メーカー・車種別

【2019最新】マークX買取価格は?査定相場より高く売る5つのポイント

markx

かつて人気あったセダン車トヨタ・マークⅡの後継車として2004年に登場したのがマークXだ。今はセダン車は一般的に低迷期だが、その中にあってマークXは、程良い高級感とカッコ良さが若者の心を掴み、人気車となっているのだ。

そんな人気車でも長く乗っていれば飽きが来るだろうし、低燃費時代にあってマークXはそれほど燃費がいいわけではない。車内も広くない上に荷物もあまり積めない、など使い勝手の悪く感じる人もいるのが事実で、買い換えを検討する人もいるだろう。

マークXを買取してもらうなら、少しでも高くと思うのは誰しも同じだろう。ましてや同クラスの車に乗り換えを検討しているなら、高価買取になるのなら少しでもその足しにしたいものだ。ここではマークXの査定額をアップする方法を紹介していこう。

【先に結論】
マークXを相場以上で高く売るなら複数の買取店に査定依頼できる一括査定「カーセンサー」に依頼しよう。実際に編集部の車を査定しもらったところ、ディーラー下取りより35万円も高い査定額がついた。

【知らないと損する】
マークXを高く売る方法はコレだ
方法 手続きスムーズ トラブルなし 高価買取
ディーラー下取り ×
個人売買 × ×
店舗買取
車一括査定

車一括査定のメリット&おすすめサイト
  • 愛車を確実に高く売れる&交渉苦手でも安心
  • 車のリアルな平均相場がネットでわかる
  • わずか数分で複数の買取業者を競合
  • 最高値で売るなら「カーセンサー」がおすすめ

【査定表】マークXの平均買取価格(年式&走行距離)

まず目安となるマークXの2年落ち、3万キロの買取価格相場を見ていこう。

マークXの買取相場190万~197万円(※2年落ち3万キロ)

2・3・5年落ちのマークXを年式と走行距離・グレード別に分類して下取り相場、買取相場を確認していこう。

下取り相場は「ディーラー」で売る相場、買取は「買取専門店(ガリバーやアップルなど)で売る相場。
年式 走行距離 グレード 平均下取り相場 平均買取相場
2014年 30,000km 250G 109万円 116万円
50,000km 100万円 107万円
70,000km 94万円 101万円
2016年 10,000km 250G 162万円 169万円
30,000km 141万円 148万円
50,000km 131万円 138万円
2017年 10,000km 250G 217万円 226万円
30,000km 190万円 199万円
50,000km 177万円 187万円

▼マークXを最高額で売る▼
愛車の相場をすぐ知る方法

トヨタ『マークX』買取相場は?最新の査定額を公開

markx
(画像出典:https://toyota.jp/markx/ )

マークXを手放したい、できるだけ高く買い取ってもらいたい、という時には買取相場はしっかり確認しておきたいところだ。人気があるマークXだから買取額も高いだろうと思っている方もいるだろうが、決してそういうわけではない。

  • 10年、10万kmを超えたら買い手が付きにくい
  • 初代マークXの買取相場はかなり低め
  • 現行型は思ったほど買取相場は高くない
  • モデルチェンジされれば買取相場は大幅下落

初代マークXは新しいものでも9年経過している状態だ。今のセダン車は10年経過しても走行距離が10万kmを超えても、そうそう不具合は生じないものだ。だが、それでも昔の名残で買い手は付きにくい状況である。

そのため、ほとんどの車で10年経過している初代マークXの買取相場はかなり低めに抑えられている現状だ。

現行型マークXは高価買取可能なのか、というとこれも問題がある。初期型だと7年から9年ほど経っているわけだから買取相場は低い。

現行型マークXは登場から9年も経とうとしている。つまりモデルチェンジの時期が近付いているといえるだろう。そういった事から現行型すら買取相場はあまり高くなっていないし、どんどん下落している状況だ。

いずれにせよ、買い換えを考えているなら早急に交渉をスタートさせるべきだろう。

初代マークX(2004年11月~2009年9月)の買取相場

マークX
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・マークX)

マークⅡの後継車として注目されていた初代マークX。やはりその斬新でスポーティーなフォルムに魅了され、購入した人も多いのではないだろうか。マークXは新車価格で300万円から450万円もする高級車だ。さらに人気を博した注目の車でもある。

買取価格も、さぞかし高いだろうと思うかもしれない。だが初代マークXは、新しい物でも10年近く経過している。通勤や遠出にも利用しているため、走行距離も10万kmを超えていても不思議ではない。

そうなると買取相場は大きくダウンしてしまうだろう。

ちなみに2008年式の250Gで10万km走行しているマークXの買取相場は、もはや10万円を切るくらいの低価格だ。業者によっては買取不可となるところもあるだろう。

マークXは10年経過しようと10万km走行しようと、大きなトラブルはあまり発生しない性能の良いセダンだ。そのため古くてもいいから購入したいという人もいる。状態の良いマークXなら、買取相場よりも高くなる可能性はある。

▼マークXを最高額で売る▼
愛車の相場をすぐ知る方法

現行型マークX(2009年10月~)の買取相場

マークX
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・マークX)

2代目となる現行型マークXは登場から10年経っていない人気のセダン車ということもあり、高価買取も可能だ。ただ現行型は初代に比べて新車価格は250万円から540万円と幅広く、グレードの差も大きくなった。

そのため、買取相場もグレードによって違ってくる。また年式にも大きな差があるため、買取価格の幅も大きくなってしまうだろう。

実際に2009年式の250Gグレードだと買取相場は30万円前後なのに対し、2016年式は160万円以上の買取相場となっている。

グレードによっては、190万円近い買取相場のマークXもあるのだ。ただ、初回車検前などの比較的新しめの現行型マークXに関しては、思ったほど買取相場が高くなっていない状況だ。

例えば2016年に新車登録した250Gは新車価格が約290万円なのだが、約2年で150万円から160万円にまで下落しているのだ。

それは現行型の登場から9年近く経過しており、モデルチェンジの時期が来ているからかもしれない。現行型を売るならできるだけ早い方が買取額は高いだろう。

▼マークXを最高額で売る▼
愛車の相場をすぐ知る方法

マークXの買取相場の推移

スマホとパソコン

マークXの買い換えを検討しているなら、買取相場の推移をチェックしておこう。初代マークXはすでに買取相場はかなり低くなって、ゼロのものもある。しかも買取価格がついている車でも下落幅が大きく、2ヶ月で2.4万円から2.9万円も下落している。

このままだと、半年もしないうちに買取相場がゼロになってしまうだろう。現行型マークXの買取相場も下落幅は大きいようだ。新車価格が高いこともあるのだろうが2ヶ月で2.3万円から3.2万円、場合によっては3.6万円も下落しているケースもある。

半年で10万円近く下落している状況だ。車は売却時期によっても買取額が変わってくるが、マークXは買取までの時間が長くなればなるほど買取額は低くなってしまうだろう。

マークXを相場より高く売る高価買取『5つのポイント』

ポイント

マークXはグレードによる差、年式の差もあるため、買取額は大きく違ってくる。少しでも高価買取したいなら、ポイントが大きくわけて5つある。前述のグレードと年式の他に先進安全装備の有無や走行距離、ボディーカラーと他の装備品などだ。

  1. グレード&年式を確認
  2. 先進の安全装備の有無
  3. 走行距離を確認
  4. ボディーカラーに注意
  5. 装備品は充実しているか

もしその中で高価買取が望めるようなポイントが備わっているなら、業者との交渉の際にアピールしてみよう。また年式や走行距離もチェックして、買取するタイミングも検討してみるのも大切なポイントになるだろう。

1.グレード&年式を確認

カーショップ

マークXを高く買取してもらうためには、年式やグレードが重要になってくる。年式だけで見れば初代マークXは少なくとも9年は経過しているのだから、高価買取は難しい現状だ。現行型しか買取は期待できないと思った方がいいだろう。

現行型マークXには、250Gをベースにスポーツタイプの250Sや250RDSと排気量がアップした350RDSなどのグレードがある。マークXが高く売れるグレードは、250RDSなどのスポーツタイプのようだ。

廉価グレードとなる250GFパッケージはあまり買取相場が高くない。そして同じスポーツタイプでも350RDSはあまり人気がなく、新車購入価格からの下落幅は大きくなっている。

マークXを高く売るなら年式やグレードをチェックし、売れ筋なら強気で交渉しよう。

2.先進の安全装備の有無

運転中

車の買取額がアップするポイントには装備がある。最近は多くの車に予防安全装置が装着されてきている。マークXも同様に先進の安全装備が装着されているものがある。中古車を購入する際、安全面は大きなポイントになる。

つまり先進の安全装備が付いていると、買取には好条件だ。車や障害物を感知してブレーキ補助や運転手への警告をする衝突被害軽減ブレーキや、方向指示器がない状態で車線を逸脱しそうな時に警告をする車線逸脱防止機能などがこれに該当する。

もし売却を検討しているマークXにこういった安全装置が付いているなら、買い手がすぐに見つかりやすい。すなわち買取額のアップが十分望めるので、業者との交渉の際にはここをウリにしてみてもいいだろう。

3.走行距離を確認

メーター

マークXの買取相場に影響を与えるのが走行距離だ。これを見れば、その車の消耗具合がある程度見えてくるからだ。実際にマークXの走行距離での買取相場への影響は、決して少なくはないようだ。

2014年式の250Gで比較してみよう。基準となる1年1万km、4年4万kmでの買取相場は117万円となっている。これが基準値より少ない3万kmだった場合には5万円ほどアップするのだ。

逆に基準値よりも多い5万kmとなれば買取査定額は約4万円、さらに1万km増えれば約3万円下落してしまう。マークXは毎日通勤で使い人もいれば、休日しか乗らない人もいるだろう。そのため、同時期に買っても走行距離によって差が出てしまうこともある。

基準は1年1万kmなのだから、そこだけは注意したいところだ。

4.ボディーカラーに注意

クルマ掃除

マークXの買取査定ではボディーカラーも影響がある。マークXはセダンの中でも人気の車種で、中高年はもちろんだが若者からの支持もある。本来、若い人は車にも個性を出したがるもので、原色系を選ぶ事が多い。

だがマークXを好んで乗るような人は、カッコ良さの中に大人っぽさを求めるようだ。そのため黒系のブラックやプレシャスブラックパール、白系のホワイトパールクリスタルシャインなどが人気だ。交渉次第では買取額アップも十分可能だ。

また中高年の方は、落ち着いたシルバーメタリックを好む傾向にある。逆にダークレッドマイカメタリックやトゥルーブルーマイカメタリックは、カッコ良さはあるが好みが分かれてしまうため、買取価格はマイナスになる恐れがあるだろう。

5.装備品は充実しているか

運転

ちょっとした買い物などに使うことが多いコンパクトカーに比べて、マークXなどのセダン車は旅行などの遠出に使用する事も多いだろう。そのため、快適なドライブができるかどうかもポイントだ。乗り心地だけでなく装備も充実していれば買取額も高くなる。

例えばカーナビオーディオ機器、最近ではバックモニタードライブレコーダーなどの装備品も人気がある。こういった必要な装備が整っていれば整っているほど、高価買取も実現できるだろう。

特に純正パーツも重要なポイントだ。カーナビやオーディオはもちろんだが、アルミホイールやエアロパーツも純正ならより買取額が高くなるだろう。

逆に社外パーツだとマイナス査定になってしまうケースすらある。装備が充実しているならそれも交渉に用いるべきだ。

マークXを最高額で売るための買取店&業者選びのコツ

選ぶ

マークXを高く売るには業者の選定が大きなポイントになってくるだろう。

  • ディーラー
  • 中古車販売店
  • 整備工場
  • 車買取専門店

などの業者が選択肢になる。その中から選ぶのはなかなか難しいところがあるだろう。実際は車買取専門店の中から選ぶのが望ましい。ディーラー下取りもよさそうに思えるが買取店よりも高い額は提示しないだろう。

ただ買取店によっても特徴があり、マークXを是非買取したいという業者もあれば、積極的ではない業者もいる。その見極めが重要になってくるだろう。

ランキング

【完全版】車一括査定サイトランキング2019!おすすめ6社を徹底比較

【早見表】一目でわかる"車一括査定サイトランキング" 評価が高い順に並……続きを読む

ディーラー下取りは99%損をする

ディーラー

ディーラー下取りなら、新車購入の相談とともに下取り交渉もできるのだから手続きは非常に簡単だ。だがディーラー下取りは99%損をしてしまう方法なのだ。ディーラーは下取りが新車購入のサービスの一環くらいにしか思っておらず、高額になる事はないのだ。

おそらく買取店ではこれくらいの額を提示された、と伝えてもそれに対して競合する気持ちはないだろう。もちろん交渉すれば多少のアップは期待できるだろうが、あくまでそれもサービス的な意味合いでだ。

場合によっては、下取り額をアップした代わりに新車の値引きが抑えられたり、オプションなどのサービスもなくなってしまうかもしれない。高く売りたいなら、手間と時間は多少かかるが買取店が望ましいだろう。

車

ディーラーの下取りは99%損する?メリット&デメリット【徹底解説】

ディーラーに下取りを出す『7つのメリット』 ディーラーに下取りを出すメ……続きを読む
車売る方法は『5つ』売却前に知るべき注意点【損しない買取全知識】」でも解説しているが、下取りは車を売却する方法の中で、最も査定額が低い方法になる。言うまでもないが、あえて選択するメリットは全くない。

単独商談ではなく複数商談で競合させる

手上げて意見をする

マークXをより高い額で売るには単独商談ではなく、複数の業者で競合させる事だ。単独商談なら短期間でじっくり交渉できるが、所詮車買取の専門家に交渉で勝てるわけがないのだ。まずは複数商談のメリットを知っておこう。

  • マークXの相場がだいたい分かってくる
  • ギリギリまで買取額を釣り上げられる
  • 専門家から見た車の状態のホントがわかる

複数の業者から査定をもらえば、その査定額を見てどれくらいが相場なのか分かるだろう。最高額も分かるので交渉の役にも立つはずだ。そして業者は損をしない程度なら買取したいのだから、ギリギリまで買取額を釣り上げる事も出来るだろう。

単独商談だと欠陥があれば必要以上に査定をマイナスされる事がある。だが他の業者に聞けば、マイナスにはならない部分だったりする。そういった専門家から見た車の状態がわかるのも、複数の業者に確認したからだろう。

買取相場の上限で売る買取交渉術

グラフと説明

複数の業者を競合させれば買取額アップは勝ち取れるだろう。だが、それだけでは買取相場の上限、もしくはそれ以上の額で売る事は難しくなる。まずは買取交渉術を頭に入れておこう。

  • 2番目、3番目に査定額が高い業者から交渉
  • 自分の車のウリをアピール
  • 絶対に即決はしない
  • いつまでもズルズル引き延ばさない

交渉はまず、2番目や3番目に査定額が高い業者から交渉を始めよう。2番目や3番目なら、1番高い査定額を提示するだけで査定額はアップするだろう。

そこから1番目の業者に行けば、さらなる買取額アップも望める。また交渉では自分の車のウリもしっかりアピールする事も忘れてはいけない。

買取は業者との駆け引きだ。そこで注意したいのは業者から申し出た即決交渉だ。業者は即決してくれるならこの額まで出します、と言ってくる場合もある。これはまだまだ交渉の余地がある証拠だ。

買取交渉で注意しなければいけないのは、時間をかけることだ。いつまでも交渉し続けていると、車の価値は下がる上に業者も呆れてしまうのだ。短期間ですぐに決めるからこそ、上限で売る事ができるのだ。

マークXを高く売るなら『車一括査定』愛車の買取相場がすぐわかる

一括査定の流れ

マークXを高く売るには複数商談は欠かせないだろう。だが複数商談による競合は、一つ間違えば高価買取どころか買取額が大きく下がってしまうこともあるのだ。まずは注意すべき点を知っておこう。

  • 査定が出そろうまでに無駄な時間がかかってしまう
  • 時間をかけると車の価値が下がる
  • いつまでも競合させ続けると業者が離れてしまう

複数商談での注意点をまとめると、時間がかかりすぎてしまうことだろう。時間がかかれば車の価値は下がり、提示された査定額も無効になってしまうこともある。それを避けるには一括査定がおすすめだ。

一括査定なら一斉に業者に査定依頼できるのだから、時間のロスを防げるだろう。一括査定なら依頼から数日で査定が出そろうのでスタートが早いのだ。もちろんアプローチが遅い業者もあるだろうが、その時点で意欲なしと切る事もできる。

ただ一括査定を利用しても、いつまでもダラダラと交渉を続ける人もいる。A社ではこの額だった、今度はこの額だって、などとキリなく続ければ業者も呆れてしまうだろう。結局、高価買取を狙ったのに安く売らざるを得なくなる事もあるのだ。

編集部おすすめ車一括査定 『カーセンサー』

カーセンサー

当サイト編集部が車一括査定サービスで最もおすすめしているのがリクルート社運営の「カーセンサー」。プリウス高価買取&査定額を知りたい方に最適だ。

なぜなら、ビッグモーターやアップル、カーセブンなどの大手買取店と提携し、買取業者数が1000社を超えているのはカーセンサーしか存在しない。

同時査定依頼も30社と業界最多なので、最も査定額が高い業者を選ぶ幅が圧倒的に広がるのだ。編集部所有の車を実際に査定したが、ディーラー下取りよりもなんと35万円も高い査定額が付いている。

他社の車一括査定もあるが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しない。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスだ。

まとめ

markx
(画像出典:https://toyota.jp/markx/ )

マークXはセダン車の中では非常に人気の車種だが、買取価格は決して高いとは言えない。ましてや初代マークXは年式的にほぼ価値がなくなりつつある。そして下落幅も大きくなってきているので、早急に買取を考えないといけないだろう。

ただ年式やグレード、ボディーカラーや装備によってはまだまだ価値があるものも多い。そこをウリにすれば買取相場よりも高く売る事もできるかもしれない。そのために大切なのが業者選びだ。業者選びさえしっかりすれば納得の買取額になるだろう。

ただしそれを見極めるのが一番の問題で、複数業者を比較して1社を選ぶのが望ましいだろう。ただし、1社1社査定を依頼していては時間がかかってしまう。そんな時は一括査定を利用してもいいだろう。それなら早急にスタートができるはずだ。

黒板に書かれた車とお金を比較した絵

【2019最新】車一括査定を1から使いこなすための全知識《完全版》

[cv] 車一括査定サービスとは?仕組みと流れを必ず理解する 利用前……続きを読む