の査定時期も掲載されているのでその点も安心です。さらに、一括査定を申し込んだ時の査定会社の件数、そしてその査定差額まで明確に載っています。

これを見るだけでも、いかに複数の車買取業者に査定してもらうことが重要なのかが分かります。実際に人気車種“プリウスα”の査定では、査定額に60万円もの差がついたケースもあります。

自分の車の情報とちょっと異なるデータしかないというケースもあるでしょう。また、今売ろうか、来年売ろうかまだ検討中という方も少なからずいます。

そんな時でも、シミュレータによって詳しく査定額がわかります。

  • 現在の走行距離でどれくらいの価格になるのか
  • 1年後、2年後ならどこまで下がるのか
  • 走行距離も1万kmもしくは2万km増えたらどこまで価格が下落するのか

このような項目もすぐにシミュレーションできます。車種や年式によっては1年経過すると大幅に価格が下がってしまうものもありますから、今売るべきか、ちょっと待ってもいいのか参考になることでしょう。

ただし、これだけ詳細に買取相場のデータがチェックできる“みんカラ買取相場”でも、車種によっては買取実績が少なく、あまり参考にならないものもあります。

またそもそも中古車は一つとして同じものはないので、買取相場と実際の買取額とでは差が出てしまうものです。ですので、ある程度の買取相場が分かったら、実際に一括査定を申し込んでみるといいでしょう。

carviewなら一度に最大8社までの一括査定が、わずか1分で申し込みできます。まずは参考までに申し込んでみるといいでしょう。

オークサポートのオークション相場(オークション相場)

オークション相場を知りたい方は、オークサポートというサイトで検索できます。オークサポートは、オークション代行をおこなっている業者です。

このサイトの相場検索機能は全国で開催されたオートオークションのデータに基づいて作成しており、実際にオークションのプロが利用しているので、より的確かつ豊富な情報が入手できます。

メーカーから車種を検索でき、グレードや年式、ボディーカラーなどをチェックして検索するだけでOKです。より細かく検索をかけることで、自分の車のオークション相場が分かってきます。

あくまでこれは相場であって、実際にオークションに出品する場合には、自分で価格を設定することができます。とにかく早く売りたい、確実に売りたいという時には、同条件の車よりも安く設定するといいでしょう。

逆に、相場よりも高めの価格を設定してしまうと売れない可能性もあります。プロもこのオークション相場情報をチェックしているのですから、駆け引きが難しいところです。そのため、プロに相談して売却価格を設定したほうがいいでしょう。

もし、オークションを利用して車を売りたいという方は、売却までにかかる経費も計算が必要です。ちなみに、オークションサポートを利用した場合、代行手数料として3万円、出品するのに1回9,000円、成約すればさらに9,000円かかります。

また、オークション会場へ車を陸送するのにその費用も負担しないといけません(自分で持っていく場合はかからない)。ちなみに陸送料金は東京~大阪間だと2万5,000円~3万円ほどかかります。

万が一、買い手が見つからなかった場合は成約料を除く費用がかかるので、その費用が無駄になります。高く売りたいと最低落札価格を高めに設定してしまうと売れない可能性がありますし、逆に安すぎても経費負担が大きくなります。

ですので、しっかりとオークション相場をチェックして、確実に売れる価格で、それでいて損をしない価格を設定しないといけないでしょう。

カーセンサーの中古車相場表(店頭相場)

実際に車がどれくらいの価格で売られているのか、店頭相場を知るには、実際に売られている中古車販売店のサイトをチェックすれば分かります。

とはいえ、扱っている車種は非常に多く、また中古車は条件によって店頭価格も大きく異なるので、比較するには自分で表に書きだしたりしないと分かりにくいでしょう。

そんな手間を省き、店頭相場が分かりやすいのが、カーセンサーの中古車相場表です。

カーセンサーは日本最大級の中古車情報サイトで、常に40~50万台もの中古車販売情報が掲載されています。カーセンサーの中古車相場表では、メーカー、車種をチェックするだけでどれくらいの価格で販売されているのかが分かります。

ちなみに、トヨタのアクアで検索してみると、実に7,000台もの中古車販売情報がチェックできます。

実際、店頭相場は車を買いたい人にとって有力な情報ではあるのですが、車を売りたい人にとってはその相場はあまり参考にはなりません。『店頭相場より確実に低くなる』ということは分かりますが、そこから買取相場を推測するのは難しいでしょう。

ただカーセンサーの中古車相場表では、現在どの年式・走行距離の車が多く売られているのかがわかる分布表にもなっています。つまり、どれが品薄でどれが溢れているのか分かるのです。

多く売られている車だと、買取相場もそれほど高くならない傾向にあります。それが分かるだけでも買取業者と交渉する際の参考になるでしょう。

また、同サイトでは、中古車相場から推測した買取相場もチェックできます。あくまで推測ですが、車を売りたい人は一つの参考になるでしょう。

車を売りたいという方はおそらくそれと引き換えに新しく車を購入することでしょう。車の買取額に応じて購入する車を決めるという方も少なくありませんが、そんな時にもカーセンサーの中古車相場表は非常に役に立ちます。

非常に多くの中古車情報が載っているので、予算内で購入できる好みの車も見つけられることでしょう。

中古車の査定額の決まり方(基本価格±加減点=査定価格)

中古車査定額は、車買取業者が任意に設定するわけではありません。もちろん中にはそういった相場から算出する業者もあるでしょうし、まったく参考にもせずにかなり安い査定額を提示してくる悪徳まがいの業者もあります。

ただ、ほとんどの買取店では、基準となる価格があります。

基準となるのが日本自動車査定協会が毎月設定している“査定基準価格”です。これは支所ごとに市場実績をもとに算出された価格であり、査定する車の標準的な状態の価格を示しています。

査定基準価格(財団法人日本自動車査定協会が定める標準的価格)や、類似車両が市場で流通している場合にはその相場価格。

ただ、買取業者は実際にその車を買取した後には標準的な整備が必要になりますし、修理が必要な車ならその修理費用もかかります。また売れるまで日々経費がかかりますし、車の価値も下がります。それでいて業者の利益も必要です。

そういった経費や減価、利益を差し引いた額が“基本価格”となります。

さらに実際に車の状態を確認して、基本価格から加減していくのが査定です。加減点も決まっており、標準な状態よりも悪いポイントがあれば査定額は低くなります。このような流れで提示される査定価格が決まります。

ただ、その査定価格が必ずしも買取額になるわけではありません。交渉次第で高くなる事もありますし、売買契約までに時間がかかれば車の価値が下がり、安くなる事もあります。

基本価格の決まり方

中古車の査定の際に基本となるのが“基本価格”です。まずその車の状態に関係なく、メーカー、車種、グレードでどれくらいの価値になるのかという査定基準価格がもとになります。これは日本自動車査定協会が各支所毎に市場実績として毎月設定しています。(参照:日本自動車査定協会「査定の方法」)

実際に車を販売するまでには、標準となる整備が必要ですし、買取(査定)から販売までは日数があるので、車の価値は日々下がってしまいます。

また、修理が必要な場合には、その部品価格、外注費用もかかります。販売店の利益も当然考えなければいけません。そういった標準整備費、標準諸掛、特別調整などを差し引いた額が基本価格となります。

これらの経費は、業者ごとに独自で算出しているものです。

加減点の決まり方

基本価格は、そのまま査定額になるわけではありません。車査定では基本価格から、実際に査定員が車の状態を確認して、加減点を決定します。車両本体でいえば、外装・内装に傷やへこみ、汚れがないか、エンジン・足回り、電装に不具合がないか確認します。

その他には、タイヤの磨り減り具合、走行距離、また車検や自賠責の残り、修復歴・事故歴、その他装備品の有無によっても加減されます。

これは必ずしも基本価格からマイナスされるだけではありません。標準状態よりもボディーが綺麗、走行距離が少ない、エンジンの状態が良い、などであれば点数が加算されます。

基準となるのは新車の状態ではなく、経過年数相当の状態です。そのため、どうしてもついてしまうボディーの細かい傷があっても減点されないケースもあります。

査定価格の決まり方

車を売りたい方にとって重要になるのが査定価格です。査定価格は基本価格から加減点をした価格になるのが基本です。そうなるとどこの買取業者でも同じくらいになると思われがちですが、実はそうではありません。

査定基準価格から業者の経費を差し引いたのが基本価格ですが、その経費の算出は業者ごとに異なります。全国に店舗を持つ大手なら、すぐに売れる可能性があるので売れるまでにかかる経費を抑えることもできます。

また自社工場を持つ業者なら、外注せずに自社で修理できるので、その点でも経費を抑えられるでしょう。それらによって査定額は大きく違ってきます。そして、業者の利益も含まれているので、交渉次第では査定価格をアップすることも可能です。

買取店によって査定額が違う理由(需要と在庫)

中古車査定額は買取店によって大きく差が出ることがあります。10万円以上の差がつくことも少なくありません。それは、買取店の利益も関係しますし、またリユースまでにかかる経費や販売力も関係があります。

それ以外に需要によっても違いがあり、需要がある車は非常に高く売れます。ただ需要に対して充分なほどの在庫がある買取店では、売れ残る可能性もあるので、それほど高い査定額を付けないケースもあります。

逆に、今その車を欲しい、という方がいれば、売れるまでの減価を考える必要がないので、査定額も高くできるというわけです。同じ車が在庫としてかなりある場合には、たとえ人気車種だったとしても査定額が低くなる事もあります。

大ヒットした超人気車種の買取や下取は安くなる!

中古車査定額は、中古車市場で人気がある車ほど高くなります。そのため、交渉次第ではどんどん買取額が高くなる可能性は十分にあるでしょう。ただ、ここで勘違いしてはいけないのは、大ヒットした超人気車種が必ずしも中古車市場で人気があるとは限らないということです。

その理由の一つには需要と供給の関係があります。大ヒットした超人気車種だと、当然販売台数も多くなります。そしてある程度の年数が経過したら、車を買い替える人が多いので、その超人気車種は中古車市場に出回ります。

どのような商品でも高く売れるのは需要に対して供給数が少ない場合で、この場合は逆になってしまい、どうしても価格は下落してしまうのです。

超人気車種の買取・下取が安くなるもう一つの理由が、時代の流れです。

一部の車を除き、その時代によって人気車種は変わります。これまでもスポーツタイプやRV車が爆発的な人気を博した時もあれば、セダンが人気だった時代もあります。また、少し前まではステーションワゴンタイプも人気があり、今はエコカーブームです。

つまり、昔は超人気車種だったのが、今は人気がなくなっていることも当然あるのです。

よく車を買う時は買取時の事を考えて人気車種を買った方が良い、といわれますが、実はそうでもないケースもあるので注意しましょう。

買取店を競合させて最も高いところで売る(相見積もり)

車の鍵

車を少しでも高く売りたいと思っていても、つい買取店の言い値で売ってしまう人もいますし、買取交渉をして数万円のアップを勝ち取って喜んでいる人もいます。もちろん、場合によってはそれが一番高値になるケースもありますが、たいていはかなり安く買い取られています。

そうならないためには買取相場をチェックしておくことも重要ですが、それ以上に大切なのが複数の買取店に査定してもらい、競合させることです。

買取相場をチェックしても、車の状態は1台1台異なりますので、相場を見て買取交渉しても「標準よりもエンジンの状態が悪いのでマイナスされます」と言われると納得させられてしまうでしょう。

買取店を競合させれば、業者の販売力や在庫など様々な状況により、必ず査定額が高いところと低いところが出てきます。

そして買取店では車を買取しないことには利益は生まれませんので、他店に買取されるくらいなら、利益を少なくしても買取したいと思うのです。特に中古車市場で人気のある車種ほどその傾向が強くなります。

できるだけ多くの買取店に査定してもらうのが理想ですが、そうなると時間がかかってしまい、車の価値が下がってしまう恐れもあります。そんな時はネットの一括査定を利用すれば、一度に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。