メーカー・車種別

【2019最新】ekワゴンの買取相場は?売却査定額を上げる4つのポイント!

ek_wagon

ekとは、日本の自動車メーカーである三菱自動車工業の軽自動車でありブランドで、ekシリーズとしてさまざまな車が誕生している。ekワゴンはその中の車種のひとつであり、ekシリーズの基本形だ。ekワゴンが発売されたのは、2001年の10月11日である。

そのekワゴンを初代とし、2006年には2代目、2013年には3代目が発売されている。価格、燃費共に優秀で、コストパフォーマンスが高いことで人気を集めている。この点に魅力を感じて、アナタも購入することを決めたのかもしれない。

今回はekワゴンを所有している方、この先購入するかもしれない方に向けて、査定額をアップし、高価買取を実現する方法を解説する。また、最新買取相場に関する情報についても取り上げているため、興味があると思った方にチェックしていただきたい。

【先に結論】
ekワゴンを相場以上で高く売るなら複数の買取店に査定依頼できる一括査定「カーセンサー」に依頼しよう。実際に編集部の車を査定しもらったところ、ディーラー下取りより35万円も高い査定額がついた。

【知らないと損する】
ekワゴンを高く売る方法はコレだ
方法 手続きスムーズ トラブルなし 高価買取
ディーラー下取り ×
個人売買 × ×
店舗買取
車一括査定

車一括査定のメリット&おすすめサイト
  • 愛車を確実に高く売れる&交渉苦手でも安心
  • 車のリアルな平均相場がネットでわかる
  • わずか数分で複数の買取業者を競合
  • 最高値で売るなら「カーセンサー」がおすすめ

【査定表】ekワゴンの平均買取価格(年式&走行距離)

まず目安となるekワゴンの1年落ち、3万キロの買取価格相場を見ていこう。

ekワゴンの買取相場43万~46万円(※1年落ち3万キロ)

2・5・7年落ちのekワゴンを年式・走行距離・グレード別に分類して下取り相場、買取相場を確認していこう。

下取り相場は「ディーラー」で売る相場、買取は「買取専門店(ガリバーやアップルなど)で売る相場。
年式 走行距離 グレード 平均下取り相場 平均買取相場
2012年 30,000km G 19万円 23万円
50,000km 15万円 18万円
100,000km 9万円 12万円
2014年 30,000km E 25万円 29万円
50,000km 21万円 24万円
100,000km 15万円 18万円
2017年 10,000km E 46万円 49万円
30,000km 37万円 40万円
50,000km 33万円 36万円

▼ekワゴンを最高額で売る▼
愛車の相場をすぐ知る方法

三菱『ekワゴン』買取相場と査定額を年式&年代別に公開

ek_wagon
(画像出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_wagon/)

今はekワゴンの買取相場について、自分でも簡単にリサーチできる世の中だ。インターネットが普及し、車の買取相場を公開しているWebサイトが数多く存在している。

車種など以下のような条件をサイト内のフォームで指定し、その車の買取相場を示してくれるサイトも多い。

  • 車種
  • 年式
  • グレード
  • 走行距離
  • 使用頻度
  • 車体の色
  • 新車を買った年月

最新買取相場だけでなく、過去や現在、未来の買取相場の推移を表示してくれるWebサイトまである。買取相場を把握しておけば、不当に安い査定額を提示されていることに気づけず、そのまま売却してしまい損をすることを防げるだろう。

なお、買取相場を公開しているWebサイトによって、同じ条件を指定したとしても異なる金額が表示される。

これは何のデータに基づいて買取相場を算出しているかなどに違いがあるのが理由ではないだろうか。面倒でなければ複数サイトで買取相場をチェックしてみると良いだろう。

ekワゴンの買取相場については、すでに述べたとおりここでも触れる。3年落ち、30,000km前後の買取価格や5年落ち、50,000km前後などの買取価格について解説している。大体どのぐらいで売れそうなのか把握するために役立てていただきたい。

3年・3万キロ前後の買取価格

(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/三菱・eK)

買取価格がダウンしにくいと評価されているekワゴンのグレードはEだ。車種などの条件を指定して買取相場を調べられるWebサイトを利用してみた。

そしてグレードEで3年落ち、30,000km前後の2018年9月時点の最新買取相場を調査した。その結果は以下のとおりである。

  • 20,000kmでは約41万円
  • 25,000kmでは約39万円
  • 30,000kmでは約37万円
  • 35,000kmでは約36万円
  • 40,000kmでは約35万円

30,000km前後でも、走行距離が短いほど買取相場は高く、長いほど安くなっているのが見て取れる。これはekワゴン以外の車であってもそうなる。

通勤や通学で、営業まわりなど仕事でといった具合に、使用頻度が高い方ほど高価買取の実現では不利になりやすい。

▼ekワゴンを最高額で売る▼
愛車の相場をすぐ知る方法

5年落ち・5万キロ前後の買取価格

三菱・eK
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/三菱・eK)

2013年式、50,000kmの走行距離では、2018年9月時点のグレードEの買取相場は約24万円だ。これに対して、グレードGは約33万円と、グレードEとは約9万円の違いがある。そのほか、グレードMのekワゴンは約27万円とコチラもEに比べて高い。

グレードEについて、走行距離を40,000kmなどに変えて調べた結果も解説する

  • 40,000km:約26万円
  • 45,000km:約25万円
  • 55,000km:約23万円
  • 60,000km:約22万円

また、グレードGに関しては以下になっている。

  • 40,000km:約35万円
  • 60,000km:約31万円

そのほか、グレードMは40,000kmで約29万円、60,000kmでは約26万円という買取相場が出た。

▼ekワゴンを最高額で売る▼
愛車の相場をすぐ知る方法

7年落ち・7万キロ前後の買取価格

eK-wagon
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/三菱・eK)

2011年1月に発売されたekワゴンとしてMナビコレクション、MXナビコレクションがある。また、2011年11月にリリースされたekワゴンとしては下記に記載の4グレードがある。グレード別の2018年9月時点、走行距離70,000kmの買取相場は以下のとおりだ。

  • Mナビコレクションは約10万円
  • MXナビコレクションは約14万円
  • Gは約15万円
  • GSは約17万円
  • Mは約11万円
  • MXは約14万円

70,000km前後ということで、65,000kmや60,000km、75,000kmや80,000kmで調べた結果も解説しておこう。

5,000km違うと数千円から1万円程度の買取相場の差が生じ、10,000km違うと1~2万円程度の差が生じていた。

▼ekワゴンを最高額で売る▼
愛車の相場をすぐ知る方法

走行10万キロ以上の買取価格

ek_wagon
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/三菱・eK)

1年間で10,000km程度走り、10年落ちで100,000km以上の走行距離の場合、大した買取価格にならないのではと思う方は多いだろう。

2008年式、2008年8月発売のグレード別買取相場で、100,000kmの条件での2018年9月時点における金額は下記のとおりだ。

  • Gは約7万円
  • GSは約9万円
  • Mは約0万円
  • MSは約7万円
  • MXは約6万円
  • マーブルエディションGSは約11万円
  • マーブルエディションMSは約10万円

グレードMのように、値段が付くこと自体が難しいものも10年選手で100,000km以上走っているekワゴンにはある。査定を受けた際には買い値を付けてくれるだけまだマシなほうで、極端な高価買取は期待しないでおくのが良さそうだ。

▼ekワゴンを最高額で売る▼
愛車の相場をすぐ知る方法

ekワゴンを相場より高く売る高価買取『4つのポイント』

ポイント

車の買取価格が決まる上では、いろいろな要素が影響してくる。査定でプラスに働く要素もあれば、マイナスに働く要素もあるのだ。グレードやボディーカラーのように、車を購入する時点ですでに買取価格で有利になったり不利になったりする項目もある。

以下に、ekワゴンを高値で売却するために押さえておきたいポイントを4つあげている。内容をチェックすることによって、車を売るタイミングを見極めたり、査定額がダウンしてしまうのを防いだりするために役立てていただきたい。

  1. 年式&グレード
  2. ボディーカラー
  3. 装備の充実度
  4. 内外装の綺麗さ

1.年式&グレード

スマホをさわる男性

年式は1年古くなるたびに、買取価格が30%安くなると思っておくと良い。100万円で売れた車が翌年には70万円に、その翌年には約50万円にと、相場は年式が古くなるほど下落していく。なお、年式が1年古くなるタイミングは毎年1月1日だ。

次にグレードについてだが、人気などの影響で買取価格に差が出る。2015年式で3年落ち、30,000kmの条件での、2018年9月時点におけるグレード別のekワゴン買取相場を見てみよう。

  • Eは約37万円
  • Gは約51万円
  • Gセーフティパッケージは約58万円
  • Mは約44万円
  • Mイーアシストは約47万円
  • Tセーフティパッケージは約62万円

買取相場の最安値であるEとTセーフティパッケージとでは、約25万円の差が生じている。車は購入後にグレードを変更することはできない。

したがって、高価買取を実現したければ、将来的に中古車市場で需要が出そうなグレードを選びたいところだ。

2.ボディーカラー

クルマ掃除

車種によってはボディーカラーが異なるだけで、10万円以上の買取価格の違いが出ることもある。ekワゴンはどうかというと、車体の色が異なることで、買取価格に大きな差は出ないという声もある。よって、あまり意識しなくても良いかもしれない。

だが買取実例を調べてみると、高価買取が実現している色はブラックやホワイトが多い。白や黒は好みがわかれにくい色だ。

そのため、ボディーカラーにこだわりがない方は、この2色のどちらかを購入するといい。そうすれば、査定額ダウンの心配はないはずだ。

3.装備の充実度

時計

純正品と社外品では、どちらが査定での評価が良いと思うだろうか。中古車市場においては普通、純正品を装備している車が高く評価される。社外品の外装パーツを装備しているekワゴンを所有している方は、査定前に純正戻しを済ませておいたほうが良いだろう。

そのためには当然、純正品を保管しておく必要がある。すでに純正のアルミホイールやエアロなどの装備を処分してしまっている方は、純正仕様のekワゴンと比較して査定額が安くなってしまうのは覚悟しなくてはいけないだろう。

そのほか、カーナビやカーオーディオ類も装備した状態で査定に出すのが望ましい。外装パーツが純正仕様のekワゴンでナビやオーディオまですべて揃っていれば、買取金額に5万円以上の違いが出てくる可能性もあるはずだ。

4.内外装の綺麗さ

ドライブ

状態が悪い車は査定での評価が悪くなってしまう。メンテナンスが必要になることや、買い手がつきにくいことが主な理由としてあげられる。ひどい傷やへこみ、汚れや穴のあるekワゴンであれば、査定額は安くなってしまうだろう。

車内での喫煙やペットの同乗も査定額には響く。タバコは車内にヤニ汚れをつけるだけでなく、ニオイもこびりついてしまう。ペットも車内に引っかき傷や汚れをつけるだけでなく、動物臭さがどうしても出てしまう。結果、買取価格低下にも繋がるのだ。

そのほか、事故や災害などで車の骨格部位を交換修理している修復歴車であることも、査定額が大きく安くなる原因となる。できるだけ内外装のコンディションを良好に維持できるよう、気をつけて運転するほか、日々の管理を怠らないようにしたいところだ。

ekワゴンを最高額で売るための買取店&業者選びのコツ

選ぶ

すべての業者で、ekワゴンの買取価格が一律となっているわけではない。業者の選び方次第で何万円も、場合によっては10万円以上の買取価格の差が出ることも珍しくないのだ。したがって高価買取実現には、その希望を叶えてくれる業者を探さなければいけない。

どうやって高値で買い取ってくれる業者を見つけ出せば良いのか。簡単にそれを可能にできる方法を以下にまとめている。車の売却はやり直しがきかない。後悔しないためにも高価買取のコツを把握し、実行に移すことをおすすめしたい。

ランキング

【完全版】車一括査定サイトランキング2019!おすすめ6社を徹底比較

【早見表】一目でわかる"車一括査定サイトランキング" 評価が高い順に並……続きを読む

ディーラー下取りは99%損をする

ディーラー

新車納車時まで今乗っているekワゴンを乗り続けられることや、面倒な手続きはディーラーが代行してくれることなど、下取りにはメリットもある。

しかし、いくらで引き取ってくれるのかという点が、ディーラー下取りのデメリットとしてあるのだ。一例をあげよう。

  • 年式は2015年式
  • グレードはE
  • 走行距離は30,000km

この条件で買取相場と下取り相場を調べてみると、2018年9月時点の買取相場は約37万円、下取り相場は約35万円である。約2万円、買取相場のほうが高くなっているのだ。ほとんどの場合、下取り相場は買取相場より安いため、高価買取実現を狙うなら買取が基本だ。

なお、ディーラー下取り相場より安い査定額を買取業者が提示してくることがある。その場合、売り手の知識のなさにつけ込み、不当に安く売らせようとしているかもしれない。被害に遭わないよう、下取り相場と買取相場は最新のものをしっかりと把握しておきたい。

車

ディーラーの下取りは99%損する?メリット&デメリット【徹底解説】

ディーラーに下取りを出す『7つのメリット』 ディーラーに下取りを出すメ……続きを読む
車売る方法は『5つ』売却前に知るべき注意点【損しない買取全知識】」でも解説しているが、下取りは車を売却する方法の中で、最も査定額が低い方法になる。言うまでもないが、あえて選択するメリットは全くない。

単独商談ではなく複数商談で競合させる

手上げて意見をする

一社相手と商談をするのではなく、複数社を相手に商談し、競合させるほうが、高価買取は実現しやすくなる。各社が査定を行い、その結果売り手に提示する金額には違いが生じる。売り手は最高額を提示してきた買取業者の査定額を引き合いに出して交渉できる。

  • A社60万円、B社52万円、C社57万円の査定額が提示された
  • A社の査定額を引き合いに出してB社C社と買取価格交渉
  • B社かC社、または両方がA社より高い買取価格を提示してくれる可能性がある

このような具合に、最初の査定額から変わりやすいのが複数商談のメリットだ。上記の例の続きとして、A社より高く提示された買取価格を引き合いに出して、A社にもっと高く買ってくれないか交渉してみるのもありだろう。

買取相場の上限で売る買取交渉術

メモをする男性

ekワゴンの買取相場が50~60万円であることがわかった場合、相場の上限は60万円となる。この金額での売却を狙うのであれば、買取業者に対して買取希望額を教えるときには、上限より高額で申告したほうが良いだろう。

理由は60万円より高い価値がある可能性が捨てきれないためだ。実際には65万円の価値があるのに60万円と希望額を申告すると、買取業者としては5万円お得に買えてしまうことになる。相場下限付近や相場を下回る金額を希望するのも、同じ理由でやめておきたい。

相場上限より高く希望を出しておけば、本当に60万円の価値しかなく、60万円の買取価格が提示されたとしても、相場上限では売れることになる。また本当に相場上限より高い価値があり、業者が評価してくれれば、先述した65万円などで売れることにもなるのだ。

交渉中

車を高く売るための10の交渉術【買取業者との価格交渉の極意】

交渉はやってみる価値がある 交渉の仕方によっては数万円~十数万円も買取……続きを読む

ekワゴンを高く売るなら『車一括査定』愛車の買取相場がすぐわかる

一括査定の流れ

従来は電話帳などで買取業者の連絡先を調べ、電話をして出張査定を受けたり、持込査定に出すのが常識だった。今でもそうしている方もいるかもしれない。そうして複数業者の査定を受け、より高いところに売る方法をとっていた方も多いだろう。

しかし、今はインターネット上で一括査定サービスを提供しているWebサイトが充実している。下記のような多くのメリットがあり、従来式の方法ではなくコチラのサービスを利用して査定を受け、高価買取を実現している方が続出しているのだ。

  • たった1回の手続きで一括査定サービスに登録されている買取業者に対し、一斉に査定依頼が行われる
  • 査定依頼は基本的に24時間365日間できる
  • 無料で利用でき、売却しなくてもペナルティはない
  • 出張査定に対応している

査定依頼はサイト上のフォームに車種や年式、グレードなど必要事項を入力し、情報を送信するだけでできる。

申込後はアナタのekワゴンを買いたいと思った業者から連絡がくる。そのとき概算の買取価格を聞き、高価買取が期待できる業者に実車査定をお願いしよう。

実車査定は複数の業者にお願いしても大丈夫だ。連絡で日時を調整して査定を受け、価格交渉もした上で、最終的に最高額を付けてくれたところに売ると良いだろう。忙しい方は複数業者の査定を受ける日時を同じにしてしまうのもアリだ。

編集部おすすめ車一括査定 『カーセンサー』

カーセンサー

当サイト編集部が車一括査定サービスで最もおすすめしているのがリクルート社運営の「カーセンサー」。ekワゴンの高価買取&査定額を知りたい方に最適だ。

なぜなら、ビッグモーターやアップル、カーセブンなどの大手買取店と提携し、買取業者数が1000社を超えているのはカーセンサーしか存在しない。

同時査定依頼も30社と業界最多なので、最も査定額が高い業者を選ぶ幅が圧倒的に広がるのだ。編集部所有の車を実際に査定したが、ディーラー下取りよりもなんと35万円も高い査定額が付いている。

他社の車一括査定もあるが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しない。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスだ。

まとめ

ek_wagon
(画像出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_wagon/)

車の買いかえを検討しているなどで、ekワゴンの売却を決めたあとは、できるだけ早く査定を受けることが重要だ。年式更新前でも、9月から11月に変わっただけでも、買取相場が万単位で下がってしまうことも珍しくない。

下取り相場や買取相場を把握した上で、一括査定サービスを利用すれば買い叩かれるのを防げるだけでなく、高価買取を効率良く実現できる確率が高い。今回取り上げたポイントを押さえ、満足のできる条件でekワゴンを売りたいところだ。

最後に廃車にすることを検討している方は、やめておいたほうが良い。自走できない、故障している車でも、まだ動くパーツやボディの金属に買い値を付けて引き取ってくれる業者があるためだ。状態が良い車に比べれば買取価格は安いが、収支はプラスになる。

黒板に書かれた車とお金を比較した絵

【2019最新】車一括査定を1から使いこなすための全知識《完全版》

[cv] 車一括査定サービスとは?仕組みと流れを必ず理解する 利用前……続きを読む