N-BOXを売ろうとするときに、出来るだけ高く売れれば嬉しいのではないか。次の車へ買い替えようと思っているなら、高く売れることで購入資金を得ることができる。新しい車に買い替えなくても、高価買取をしてくれるなら家計が助かるだろう。

これまで車を売ったことが無い人は、どうしたら高価買取をして貰えるのか知りたいはずだ。今までディーラーにしか、下取りをしてもらったことが無い人も、さらに高い値段で車を売却出来ると知ったら驚くかも知れない。

どんな方法で高価買取がしてもらえるのかや、査定額をアップする方法を解説していきたい。N-BOXの最新の買取相場も合わせて、見ていく。走行距離ごとの買取相場についても説明していこう。

N-BOXの買取相場は?

保険

N-BOXの買取相場は、37万円前後である。買取相場は高い水準となっているのが特徴的だ。N-BOXの新車自体、常に軽自動車の販売ランキングのトップ争いをしている。中古車市場でもこの状態は同じで、かなりの人気車種である。

N-BOXは中古車販売店に入庫しても、比較的早く売れてしまう。そのため各販売店は、一台でも多くN-BOXを仕入れたいと思っているのだ。だから買取専門店などはN-BOXを買い付けて、販売店に流通させていと考えている。

特に買取相場が高くなるN-BOXがある。それは装備が充実しているモデルである。

  • 電動スライドドア
  • ディスチャージヘッドライト
  • 事故回避支援システム

これらの装備が付いている車種は、買取相場が高くなる。装備については後ほど詳しく説明していくが、ただでさえ高く売れるN-BOXに、これらのオプションが付いていれば査定額アップは間違いないだろう。

もちろん走行距離や年式によって、最終的な査定額は変わってくるが、他の車種よりも高価買取を期待出来る。

3年・3万キロ前後の買取価格

N-BOX(画像出典:wiki「ホンダ・N-BOX」)

3年・3万キロ前後のN-BOXの、買取価格はどれくらいなのだろうか。この条件だと120万円前後が、買取相場となってくる。それぞれのグレードによってさらに相場は変動してくるが、基本的にはこれくらいの値段になる。

N-BOXは2017年にフルモデルチェンジをしたが、それでも前のモデルの人気はあまり落ちていない。旧型モデルでも十分に使い勝手が良く、スタイリングも角張っていて、古さを感じさせない。まだまだ十分高値が付くモデルである。

軽自動車の規格を目一杯使ったスタイリングは、室内空間が十分すぎるほど広い。ファミリーカーとして、使い勝手が良いのがヒットの理由だ。子供の送り迎えの時や、どこかに遊びに行くときにも便利な車なのである。

5年落ち・5万キロ前後の買取価格

N-BOX(画像出典:wiki「ホンダ・N-BOX」)

5年落ち・5万キロ前後のN-BOXの買取価格は、90万円前後である。人気のボディーカラーだと、100万円を超えることもある。人気のグレードはもともと価格が高かったため、徐々に値段がこなれてきて下がってきている。

しかし人気グレードに比べてターボが付いていないノーマルグレードの価格は、あまり下がらない。もともと人気グレードよりも価格が安かったため、そのままの価格で推移しているのである。

N-BOXの場合はノーマルグレードでも、十分査定額がアップする可能性がある。

車検までの日付が短くても、他の車種より高値が付きやすい。フィットと同じようなセンタータンクレイアウトになっているから、室内の広さをクラストップレベルにする事が出来ている。

走行10万キロ以上の買取価格

N-BOX(画像出典:wiki「ホンダ・N-BOX」)

通常は走行10万キロを超えていると、過走行車として一気にマイナス査定をされてしまう。N-BOXの場合は過走行車であったとしても、高値が付く可能性がある。例えば6年落ちで、10万キロを超えているN-BOXであっても、60万円オーバーの査定額が付いている。

10万キロ超えのN-BOXの買取価格の相場は、40万円前後と考えておくと良いだろう。20万キロを超えているモデルでも、20万円ぐらいで買取が成立しているケースがある。それだけN-BOXは、中古車市場で人気車種であるという証だ。

覚えておきたいのは走行距離が少ないほど、買取価格も高くなると言う事だ。特にN-BOXはリセールバリューが高いから、なるべく走行距離が伸びないうちに手放すのがお得である。

N-BOXの買取相場の推移

N-BOXはさすが人気車種だけあり、買取相場の推移はゆっくりしている。数ヶ月前の買取相場と比べても、4万円くらいしか落ちていない。普通のモデルであれば、数ヶ月もすると10万円くらい落ちることがある。

やはりN-BOXは、室内高が140センチという魅力的なポイントが、未だに評価されているのだろう。乗降性も優れていて、高齢者でも無理なく乗り降り出来る。細かなところまで配慮されている作りのため、今でも人気が続いているのだ。

中古車の場合は買取相場が、ゆっくりでも着実に下がっていく。特別仕様車が発表されたりマイナーチェンジモデルが出たりすると、より相場は下がっていく。

いつN-BOXを売ろうか迷っているときには、早ければ早いほど査定価格が上がりやすいという点を覚えておこう。

N-BOXの年式や走行距離別の相場表

年式 走行距離 グレード 平均下取り相場 平均買取相場
2011年 30,000km G 46.9万円 55.4万円
50,000km 41.9万円 50.5万円
100,000km 35.2万円 43.8万円
2016年 30,000km G 66.4万円 74.9万円
50,000km 61.4万円 70.0万円
100,000km 54.8万円 63.3万円

N-BOXを高く売る5つのポイント

チェックリスト

N-BOXは普通にしていても高く売れるが、さらに高い査定額を引き出すにはどうしたら良いのだろうか。査定士に注目して欲しいN-BOXのアピールポイントを、押さえておきたい。同じN-BOXと言う車種であっても、グレードや装備によって査定額が変わってくる

人気のボディーカラーであれば、プラス査定になることがあるのだ。どんなポイントがプラス査定になるのかを知っているなら、そこを査定士に伝えられる。最終的な価格が提示されたときに、きちんとプラス査定してくれたかを確認出来るのである。

年式&グレード

カーショップ

N-BOXはいくつかのグレードがあるが、主なグレードは5つである。

  • Gグレード
  • G・Lグレード
  • G・EXグレード
  • G・Lターボグレード
  • G・EXターボグレード

Gグレードが一番ベーシックで、次のG・Lグレードがより装備が充実しているグレードだ。G・EXグレードは高級路線のグレードとなる。これらのグレードに対し、さらにN-BOXカスタムと言うバージョンもある。

N-BOXカスタムは、若者や男性に人気のグレードだ。特別な装備がエクステリアや、インテリアにあしらわれている。高級感もあるために、普通のモデルよりも確実にプラス査定される。

カスタムでなくてもターボが付いているグレードなら、査定額がアップしやすい。ノーマルグレードでもターボが付くだけで、価格が高くなる。

走行距離

メーター

N-BOXを少しでも高く売りたいときには、走行距離に注目したい。走行距離が少ないほど、査定額は上がりやすい。どうしてそこまで買取業者は、走行距離を重視するのだろうか。走行距離が少ないほうが、中古車販売店で売りやすいからである。

中古車を買うお客さんは、出来るだけ新しくてコンディションが良い車を探す。買ってすぐに、消耗品の交換に費用が掛からないモデルを探そうとするのだ。

良い車を探す時に注目するのが、走行距離である。走行距離が少ないほど、消耗品もまだ持つだろうと考えられるのだ。

査定士はすぐにでも売れるような車をいつも探しているから、走行距離がまだあまり伸びていないN-BOXを見ると高値を付けてくれる。N-BOX自体人気車種なので、距離がかなり伸びていてもある程度の価格はつくだろう。

装備は充実&両側電動スライドドア

チェック

N-BOXの人気装備は、両側電動スライドドアだ。両側が電動で開け閉め出来るため、非常に便利な装備である。子供を抱っこしているときや、買い物袋で両手が塞がっているときに使い勝手が良い。さらに駐車場が住宅地だと、ドアを閉めるときの音に気を使う。

深夜に車を使うことが多い人もドアを閉めるときに、静かに閉めようとするだろう。電動のドアであれば、そのような心配は必要ない。非常に人気の装備である。他にもN-BOXには、人気装備がいくつかある。

  • ナビゲーションシステム
  • 無限エアロ

ナビゲーションシステムが付いていると、プラス査定になりやすい。純正のものでも良いし、社外品でも性能が高いものだと価格がアップすることがある。無限エアロは間違いなく、価格がアップしやすい装備である。

本革巻ステアリングホイールや、クロームメッキセレクトレバーボタン&シャフトなどの装備も人気だ。パドルシフトや、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンなどの高級装備も査定時にアピールしたい。

先進の安全装備は付いているかどうか

運転中

ファミリーカーで重視されるのは、安全装備である。もしN-BOXに専心の安全装備が付いているなら、プラス査定が期待出来るだろう。N-BOXには、どんな安全装備が用意されているのか。

  • 衝突軽減ブレーキ (CMBS)
  • 路外逸脱抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能

衝突軽減ブレーキ (CMBS)と言うのは、間違って歩行者に追突しそうになったときに、自動ブレーキが作動するシステムだ。思わぬ事故を回避出来るような装備なので、人気が高い。路外逸脱抑制機能は、車線から大きくそれてしまわないようにサポートしてくれる。

間違ってバックしてしまわないような後方誤発進抑制機能も、備わっていると安心出来る装備である。さらにN-BOXにはオートハイビーム(ハイビームアシスト機能)や、急ブレーキ時に役立つエマージェンシーストップシグナルがある。

ボディーカラー

クルマ掃除

N-BOXでは、どのようなボディーカラーが人気なのだろうか。

  • クリスタルブラックパール
  • プレミアムホワイトパールⅡ

基本的に中古車で人気なのは、白系か黒系のカラーだ。そこにパールが入っていると、さらに人気が上がっていく。N-BOXでも例外では無く、ブラックとかホワイトのボディーカラーだと査定額が上がりやすい。

特に人気のクリスタルブラックパールやプレミアムホワイトパールⅡだと、プラス査定になりやすい。売ろうと思っている愛車が、このカラーならしっかりアピールしたい。

高価買取が可能な業者を選定する

交渉中

N-BOXのプラス査定になるポイントを押さえたところで、買取業者選びを間違ってしまうと高価買取が出来ない。業者によってはプラス査定になるポイントを、正当に評価してくれないところがある。リアルタイムの相場を、チェックしていない業者もある。

そんな業者を選んでしまうと、せっかく高い査定額が期待出来るN-BOXなのに、安い価格しか付かないことがある。どうしたら高価買取が可能な業者を、選定することができるのだろうか。

ディーラー下取りは99%損をする

落ち込む男性

まず覚えておきたいのは、ディーラー下取りはほぼ損をするということだ。ディーラーへの下取りに出すのは、なんとなく安心出来るような気がする。キレイなディーラーの建物の中でコーヒーでも飲みながら、査定をしてもらうのを待つだけだ。

面倒な書類作成も、全てディーラーの担当者がしてくれる。次の車のカタログを見ている間に、下取りの手続きが終わってしまうのだ。新しい車を買うまでの代車も、出してくれる。しかし、下取りの価格は非常に低くなる。

なぜならディーラーは、プロの査定士を抱えていない。と言うことは最新のN-BOXの買取相場をチェックしていないし、査定の最新のトレンドも知らないという事だ。結果として、買取相場よりも低い下取り価格になってしまう。

買取専門業者へ査定を依頼していれば、プラス査定になったポイントが見過ごされてしまうことがあり得るのである。きちんとプロの査定士がいる買取専門店へ査定を依頼することが、高価買取のためには必須だ。

単独商談ではなく複数商談で競合させる

話し合い

買取専門業者へ依頼するときには、複数の業者へ依頼すると査定額が高くなりやすい。単独商談だと相手の業者は、安い査定額から提示してくる。軽自動車を中心に扱っていない業者だと、そこまで欲しいと思わないから、査定額も本気の金額にはならない。

複数の業者に依頼すると、他の業者も査定額を出してくると分かるため、他に負けない金額を提示してくる。

また、軽自動車を買い付けするのが得意な業者を見つけることもできる。軽自動車を中心に買取している業者は、N-BOXなんてヒット商品は喉から手が出るほど欲しい。

他の業者へ取られないように、出来るだけ高い査定額を最初から提示してくれる。各業者を競わせることによって、査定額は次第に上がっていくのだ。

N-BOXを買取相場の上限で売る買取交渉術

タブレットを使う男性

N-BOXを買取相場の上限価格で、売ることは出来るのだろうか。相場の一番高い価格を査定士から引き出すために、どんな買取交渉術を覚えておくべきか説明しよう。

最初にすべきなのは、自分なりに目標とする買取金額を決めておくことだ。そのためには自分の年式とグレードのN-BOXが、大体いくらで買取されているのかを調査しておこう。

インターネットで調べても良いし、何件かの買取業者に査定を依頼しておいても良い。そうすると、愛車の買取価格のおおよその目安が付くだろう。

調べた時にここで取り上げた人気ボディーカラーなどや、装備のことも念頭に置いて相場を調べてみたい。ある程度の目標金額を決めたら、本命の業者に査定をしてもらう。

何件かすでに査定をしたもらったときの金額を相手に伝えると、交渉がしやすい。目標の金額も決まっているので、ゴールを見据えて交渉ができる。

この時に、査定士に目標の金額は言わないようにすべきである。言ってしまうと、もっと上乗せ出来たはずなのに、目標金額を上限とされてしまう。

N-BOX高価買取は一括査定がおすすめ

タブレットを使う男性

N-BOXを売るときに、いくつもの買取専門店を回るのは大変だと思うだろう。週中に仕事をしていれば、買取店を回るのは週末になる。貴重な週末の時間を、車を売るためだけに使ってしまうのはもったいない。

一括査定であれば、自分は家にいるだけで、買取店の査定士が家まで出張してくれる。出張査定サービスは無料なので、気軽に申し込める。

一括査定サイトで査定を一回申し込むだけで、複数の業者が家に来てくれるのだ。

どこにも行かずに、複数の業者の査定額を比べることができるし、それらの金額を使って、各業者と交渉していくことも可能だ。出来るだけ短い時間で車を売りたいなら、全ての業者に同じ日時に査定に来てもらおう。

全ての業者の査定士が揃ったところで、入札方式で査定額を提示してもらい、一番の高値が出たところと、買取契約を結んだら良い。

納得のいく金額が出なかったら、もう少し考えさせて欲しい、と言ったら良いだろう。本気の業者は、そこからさらに粘って価格を上げてくれる。

まとめ

メモを書く男性

新車市場でも中古車市場でもヒット商品となり続けているN-BOXは、高価買取が実現しやすい車種である。年式が新しかったり、走行距離が少なかったりするなら、査定額は大幅アップする。カスタムグレードなら、プラス査定が期待出来るだろう。

ただN-BOXは人気モデルのため、過走行でも高年式でもある程度の査定額になる。あまり心配しすぎることはないので、安心しよう。過走行であっても、車自体のコンディションが良ければ、そこまでマイナスにならないケースがある。

少しでも車を大切にしていることを査定士に知ってもらうために、前もって洗車やインテリアの掃除をしておきたい。掃除機などを使って車内を掃除するだけでも、査定士の印象は良くなる。

安全装備やナビなどのオプションが付いているなら、プラス査定になるかどうかをきちんと確認しよう。