メーカー・車種別

【人気車種】トヨタ車の情報をすべて網羅!車種別に特徴を解説!

並んだ車

高価買取をしてもらうにしても、新しい車の購入方法を考えるにしても、車の特徴を知っておくことは大切だ。トヨタ車の各社主の特徴やアピールポイントを知っておくと、査定の時にも査定員に説明しやすくなる。

それぞれの車には走りに特徴があったり、スタイリングに個性が出ていたりする。最先端の技術が、搭載されている場合もある。

これまでのモデルとは、全く違う挑戦をしている車もあるのだ。特に車種が多いトヨタ車は、各モデルによってキャラクターの棲み分けがはっきりしている。

自分の車や、気になっている車にどんな個性があるのかをチェックして見よう。コンパクトカーからミニバン、そして大型SUVまで幅広い車種について解説していきたい。技術的な面についての説明もしていく。

トヨタ
タイプ・車種別一覧
コンパクト
アクア ヴィッツ カローラ スペイド タンク
パッソ ポルテ ルーミー
ミニバン
アルファード ヴェルファイア ヴォクシー エスクァイア エスティマ
エスティマハイブリッド シエンタ ノア ハイエースワゴン
セダン
アリオン カムリ カローラアクシオ クラウン センチュリー
プリウス プリウスPHV プレミオ マークX MIRAI
クラウンアスリート クラウンマジェスタ
ワゴン
カローラ フィールダー プリウスα bB
SUV
C-HR ハイラックス ハリアー ランドクルーザー ランドクルーザー プラド
スポーツ
86
GR/GR SPORT
マークX”GRMN” アクア”GR SPORT” ヴィッツ GR SPORT “GR” ヴィッツ GR SPORT ヴォクシー”GR SPORT”
ノア”GR SPORT” 86 GR 86″GR SPORT” ハリアー”GR SPORT” プリウスα”GR SPORT”
プリウスPHV”GR SPORT” マークX”GR SPORT”
軽自動車
ピクシス エポック ピクシス ジョイ ピクシス トラック ピクシス バン ピクシス メガ

コンパクト

アクア

アクア
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・アクア)

コンパクトカーでありながら、ハイブリッドシステムを採用しているトヨタのヒットモデルだ。燃費もリッター30キロを余裕で超えるため、維持費も安く非常に魅力的な車種である。効率を極限まで高めたハイブリッドシステムが、採用されている。

モーターのメリットと、エンジンの長所を上手く組み合わせて、燃費性能が高められている。燃費ばかりを追求している訳では無く、パワフルな走りも楽しめる。重心も低く設計されているから、高速道路や峠のドライビングを楽しめるようになっているのだ。

アクア

【2019最新】アクア買取相場は?査定相場より高く売る条件はコレだ

【査定表】アクアの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるアクアの1年落……続きを読む

ヴィッツ

ヴィッツ3代目
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ヴィッツ)

ヴィッツは誰が運転しても安全なドライビングが出来るような、設備が採用されている。

  • 滑りやすい路面対策
  • 全乗員を保護するエアバッグ
  • 踏み間違えを防ぐソナー搭載

滑りやすい道路を運転しているときに、スリップしないように自動でドライビングをサポートしてくれる。乗員が皆守られるようなエアバッグが、しっかりと搭載されているのも安心出来るポイントだ。

駐車場でアクセルとブレーキの踏み間違えをする事故が、相次いでいる。そんな事故を防ぐための、ソナーが搭載されている。

ヴィッツ

【2019最新】ヴィッツ買取価格は?査定相場より高く売る4つのポイント

【査定表】ヴィッツの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるヴィッツの2……続きを読む

カローラ

トヨタ・カローラ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・カローラ)

カローラはトヨタだけでは無く、日本の乗用車の歴史を作ってきたモデルである。国内でも海外でも、絶対的な認知度を誇る車種だ。ドライバーがどのポジションを取っても、視界が確保出来る設計はさすがだ。

あらゆる年齢層のオーナーが所有するカローラは、良好な視界を確保するのが最低条件である。ボディサイズはコンパクトでありながら、室内には余裕のあるスペースが広がっている。ナノイーが搭載され、室内で爽やかな空気を味わうことができる。

スマートキーシステムによって、カギを使わずにドアを開けられる。

スペイド

トヨタ・スペイド
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・スペイド)

トヨタスペイドは、ポルテとシャシーを共有しているモデル。スペイドにはどんな特徴があるのだろうか。

  • カラーバリエーションが豊富
  • VVT-iEエンジンが採用されている
  • 燃費が良い

スペイドには9色のカラーが用意されていて、選ぶのに困るほどだ。各カラーで車の表情が大きく変わる。VVT-iEエンジンはパワフルでありながら、静粛性が優れている。効率よくベストな回転数をキープしてくれるから、燃費が良いのも特徴である。

車重も軽いため加速も良く、見た目とは違いドライビングを楽しめる。

スペイド

【2019最新】トヨタ『スペイド』の買取相場は?売却査定額を上げる条件はコレ!

【査定表】スペイドの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるスペイドの1……続きを読む

タンク

トヨタ・タンク
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・タンク)

タンクは中に入った途端に、驚くほどの広い空間が特徴的なモデルである。見た目からは想像出来ないような、心地の良いスペースが広がっている。両側がパワースライドドアのために、スイッチ1つで開閉が出来る。

子供を抱っこしていたり、買い物袋で両腕が塞がっていたりするときには役立つ。シートアレンジも多彩で、あらゆる用途に対応することができるのだ。

シートバックテーブルも付いているから、車内で休憩を取るときにも、コーヒーブレイクをしっかり楽しめるだろう。

パッソ

トヨタ・パッソ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・パッソ)

パッソはトヨタの中では、一番小さい5人乗りの車である。シンプルなモデルと、ちょっとお洒落なモデルが用意されている。ガソリンエンジン車では、トップレベルの燃費性能を誇る。

これまでのエンジンを徹底的にブラッシュアップして、燃費性能が大幅に改善されているのだ。

ボディも強化されているため、乗り心地やドライビング性能も良くなっている。コンパクトカーなのに、ストレス無く走ることが出来るのは嬉しい。一番小さなモデルでも、安全性能をおろそかにしていないのが特徴だ。

トヨタ・パッソ

【2019最新】パッソの買取相場は?売却査定額を上げる4つのポイント!

【査定表】パッソの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるパッソの1年落……続きを読む

ポルテ

トヨタ・ポルテ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ポルテ)

ポルテは、電動スライドドアが採用されている。年配者がいたとしても、簡単に乗り降り出来る設計だ。開口部が大きいし、段差のないフラットな室内のため、高齢者の介護などにも重宝されるモデルである。

大きな荷物を積み込めるので、自営業をしている人にとっても使い勝手の良い車となっている。コンパクトサイズながら、大の大人がフル乗車しても快適に移動出来る。室内高が十分あるため、子供が立ったまま着替えも出来るようだ。

グローブボックス以外の収納が、充実しているのも助かるポイントだ。

ポルテ

【2019最新】ポルテの買取相場は?売却査定額を上げる5つのポイント!

【査定表】ポルテの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるポルテの1年落……続きを読む

ルーミー

ルーミー
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ルーミー)

ルーミーはコンパクトサイズながら、高速道路を快適に走れるような高性能なエンジンが搭載されている。1000ccにターボ技術を組み合わせて、小さなエンジンなのに、十分なパワーを得られるようになっているのだ。

大きな排気量のエンジンがパワフルなのは当然だが、小さなエンジンでもドライブする喜びを与えてくれるのは、トヨタの高い技術がなせる技だ。最小回転半径も4.6メートルと小さいので、日本の狭い道路でも使い勝手が良い。

車内の静粛性も高いため、ドライブ中の会話も思う存分楽しめる。

ミニバン

アルファード

アルファード
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・アルファード)

アルファードのシートは質感がこれまで以上に向上し、さらに高級感と快適性が増した。最上級のグレードには、他の車種では得られないような、くつろぎを感じられるセカンドシートが設定されている。

新しく開発されたV6エンジンが搭載されていて、低燃費でありながらも、パワフルな走りを味わうことができる。トヨタ独自の燃料噴射システムが使われているため、シルキーなパワートレインを楽しめる。駐車をするときにも、最先端の技術でサポートしてくれる。

アルファード

【2019版】アルファードの買取相場は?査定額を上げる4つのポイント

【査定表】アルファードの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるアルファ……続きを読む

ヴェルファイア

ヴェルファイア
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ホンダ・ヴェルファイア)

ヴェルファイアは、見るものを圧倒するスタイリングが評価されている車だ。他の車とは一線を画すそのフォルムは、所有欲を十分に満たしてくれる。

アピールポイントは、スタイリングだけではない。トヨタでは初の搭載となる、レーントレーシングアシストも魅力的だ。

高速で走っていても、思い通りにレーンをトレースしていける。プリクラッシュセーフティも採用されているから、前の車にぶつかる確率を極限まで低くすることができる。室内は木目調が多く使われていて、高級感がある。

ヴェルファイア

【2019版】ヴェルファイアの買取相場は?査定額を上げる5つのポイント

【査定表】ヴェルファイアの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるヴェル……続きを読む

ヴォクシー

ヴォクシー
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ヴォクシー)

ヴォクシーは男性が見たら、誰もがかっこいいと思うようなスタイリングが特徴である。父親になったからと言って、スタイリングを犠牲にしてファミリーカーを選びたくはない。

妥協せずにベストな選択が出来るような選択肢を、トヨタはヴォクシーで与えてくれた。

自由にカスタマイズ出来るから、他とは違う自分好みのヴォクシーを手に入れられる。安全性能も充実しているので、家族を守るためにも大活躍してくれるだろう。サードシートまできちんと守ってくれるエアバッグなどは、安心出来る設備だ。

ヴォクシー

【2019最新】ヴォクシーの買取相場は?売却査定額を上げる5つのポイント!

【査定表】ヴォクシーの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるヴォクシー……続きを読む

エスクァイア

エスクァイア
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・エスクァイア)

エスクァイアは国内だけでは無く、海外でも人気のあるモデルだ。どんな点が評価されているのだろうか。

  • 一回見たら忘れないフォルム
  • スペシャルなくつろぎを提供する室内
  • 思いのままに走れる走行性能

インパクトのあるフォルムはとても精悍で、一回見たら忘れることがない。室内もシートをロングスライドさせることが出来、約1メートル弱のスペースを確保出来る。走行性能も優れていて誰でも、思いのままにドライブすることが可能だ。

国産車VS外車メーカー一覧と特徴全て

・国産車VS外国車メーカー一覧と特徴全て 国内では、国産車と外国車メーカー……続きを読む

エスティマ&エスティマ(ハイブリッド)

エスティマ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・エスティマ)

エスティマは、かなりの長期間にわたって、フルモデルチェンジがされていない人気車種だ。ミニバンであるにもかかわらず、エレガントなスタイルが特徴的。非常に広い室内スペースがあっても、ハイブリッドモデルの設定があるから、燃費面でも懐にやさしい。

流線型の美しいスタイリングゆえに、空気抵抗も少なく、長距離走行も苦にならない。風斬り音が少ないと、車内での会話も弾むものだ。サードシートを格納したいときには、自動でしてくれるシステムもありがたい。

エスティマ

【2019版】エスティマの買取相場は?査定額を上げる4つのポイント

【査定表】エスティマの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるエスティマ……続きを読む

シエンタ

トヨタ・シエンタ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・シエンタ)

シエンタの特徴は何だろうか。

  • 乗り降りが楽な低床設計
  • 簡単にサードシートをしまえる
  • ゆったり座れるレイアウト

シエンタは子供や年配者でも、楽に乗り降り出来る低床設計。また不要なときには簡単にサードシートをしまうことができる設計である。女性でも力を入れずに、サードシートを仕舞えるので使い勝手が良い。

ゆったり座ることができるシートレイアウトも秀逸だ。トヨタは改善をつくして新しいモデルを作ってくるから、これまでの不満な点が見られないのは嬉しい。

シエンタ

【2019最新】シエンタ買取価格は?査定相場より高く売る5つのポイント

【査定表】シエンタの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるシエンタの1……続きを読む

ノア

3代目ノア
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ノア)

ノアの室内は超ロングスライド出来るため、あたかも自宅のリビングにいるかのような、広大なスペースを作り出せる。ドライブに出かけても、くつろいで休憩出来るし、小さな子供も窮屈に感じること無く、長時間のドライブを快適にこなせる。

ドライバーの視角も広いため、普段はあまり運転しない奥さんがドライブしても安心して操作出来る。色々な小物をスッキリしまえるような工夫が、随所に見られるのはトヨタらしい気配りだ。買い物袋を引っかけられるフックがあるのは、助かるポイントである。

3代目ノア

【2019最新】ノアの買取相場は?売却査定額を上げる6つのポイント!

【査定表】ノア(NOAH)の平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるノア……続きを読む

ハイエース

ハイエース
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ハイエース)

ハイエースは、人と物を出来るだけ安全に運ぶために開発されている。業務用などに活用されることが多いため、衝突回避支援パッケージが搭載されている。車を守るだけでは無く、歩行者の安全も考えている安全設備だ。

自動ブレーキや車線をはみ出したときに、知らせてくれるアラートがある。夜のドライブでも視野を確保してくれる自動ハイビームは、非常に助かる設備だ。広いスペースが確保出来るワゴンタイプや、心地よく移動ができるタイプなどもある。

ハイエース

【2019版】ハイエースの買取相場は?査定額を上げる4つのポイント!

【査定表】ハイエースの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるハイエース……続きを読む

セダン

アリオン

アリオン
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・アリオン)

アリオンはカローラよりも、ワンクラス上のセダンという立ち位置である。モデルチェンジごとに、力強く洗練されたスタイルとなっている。最新のモデルではフロントグリルのデザインが、これまでと大きく変わっている。

クラウンにも通じるグリルデザインで、より力強さが強調されている。室内インテリアは、高級感のある木目調が贅沢に使われている。スペース的にもゆとりのある設計のため、全ての乗員が快適に移動出来る。トヨタのセダン作りはさすがである。

カムリ

カムリ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・カムリ)

カムリは、北米で評価の高いトヨタのセダンである。力強い走りを連想させるスタイリングが、特徴的なモデルだ。

ドライバーが走りを思わず楽しみたくなってしまうような、室内デザインも特徴的である。コクピットとでも呼べるようなデザインで、誰もがパイロットになったかのように感じる。

実際の走りもバランスが良く、安定感がある。トヨタ自慢のTNGAプラットフォームが、採用されている。思い通りにラインを取ることが出来、他の乗員を不快にさせる横揺れも少ない。

カローラアクシオ

カローラアクシオ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・カローラ)

カローラアクシオが、長年良い車と評価されているのはなぜだろうか。

  • 広いラゲッジルーム
  • 燃費の良いエンジン
  • 走りを選べる作り

カローラアクシオは、広いラゲッジルームがあるため、いくつものゴルフバッグを余裕で積み込める。燃費の良いガソリンエンジンと、ハイブリッドエンジンの設定があるのも良い。

走りを選ぶことができるモードスイッチが付いており、簡単にエコモードにするか、走りを楽しむモードにするかを選べる。特に燃費を意識しなくても、低燃費になるのは嬉しい。

カローラアクシオ

【2019最新】カローラアクシオの買取相場は?売却査定額を上げる条件はコレ!

【査定表】カローラアクシオの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるカロ……続きを読む

クラウン

トヨタ・クラウン
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・クラウン)

クラウンは、コネクティッドカーと呼ばれている。コネクティッドカーとは、どのようなものなのか。

  • ドライバーに情報を伝達してくれる
  • 街の情報を得られる
  • ドライバーに快適な社会作りに貢献

この最先端のシステムは、クラウンのナビが、常にネットワーク上に繋がれるようになる。結果として、レストランの予約などが簡単にできる。おすすめのお店の情報など、街の情報も教えてくれるのだ。

さらに、車両のデータを細かく収集し、ドライブを快適に楽しめる社会作りに活かされる。

センチュリー

トヨタ・センチュリー
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・センチュリー)

先頃フルモデルチェンジが発表されたセンチュリー。要人の移動などにも使われているほど、信頼されているショーファーカーだ。トヨタの最高クラスのセダンである。多くの技術革新とブラッシュアップを重ねて、最高の走りとおもてなしを提供する車だ。

日本独特の美意識がふんだんに盛り込まれており、伝統的なスタイルでありながら、最先端のモダンさを感じるフォルムである。後席に座った人が、心からくつろげるような空間が用意されている。

プリウス

プリウス
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・プリウス)

プリウスは乗っている人も、歩行者も守ってくれる設備が満載のモデルである。どんなシステムが、採用されているのだろうか。

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

先行者とぶつかってしまわないように、危険なときには自動でブレーキを掛けてくれるプリクラッシュセーフティがある。

さらに、レーンディパーチャーアラートは車線をはみ出さないようにするため、オートマチックハイビームは夜の視界を確保する設備だ。

自動運転をサポートする、レーダークルーズコントロールも嬉しい装備である。

プリウス

【2019最新】プリウス買取価格は?査定相場より高く売る5つのポイント

【査定表】プリウスの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるプリウスの3……続きを読む

プリウスPHV

トヨタ・プリウス PHV
(画像出典:https://toyota.jp/priusphv/)

プリウスPHVの特徴には、何があるだろうか。

  • 電気自動車を一足早く体験出来る
  • ハイブリッド以上の燃費の良さ
  • ソーラー充電が可能

電気自動車は未来の話かと思っていたら、プリウスPHVでもう体験出来てしまうのだ。ハイブリッドとの、いいとこ取りをしてくれるのがプリウスPHVである。燃費性能はリッター70キロ弱という驚くべき数字だ。

しかもソーラー充電も出来るし、家庭用のコンセントからの充電も可能である。非常に使い勝手の良い電気自動車なのが、プリウスPHVなのだ。

トヨタ・プリウス PHV

【2019版】プリウスPHVの買取相場は?査定額を上げる5つのポイント!

【査定表】プリウスPHVの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるプリウ……続きを読む

プレミオ

プレミオ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・プレミオ)

プレミオは、優雅で華やかなミディアムプレミアムセダンだ。木目調の室内デザインと本革シートの組み合わせは、他の同クラスのセダンとは比べられないほどの高級感がある。トヨタらしい丁寧な作りのため、上質な空間を大いに味わえる。

衝突を自動で回避するようにドライバーを、サポートしてくれるシステムも採用されている。

レーザーレーダーと単眼カメラという組み合わせによって、衝突を回避する精度を高めている。ハイビームを自動で切り替えるシステムもあり、夜間の視界を安全に確保してくれるのだ。

プレミオ

【2019最新】プレミオ買取価格は?査定相場より高く売る3つのポイント

【査定表】プレミオの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるプレミオの3……続きを読む

マークX

マークX
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・マークX)

マークXは、躍動するかのようなスタイルが印象的なモデルだ。走りが強烈であることを、誰もがそのフォルムを見たら連想してしまう。

ドライバーが運転に集中出来るように、デザインされた室内も素晴らしい。それぞれのディテールが洗練されているので、所有する喜びも感じられる。

非常に剛性の高いシャシーと、ショックが少ないアブソーバーの組み合わせゆえに、走行性能が優れている。ハンドリングも熟成されていて、思い通りのコーナリングを楽しめる。6速ATのため、エンジンの一番良いレンジを使い切れる。

markx

【2019最新】マークX買取価格は?査定相場より高く売る5つのポイント

【査定表】マークXの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるマークXの2……続きを読む

MIRAI

MIRAI
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・MIRAI)

MIRAIは水素で伝記を作りながら、走行する最先端の車である。ガソリンを使わず水素を使うために、環境に良い車と考えられている。排気ガスが出ないため、空気を汚さずに走れるのだ。走るときに排出されるのは水なので、とてもクリーンな車だ。

水素ステーションで水素を充填した後は、650キロほど走ることができる。一回の充填で、これだけ長く走れれば申し分ない。水素車は走行距離の少なさゆえに、使い勝手が疑問視されていたが、MIRAIであればその心配は無い。

クラウンアスリート

トヨタ・クラウン
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・クラウン)

トヨタクラウンアスリートは、走りの楽しさを追求した車種である。クラウン以上に加速やコーナリング性能に磨きを掛け、ドライビング性能をアップさせている。大きな特徴はスポーティでありながらも、高級感があることだ。

走りの性能としては、どんな路面コンディションであっても、走りを安定させるモードが付いている。誰が運転しても、様々な状況でベストなドライビングが出来るのである。ハイブリッドモデルも設定されているため、大排気量ながら燃費も良い。

トヨタ・クラウン

クラウンアスリートの買取相場は?売却査定額を上げるポイント!

【早見表】クラウンアスリートの年式や走行距離別の相場一覧 まず目安となるクラウ……続きを読む

クラウンマジェスタ

トヨタ・クラウンマジェスタ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・クラウンマジェスタ)

クラウンマジェスタは、レクサスを意識して作られた高級セダンである。燃費もリッター20キロ弱と、大型セダンにしては非常に優秀だ。安全性能も充実していて、衝突を回避するためのシステムが搭載されている。

2つのセンサーによって、常に前を行く車や対抗してくる車の情報を集めてくれる。安全にドライブするのには、欠かせないシステムである。

体が疲れる長距離ドライブをするとしても、このシステムがあるなら安心だ。トヨタの技術の高さを、垣間見るモデルだ。

ワゴン

カローラフィルダー

トヨタ・カローラフィールダー
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・カローラフィールダー)

カローラフィルダーは、カローラのワゴンタイプだ。カローラの熟成されたシャシーに、大容量のワゴンが着いているため、使い勝手は格段に良い。モデルチェンジごとに、デザインが大きく変わってきている。

個人の需要だけでは無くて、法人の需要も大きいのが特徴だ。商用車としても優秀で、日本の多くの企業を陰ながら支えているモデルである。燃費の良い1500ccのエンジンはパワーも十分あり、中距離や長距離移動もらくらくこなす。

ハイブリッドモデルもあるため、燃費にこだわりたい人は選ぶべき車種だ。

カローラフィールダー

カローラフィールダーの買取相場は?売却査定額を上げるポイント!

【査定表】フィールダーの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるカローラ……続きを読む

プリウスα

プリウス
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・プリウス)

プリウスのワゴンタイプであるプリウスα。荷物をたくさん積めるだけでは無くて、低重心のため気持ちの良い走りをする事が出来る。加速を楽しんだとしても、リッター40キロ近い低燃費なのは助かるポイントだ。

空気抵抗が少ない、計算し尽くされたフォルムが印象的なモデルである。デザインと安全性能を両立させた、Toyota New Global Architectureと呼ばれるシャシーも凄い。強度が上がっているために、ぐらつきのないコーナリングを楽しめる。

プリウスα

【2019最新】プリウスαの買取相場は?売却査定額を上げる4つのポイント!

【査定表】プリウスαの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるプリウスα……続きを読む

bB

トヨタbB
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・bB)

bBは、主に北米の若者をターゲットに開発された。bBにはどんな特徴があるのか、押さえておこう。

  • 悪そうなデザイン
  • 扱いやすいエンジン
  • スピーカーが9つも搭載されている

若者が好きそうな、分かりやすい悪っぽさがデザインで演出されている。エンジンは1300ccと1500ccの2つの種類が用意されていて、扱いやすいラインナップとなっている。電子制御4速ATもスムーズだ。

若者が車で音楽を十分楽しめるように、純正でスピーカーが9つも付いているのは、bBらしいアピールポイントである。

トヨタbB

【2019最新】トヨタ『bB』の買取相場は?売却査定額を上げる条件はコレ!

【早見表】bBの年式や走行距離別の相場一覧 まず目安となるbBの5年落ち、3万……続きを読む

SUV

C-HR

トヨタ・C-HR
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・C-HR)

C-HRは、ヨーロッパの過酷な道で鍛えてきた走りが魅力の車だ。ダウンサイジングされたエンジンにターボを組み合わせ、燃費が良いにもかかわらず、パワフルな走りが出来るという矛盾する結果を生み出した。

シャシー剛性が高いために、安定した走りやコーナリングを楽しめる。スタイリングも独特で、高い存在感を放っている。オリジナリティーの高いフォルムは、他とは違う車を求めている人には良い選択肢となるだろう。

安全性能もおろそかにされておらず、滑りやすい路面でステアリング操作をアシストする機能が採用されている。

C-HR

【2019最新】C-HRの買取相場は?売却査定額を上げる3つのポイント!

【査定表】C-HRの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるC-HRの1……続きを読む

ハイラックス

ハイラックス
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ハイラックス)

ハイラックスは、どんなタフな使い方にも耐えてくれる、ピックアップスタイルのモデルだ。オフロードを楽しむのもよし、仕事でガンガン使うのもよしという車種である。荷台は非常に広く、あらゆる遊び道具や仕事道具を受け入れてくれる。

室内も広くて、乗員が快適に移動出来る環境がある。荷台は雨や風に耐えられるような、塗装が施してある。スマートキーシステムが採用されているため、両手に道具を持っているようなときにも車内に入りやすい。

ハイラックス

【2019最新】ハイラックスの買取相場は?査定額を上げる条件はコレ!

【査定表】ハイラックスの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるハイラッ……続きを読む

ハリアー

ハリアー
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ハリアー)

ハリアーはSUVでありながら、街中でも優雅に見えるスタイリングが印象的なモデルである。エクステリアだけが上質な訳では無く、室内も素敵な空間が広がっている。車内に入ると、エンブレムが浮かび上がるような演出がされていて驚く。

スイッチ操作1つだけでハッチが開くシステムや、ターボエンジンゆえの気持ちの良い加速など、ドライバーが必要とする装備が充実している。温熱シートが採用されているため、寒い日でも快適なドライブが楽しめる。

ハリアー

【2019最新】ハリアー買取価格は?査定相場より高く売る5つのポイント

【査定表】ハリアーの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるハリアーの1……続きを読む

ランドクルーザー

トヨタ・ランドクルーザー
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ランドクルーザー)

ランドクルーザーと聞けば、世界の誰もが、トヨタのSUVであると分かるほど知名度のあるモデルだ。

世界中の荒れた路面を経験してきたがゆえのランドクルーザーの走行性能は、別格である。あらゆる厳しい条件の中で使われてきたからこそ、信頼され今なおSUVのトップを走る。

パワフルな走りだけでは無く、先進性でも優れている。歩行者との衝突を避けるためにドライビングをサポートしてくれる、プリクラッシュセーフティが採用されているのだ。いち早く歩行者を検知して、ドライバーに知らせてくれる。

トヨタ・ランドクルーザー

ランドクルーザーの買取相場は?売却査定額を上げる4つのポイント!

【査定表】ランクルの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるランドクルー……続きを読む

ランドクルーザープラド

トヨタ・ランドクルーザープラド
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ランドクルーザープラド)

ランドクルーザープラドは、オフロードで素晴らしい走行性能を見せるが、オンロードでの快適性も切り捨てていない。申し分の無いトルクを持つエンジンと、路面の状況に合わせて、ベストな走りを選択してくれるシステムが搭載されている。

安心してあらゆる状況で、走らせられるモデルだ。雪が降っているような悪路であっても、トラクションを維持しながら走行出来る。ドライバーはただステアリングを操作しながら、前に進んでいけば良いので助かる。

トヨタ・ランドクルーザープラド

【2019年最新版】ランドクルーザープラド高価買取4つのポイント&査定相場

【査定表】プラドの平均買取価格(年式&走行距離) まず目安となるプラドの2年落……続きを読む

スポーツ

86

86
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・86)

86は、世界のあらゆる道で鍛えられてきた足回りを堪能出来るモデルだ。爽快感のあるドライビングを、存分に楽しめる車種である。出来るだけ空気抵抗を少なくするために、計算し尽くされたエクステリアが美しい。

車内に入り込むと、すぐに運転したくなるようなコックピットがある。ドライビングに極限まで集中出来るように、配置されたメーター類も秀逸だ。ファンの多い86は、自分のカスタマイズと、他の人のカスタマイズを比べて楽しむことができる。

軽自動車

ピクシス エポック

トヨタ・ピクシスエポック
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ピクシスエポック)

トヨタのピクシス エポックには、どんな特徴があるのか。

  • スマートアシストⅢが搭載されている
  • 縦列駐車がしやすい
  • LEDランプがスタイリッシュ

スマートアシストⅢが搭載されているため、前にいる歩行者をすぐに認識してくれる。危ない場面では、緊急ブレーキも掛けてくれるので安全だ。車の四隅にセンサーが内蔵されているので、縦列駐車を簡単に行える。

LEDのヘッドランプが採用されているから、見た目もスタイリッシュだし、消費電力を抑えられバッテリーにもやさしい。

ピクシス ジョイ

ピクシスジョイ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ピクシスジョイ)

ピクシス ジョイには、自分の好みに合わせて選べるいくつかのグレードが用意されている。

  • Cグレード
  • Fグレード
  • Sグレード

Cグレードは、アクティブにアウトドアなどを楽しみたい人におすすめのモデルである。Fグレードはメッキが各所に施されていて、都会的な印象を持つモデル。最後のSグレードはオリジナリティーの高いモデルで、走りを楽しみたい人向けのスポーティなモデルだ。

カラーバリエーションが豊富で、2トーンカラーも選べてしまう。色の組み合わせがとても多いから、自分のお気に入りの一台を手に入れられる。

ピクシス バン

トヨタ・ピクシスバン
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ピクシスバン)

働く人をサポートするピクシス バンの魅力を見ていこう。

  • 安全運転サポート機能
  • キビキビ走る

ピクシス バンには、衝突回避支援システムが採用されている。車の前方にある危険をいち早く察知して、ドライバーに教えてくれるのである。うっかり目の前に歩行者がいたり、背の低い障害物があったりするときに役立つシステムだ。

仕事のためにあらゆる場所で使用されるために、このような安全装備が充実しているのは素晴らしい。たくさんの荷物を積んでも、キビキビ走ってくれる足回りやエンジンも魅力的だ。

ピクシス メガ

ピクシスメガ
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ピクシスメガ)

軽自動車なのに、人も物もしっかり運んでくれる優等生だ。評判の良いトヨタのピクシス メガの特徴は何だろうか。

  • 室内高が十分ある
  • 収納場所がたくさんある

ピクシス メガは180センチを超える高さがあるために、室内も十分の広さを備えている。中に乗る人が、快適に移動出来るような環境がある。荷物もたくさん積めるから、使い勝手が良いのだ。

収納場所もたくさんあるため、車内が散らかりにくいのは助かる。シートアレンジも多彩で、色々なニーズに応えてくれる。