以前と違ってネットがある今では、車の個人売買は敷居が低くなった。しかし、販売業者との取引では必ず交わす契約書を用意しないがために、思わぬトラブルが起こることも多い。

たとえば、よくあるのが名義変更にまつわるトラブルだ。

自動車税は車の所有者が支払うことになっている。その納付通知書は4月1日時点で所有者のもとに届くため、名義変更が遅れると売却したはずの車の税金を支払わなければならないなんてことにもなってしまうのだ。(参照:廃車や譲渡をしているのに納税通知書が市区町村より届いてしまう場合)

また、そういった手続き面だけのことではなく、見ず知らずの相手と高額な取引をするため、お金に関するトラブルも多い。

中古車とはいえ現金一括で支払うのは難しく、中古車の購入でローンを利用する人は多い。しかし、個人間の取引では支払いを先延ばしにするほど、「払った」「払わない」と揉める元凶となってしまうのだ。

また、新車ではなく中古車の売買であるから、取引時点ではなかった故障が後から発生することも十分あり得る。

「欠陥車を売りつけやがって」などと、売った相手に恨まれるなんてリスクも伴うことを知っておこう。

このように多くのトラブルが潜在する車の個人売買であるから、少なくとも正式な契約書を交わすぐらいの備えが必要だ。

お互い損をしない売買契約&トラブルを避ける方法

車のを修理する中古車業者に車を売る場合、査定によって適正な買取価格が提示される仕組みが出来上がっている。

単にその車の状態だけでなく、それが現在中古車市場でどのぐらいの価格で取引されているかといったことも考慮に入れて決定される金額であるから、まともな業者に売却すれば極端に損をすることはない。

しかし、車の個人売買は素人同士の取引であることがほとんどだから、相場とはかけ離れた金額で合意に達することもある。

一方が得したと思っても相手は損をしているものであり、その逆もまたしかりなのだ。

お金が絡むとどうしても揉め事になりやすいため、以下に適正価格や代金の受け渡しなどについて、個人売買での注意点を解説する。

正確な売値&買取価格を知るのに「査定」を利用する

パソコンで査定する個人売買ではたとえお互いに合意のうえで価格を決めるとしても、それが相場に照らして適切な値段なのかということはなかなかわからないものだ。

そこで大いに参考になるのが車の査定である。

中古車買取業者に車を売却する場合、買取価格は査定の結果で決まることは多くの人が知っていることだろうが、その際、日本自動車査定協会の定める基準によって査定が行われることはご存知だろうか。

査定は、中古車の価格を決める重要な仕事であるだけに、その考えや方法にいろいろなものがあると、社会が混乱することになります。査定協会では「中古自動車査定制度」を設け、これに賛同する自動車販売業者(査定業務実施店)と共に、適正査定の浸透を目指しています。

つまり、日本自動車査定協会が定めた査定士の資格を持つ人が車を査定すると、同一の基準で査定が行われるため、同じ車なら誰が査定しても同じような結果になるということである。

もちろん実際に提示される買取価格は、業者ごとの利益の取り方やその時の流通状況などによって影響を受けるため、いつでもどこでも同じ価格ということはない。

しかし、少なくとも同じ基準で査定されるため、店ごとに査定額が極端に違うなんてことにはならない仕組みになっているのである。

個人売買でも適正な売却価格を知るには、こうしたプロの査定結果を参考にしてもらいたい。自分の車の査定額を知る方法はネットも含めいくつかあるので、ぜひそれらを利用しよう。

具体的には以下4つの方法がある。

  1. ディーラーの下取り価格を把握する
  2. 中古車相場を知る
  3. ネット一括査定で査定額を知る
  4. 買取店に足を運び査定してもらう

1.ディーラーの下取り価格を把握する

ディーラーから購入した車であれば、そのディーラーに車を持って行って下取り価格を聞くのが最も簡単な方法だろう。

世間では下取りは相場より低めの価格が提示されると言われるが、初めて車を売却しようという人なら、ディーラー以外の見ず知らずの業者に車を持ち込むことに不安を覚えるという人も多いだろう。

その点、ディーラーにとってはあなたは大切なお客さまであるわけだから、「下取り価格を知りたい」と言えば誠意をもって答えてくれるはずである。

ただ、ディーラーでの下取りは、そのディーラーで新車を購入することが前提であるということも確かである。

査定してもらって下取り価格だけ教えてもらい、そのディーラーに売らないというのも心情的にやりにくい人もいるだろう。

そういう場合、メーカーの公式サイトで下取り相場を調べる方法がある。

たとえばトヨタには「下取り参考価格情報」、日産には「下取り参考価格シミュレーション」というページが公式サイトにあるので、そこに車の情報を入力すればよい。

これらのページが便利なのは、他社の車でも下取り価格を出してくれるところだ。

2.中古車相場で調べる

リクルートグループの運営する「カーセンサーnet」という中古車買取総合サイトがある。

そのトップページから、売りたい車の「メーカー車名」「地域」「価格」を選択し、検索ボタンをクリックするだけで、その車種が自分の住む地域でどのぐらいの価格帯で販売されているかを知ることができるのだ。

カーセンサーnetをおすすめする理由は、その車種の中古車がいくらぐらいで販売されているかの平均価格を知れる点だ。

カーセンサーnet以外にも中古車価格を調べられるサイトはいくつも存在するが、そういうサイトのなかには、現在の最高値と最安値はすぐにわかるが、平均価格がわかりにくいものが多い。

同じ車種でも、値段が付かないような車からカスタマイズされた数百万円もするような車まで含まれるので、自分の車の適正な売却価格を調べるには向いていない。

その点、カーセンサーnetなら地域ごとの現在の販売価格を知ることができるため、個人売買で離れた土地で取引する場合も、自分の住む地域だけでなく相手の地域の相場も参考にできるというメリットがある。

ただし、掲載価格は販売価格であって売却価格ではないことは注意しておきたい。

3.【編集部おすすめ】ネットの車一括査定で相場を調べる

ネットの車一括査定とは、一度に複数の業者に車の査定を依頼できるサイトのことである。

ガリバー、ビッグモーター、ラビット、アップルなど大手の中古車業者から、なかには個人経営の中古車買取業者まで、さまざまな業者の査定結果を知ることができ、車の売却を考える人にはメリットの多いサービスだ。

複数の業者に一括で査定を依頼するというシステムは、当然ながらそこに参加する業者も心得ていることなので、自然と業者間で競争が発生し、他社に負けじと通常より高く買い取ってもらえる可能性が生まれる。

これまで車の売却価格を知ろうと思ったら、ディーラーに下取り査定を出すのが一般的な方法だった。

しかし、ディーラーの下取りは、基本的にそこで新車を購入する客に対するサービスであり、また、ディーラーは中古車買取の専門家ではないため、買取価格はどうしても抑えめになる傾向がある。

その点、ネットの車一括査定では中古車販売に特化した業者の査定が受けられるため、ディーラー下取りよりも高額が付きやすい。

サイトに個人情報を入力するため高確率で営業電話がかかってくることに注意が必要ではあるが、回避法もあるので上手に使えば個人売買にも利用できる。

電話

車一括査定は勧誘電話がしつこい?【誰でも出来る断り方&対処法】

最近はインターネット上で、自動車を無料査定するというサイトをよく見かけるようにな……続きを読む

99%の営業電話撃退&メールのみ対応の一括査定「カーセンサー」

数ある車一括査定サイトのなかでも、カーセンサーの「簡単ネット車査定」はおすすめだ。

提携する中古車業者は全国に500以上あり、一度の依頼で最大30社の見積もりをもらうことができる。

一般的に一括査定サイトは最大10社程度というところが多いから、カーセンサーの規模が大きいことがわかるだろう。

また、一括査定サービスだけでなく、買取や査定に役立つ情報が数多く発信されているサイトであるから、車の売却を検討する人には一見の価値があるサイトだと言えるだろう。

カーセンサーをおすすめする理由は、一度に依頼できる業者の数の多さだけではない。

車一括査定のデメリットといえば、依頼と同時に各社から営業電話の猛攻を受けることが挙げられるが、カーセンサーではそれをかなり減らすことができる。

では、カーセンサーで営業電話のほとんどを撃退する方法を解説しよう。

カーセンサーの一括査定の申し込みページで車の情報を入力すると、査定を依頼する業者の一覧が見られる。

最大30社の見積もりが可能とはいうが、あまり多いと対応し切れないので、ここでチェックを外して依頼する業者を絞るのが第一段階だ。

次に、売却希望時期などを入力する「任意項目」という欄に「メールでの連絡を希望」と記入するとよい。

ほとんどの業者はこの欄もチェックしているので、電話ではなくメールのみでの連絡にすることが可能なのだ。

ただし、メールでの連絡を希望と入力しているにもかかわらず、電話で連絡を取ってくる業者も存在する。

どうやら大手の業者のなかには、査定依頼と同時に電話をかけるコールシステムを持っているところがあるようなので、すべての業者にチェックを入れていると営業電話をゼロにすることはできない。

だからこそ、第一段階の依頼する業者を絞る段階で、営業電話がかかってきそうな業者を外すという手が有効なのだ。

電話営業なしで安心の一括査定「グーネット(goo-net)」

カーセンサーは便利なサイトであるが、1本の営業電話もイヤだという人にはグーネット(goo-net)の方がおすすめだ。

グーネットとは、車情報誌「Goo」が中古車に特化したポータルサイトであり、中古車の最新情報をいち早く入手することができる。

膨大な情報量を生かして、売りたい車の正確な買取相場を知るのにも便利だ。

グーネットの一括査定サービスの大きな特徴は、ほかの一括査定サイトと違って営業電話の心配がないところである。

業者からの電話の対応を煩わしく思っている人も安心して利用してもらいたい。

一括査定の依頼には、メーカー、車種、年式、走行距離、グレード、排気量、ボディカラー、次の車検日、売却時期といった車の情報と、個人情報として名前、郵便番号、メールアドレスを入力するだけだ。

電話番号を入力する欄がないところに注目してもらいたい。そもそも電話番号を入力しないのだから、営業電話がかかってくる心配がないのも当然なのである。

これらの情報を入力すれば、あとはクリックするだけですぐに売りたい車の買取相場が表示される。

それと同時に、入力したメールアドレスに同じ内容のメールが送信されてくるので、買取相場をいちいちメモする必要もない。

また、そのメールには、買取相場だけでなく、売却を希望する車種の買取を強化している業者の情報も記載されているので、個人売買だけでなく中古車業者に売却する際にも大いに参考になるだろう。

さすが中古車情報に特化したポータルサイトだけあって、グーネットはユーザビリティに優れ、利用者が迷うことなく知りたい情報を手に入れられるように設計されている。

車の価格は知りたいが営業電話がネックだという人も、グーネットなら気軽に利用できるだろう。

ただし、実車を査定した結果ではないので、表示される買取価格はあくまで参考価格だということは認識しておいてもらいたい。

4.車買取専門店に足を運び査定してもらう

ネットの車一括査定も便利だが、実車を直接査定するのではなく、車の基本的な情報から概算価格を割り出すものであるため、実際に売却した時との価格差が出ることは否定できない。

自分の所有する車の正確な買取価格を知るには、やはり直接プロの査定士に査定してもらうのに勝る方法はないだろう。

そういう場合には、車買取専門店に査定してもらうことをおすすめする。

ディーラーで購入した車ならサービスの一環として査定額を調べてもらうことも可能であるが、ディーラーで提示される下取り価格は相場より低いことがほとんどだ。

その点、車買取専門店なら、現状の相場と照らした最大価格を提示してくれるので、正確な価格を知るのに便利である。

中古車の個人売買における予備検査&一時抹消の確認

車をメンテナンス中古車の個人売買にはさまざまなトラブルが付き物ではあるが、なかでもよくあるのが名義変更に関するトラブルだ。

自動車保有台数が8,000万台を超える現在、引越し等で住所を変更した場合の「変更登録」、名義が変わった場合の「移転登録」の手続きが必ずしも適切に行われていないケースが目立っています。

一般的な取引では、売り手が名義変更に必要な書類等を買い手に渡して、買い手が陸運局で名義変更の手続きをするという流れになるのだが、その際、買い手が名義変更をなかなかしてくれないことでトラブルに発展することが多い。

自動車税は、毎年4月1日時点の所有者の元に通知書が届くようになっているが、名義変更しないまま4月1日を跨いでしまうと、自動車税の通知は買い手ではなく売り手に届くことになってしまうからだ。

こうしたトラブルの回避法として予備検査と一時抹消がある。

登録を一時抹消するとその車は公道を走行できなくなるが、予備検査を受けていれば3カ月間は仮の車検証が発行されるため、その間に買い手は名義変更など必要な手続きをすればよい。

有効期間が過ぎてしまうと、その車を走行することができなくなってしまうわけだから、「買った人がいつまでたっても名義変更してくれないので困る」という事態を未然に防ぐことができるというわけだ。

移転登録に必要な書類や費用、注意点などは国道交通省「自動車を売買等により譲渡、譲受する場合(移転登録)」で確認することができる。また一時抹消についても「自動車の使用をやめたまたは、解体等または輸出する場合」で確認できる

車の受取の際の4つの注意点

個人売買で車を売却する際、最も心配なのが、買った人がちゃんと代金を支払ってくれるかということである。

中古車といえども車は安い買い物ではないので、代金は分割で支払いたいという人も多いだろう。

しかし、専門業者に売却するのと違って、一般の個人間で取引する場合、契約書が存在しないことも多く、本当に期日までに代金を支払ってくれるのか不安は拭えない。

実際、ネットで遠方の人に車を売却したはいいが、代金をいつまでたっても支払ってくれず、結果的に車を持ち逃げされてしまったという被害報告も少なくないのである。

そこで、そうしたトラブルを防ぐため、車を引き渡す際に注意すべきことを見ていこう。

1.車両と現金の受け渡しは同時に行う

車の個人売買で金銭トラブルを防ぐには、車両と代金の受け渡しは必ず同時に行うことだ。

それも、必ず売り手と買い手の本人同士で行ってもらいたい。人に頼んで代理で受け渡しをすると、後で「受け取った」「受け取っていない」とトラブルになる可能性もある。

家族ならまだしも知人を代理人に立てたために、買い手に渡るはずの車を持ち逃げされてしまったなどという事例もあるほどだ。

遠方のため業者に陸送してもらう場合も、本人の住所を宛先にするよう注意したい。

個人売買は当事者間の信頼関係で成り立つものだが、見ず知らずの相手を完全に信頼するのはリスクがある。たとえ友人・知人であっても同じことだ。

2.受け取ったその場で書類や状態を確認してもらう

知人同士で売買する場合と違って、ネットを経由した個人売買では、相手が他県など遠方に住んでいるということも少なくない。

しかし、その場合でも、車両を引き渡す際は直接会って行うことがトラブルを回避するには大切だ。

直接会えば、その場で車の状態や必要書類をチェックできる。引き渡す前に試乗してもらえば、後から故障があったなどと言いがかりをつけられるリスクも減らせる。

車検証や整備点検記録簿などの書類以外にも、スペアタイヤ、スペアキー、ナビやオーディオのリモコン・取扱説明書などの有無をお互いに確認し、納得したうえで引き渡すことでほとんどのトラブルは防げるはずだ。

個人売買の場合は販売店のように保証付きの販売はできない。日本中古自動車販売協会連合には保証付きの販売によるトラブルも寄せられている。そのため、後のトラブルを避けるためにも直接確認してもらうことをおすすめする。

3.車の受領書や代金受取の領収書を書いてもらう

売り手と買い手が直接会って、車の状態や書類等の有無を確認してから現金と車両の受け渡しを同時に行えば、個人売買で考えられるトラブルはほとんど防止できる。

それでも心配なら、売り手は代金の領収書を、買い手は車の受領書を書くようにしよう。領収書は商品に対して代金を支払ったことを証明する重要な書類だ。

受領書も、必ずしも必要ではないものの商品を受け取ったことを証明する書類であるため、取引での手違いをなくすのに有効である。

なお、これらの書類はその場で書いてもらうようにしよう。

また、カーボン用紙を使って控えを取っておくようにすれば、もし後からトラブルになったとしても証拠として使える。

4.車両代金の受け取りは必ず現金一括が原則!ローンはトラブルの元

車の個人売買は、買取業者が介在しないため、コスト面では売り手にも買い手にもメリットのある売買も可能だ。

しかし、お互い商売のプロでない者同士が取引する場合、事前に十分な取り決めがないとトラブルに発展することもある。

特に代金の受け渡しには注意が必要だ。たとえ親友間の売買であっても、後から「払った」「払わない」でトラブルになることは多く、最悪の場合は人間関係に亀裂が入ってしまう。

ただ、たとえ中古車といえども、車は決して安くはない。一括で用意できる現金がないという場合もあるだろう。しかし、それでも当事者間で分割払いなどをすることは避けてほしい。

別に踏み倒すつもりはなくても、分割期間が長くなるほどに支払いが滞るということは起こり得る。

現金が用意できない場合は、少なくとも事前に銀行から借りるなどして、売り手と買い手の当事者間での現金の受け渡しは一括で行うべきだ。

なお、遠方に住んでおり直接会って受け渡しができない場合は銀行振込ということになるが、その際は最初に半額ほど振り込んで、車両の輸送後に残りの半額を振り込むようにするぐらいの慎重さがほしい。

【プロの見解】車売却は手軽な一括査定が手軽でおすすめ

笑顔で握手車の個人売買は、業者が間に入らないため、売り手と買い手双方にとって費用面でのメリットがある。しかし、以上見てきたように、トラブルが起こりやすいなどデメリットもかなり多い。

友人に車を譲るという場合は、友人といえど金銭が絡むと人間関係にヒビが入りやすいためおすすめはしないものの、車両の受け渡しも簡単でそれほど苦労はないことも多い。

しかし、現在の個人売買は、ネットを介して遠方の見ず知らずの人間を相手に取引することが圧倒的に多い。

その場合、直接会って現金と車両の受け渡しをすることが困難であることもしばしばで、お互いの立会いの下で状態の確認ができないため、後から不備が発覚するなどのクレームもよく起こる。

また、個人売買では分割払いができないこともデメリットだ。

お互いの合意の下、期日を決めて代金を分割で支払うということも不可能ではないが、代金の未払いのリスクが大き過ぎるため、可能な限り避けるべきである。

となると、現金の一括払いでしか個人売買はできないということになるが、中古車とはいえまとまった現金が必要なものであるから、欲しい時に欲しい車が買えないということもある。

さらに、車の個人売買をおすすめしない点として金銭トラブルと並んで挙げられるのが、煩瑣な手続きをすべて自分でやらなければならないことだ。

中古車業者での売買なら、車両名義、自賠責保険、ナンバープレートなどの変更手続きも、業者があらかじめ書類を用意してくれるうえ、手数料を払えば手続き自体も代行してくれるため、ユーザーの負担はほとんどない。

一方、個人売買ではすべてを自分たちで行わなければならないため、かかる時間や手間が業者との売買に比べて膨大になる。

それらの手間を考えると、個人売買に節約できる費用ほどのメリットがあるのか疑問である。

それよりは、ネットの車一括査定サービスを利用する方が、はるかに手間も時間も節約できて、相場より高額で車を売却できる可能性が高い。

まとめ

ネットが普及した現在では、個人間で簡単に車の売買を行うことが可能になった。

中間業者が介在しないことで、売り手と買い手双方にとって費用面で有利な売買ができるというメリットが個人売買にはある。

しかし、中古車という性質と高額な金銭のやり取りに伴うリスクを考えると、そのメリットにどこまでの価値があるのか疑問だ。

新車と違って中古車には1台たりとも同じ状態の車はない。車の素人同士が取引を行うには、適切な売買価格を把握することも難しいのである。

ネットの車一括査定サイトなど、今では適正な売買価格を知る方法もあるが、実際に取引をするに当たっての手間やリスクを考えると、そのまま業者に売却した方がメリットは大きいはずだ。

車の個人売買は、金銭トラブルを避けるため現金一括での支払いが原則であるし、お互いの立ち会いの下、車両の状態や書類等の確認も必須である。

トラブルを避けるには受領書や領収書を用意するなどの慎重さも必要だ。

さらには、名義変更の手続きなど、うっかり忘れたでは済まされない重要事項もあるが、それも、車を引き渡した後は相手の信用度という不確定要素に左右される。

実際、トラブルや詐欺などの被害も多数報告されていることも併せて考えると、個人売買にそれほどのメリットはないだろう。

それよりは、最初から一括査定を利用する方が、安全なうえに高値で売却できる可能性があり、メリットは大きいと考えられる。