日本を代表とするコンパクトカーの一つがマツダ・デミオだ。デミオはコンパクトカーなのに広い室内空間と、マツダならではの斬新なフォルムが人気で、ファミリー層や女性など幅広い人気がある車だ。

デミオはトヨタ・アクアのような爆発的な人気はないものの、根強いファンがいるため中古車市場も活発である。そのため、デミオは高く買取してもらうことも十分可能だ。ただ、逆に一つ間違えば安く手放してしまう恐れもある。

デミオは女性に人気の車種だが、女性は車の性能に関しては疎い人が多い。また買取の際には、業者にいいなりになることも多いだろう。しっかりと査定アップを勝ち取れるよう、買取相場とともに買取のポイントを押さえておくといいだろう。

デミオの買取相場は?

マーケティング

デミオの買取相場は、モデルや年式によって大きく変動があるようだ。そのため買取相場はなかなか読めないかもしれない。だが、ある程度特徴があり、それをチェックしておけば買取相場も見えてくるかもしれない。

  • 初代・2代目モデルはボディーカラーやグレード次第
  • 全グレードで買取相場の下落は緩やか
  • 現行モデルのディーゼルエンジン搭載XDなら高価買取可能

デミオは現行モデルで4代目だが、初代・2代目は年式的にも走行距離的にもほぼ買取相場はゼロに近いと予想される。それでも海外では年式・走行距離は重視しないため、状態が良ければ買取額がつく可能性はある。

あくまで買取額がつくデミオになるが、全グレードで買取相場の大幅下落は見られない。モデルチェンジもまだまだ先だろうから今後も同じ状態が続くだろう。そんなデミオで最も買取相場が高いのがディーゼルエンジン搭載のXDグレードだ。

XDなら低燃費で高性能のため需要が多く、買取相場も100万円を超すことも不思議ではないだろう。

2代目デミオの買取相場

デミオ(画像出典:wiki「マツダ・デミオ」)

2代目デミオはすでに後期型でさえ10年以上経過していることになる。そのため、買取相場は限りなくゼロに近いと言っても過言ではないだろう。業者によっては、廃車費用を請求してくるところもあるかもしれない。

ただ、それでも全く価値がないわけではないだろう。人気グレードや希少価値のあるグレードなら買い手がつく可能性は十分にある。2代目デミオで人気があるグレードは1.5スポルトだ。これなら買取額がかろうじてつくかもしれない。

ボディーカラーも多少関係がある。人気のブラックやホワイトなら売れる可能性はあるだろう。

コンパクトカー、特にマツダをメインで扱うような業者ならより高く買取してくれるかもしれない。価値がゼロと言われても諦めずに、他の業者に査定してもらうといいだろう。

3代目デミオの買取相場

デミオ(画像出典:wiki「マツダ・デミオ」)

2007年から2014年まで生産された3代目デミオ。日本国内はもちろんだが、欧州や中国などの海外でも人気のモデルになっている。2007年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したほどだ。これだけの人気車種なのだから買取相場も高い。

とはいっても年式やグレードによって大きく異なってくる。10年、10万kmを超えているデミオはほとんど買取額がつかないだろう。逆に後期型の15スポルトなどは60万円を超える買取相場になることも珍しくないのだ。

3代目デミオのボディーカラーは定番のホワイトやブラックよりもブルーやレッド、シルバーといったカラーが売れていた。女性のユーザーがより多かったからと思われる。そのため今となってはホワイトやブラックのほうが珍しいため買取相場は高めだ。

現行型デミオの買取相場

デミオ(画像出典:wiki「マツダ・デミオ」)

現行型となる4代目デミオは年式もまだ新しいため、高価買取は十分期待できる。ただ年式・グレードによっては急激に買取相場が下落してきている状態だ。2014年9月から発売が開始されたが、この頃の13Cの買取相場は40万円程度まで下がってきているのだ。

一方で人気のグレードが新型のディーゼルエンジンを搭載したXDだ。MT車では30.0km/Lの低燃費であり、ガソリンよりも安い軽油で走行できるのが人気の理由のようだ。よりお財布に優しいデミオということだろう。

2014年式でも未だに90万円以上の買取相場になり、初回車検前のデミオなら100万円を超える買取相場になるものもある。XDに乗っていて買い換えを検討しているなら、相当強気に交渉してもいいかもしれない。

デミオの買取相場の推移

メモとグラフ

デミオの買取相場の推移をみると、全グレード・年式で大幅な下落が見られない。もちろん日々価値は下がっているのは間違いないが、他のコンパクトカーに比べればデミオは下落の幅は小さいようだ。

現行モデルでは全グレードで2ヶ月毎に1.5万円から1.9万円の下落となっており、車検の時期にもよるが半年で5万円前後の下落に落ち着いている状況だ。3代目デミオなら2ヶ月で1.2万円から1.3万円程度の下落で住んでいるグレードもある。

現行モデルが登場してから4年程度しか経っていない状況で、近いうちのモデルチェンジはあまり考えられないだろう。

今のところ大幅下落も見られないデミオを売るなら、じっくりとタイミングを見て交渉してもいいだろう。需要が多くなる春先に向けて売却するのがいいかもしれない。

デミオの年式や走行距離別の相場表

年式 走行距離 グレード 平均下取り相場 平均買取相場
2000年 30,000km GL 不明 不明
50,000km 不明 不明
100,000km 不明 不明
2005年 30,000km カジュアル

エアロアクティブ

不明 不明
50,000km 不明 不明
100,000km 不明 不明
2011年 30,000km 13

スカイアクティブ

26.3万円 29.5万円
50,000km 23.0万円 26.2万円
100,000km 18.6万円 21.8万円
2015年 30,000km XD 不明 111.6万円
50,000km 不明 107.9万円
100,000km 不明 102.8万円

デミオを高く売る5つのポイント

チェックリスト

デミオを高く売るためには大きく分けて5つのポイントがある。デミオは買取相場が安定しているとはいうものの、業者によって評価が分かれる場合が多い。自分の車のウリをしっかり見極めることが大切だ。

年式に関してはほぼ価値のないデミオもあるだろうが、走行距離やボディーカラーでプラス材料になることもある。

特に現行デミオの特徴でもあるディーゼルエンジン搭載車は、非常に人気が高い。こういったポイントを押さえておけば業者との交渉できっと役に立つだろう。

グレード&年式

カーショップ

デミオを高く売るためのポイントとなるのがグレードや年式だ。デミオは登場以来20年以上経過し、現行モデルで4代目にもなる。そのため、年式によって買取額は大きく差がある。またグレードによる差も大きいのも特徴だ。

  • 初代・2代目はすでに買取額はゼロに近い
  • 3代目は年式によって買取額に大きく差がある
  • ディーゼルエンジン搭載のXDは一番買取相場が高い

デミオは初代・2代目は登場からすでに10年以上経過しており、通常走行しても10万kmはゆうに超えているだろう。そのため、ほとんど価値がないに等しい状況だ。ただそれでも海外での需要はあるため、業者によっては数万円の買取額はつくかもしれない。

見た目が綺麗で状態も良ければ買取してくれる業者は見つかるだろう。3代目も初期の年式はほぼ10年になるため、買取相場は高くない。だが年式が新しければ高価買取も可能だ。そして現行デミオで人気なのがディーゼルエンジンを搭載したXDだ。

年式もまだ新しい事もあるが、低燃費が人気で買取価格も軒並み高い水準で安定している。交渉は強気でもいいだろう。

走行距離

メーター

走行距離は車の消耗度を測る上で重要なポイントとなる。もちろんデミオも例外ではないが、他の車種に比べるとそれほど走行距離による買取査定額への影響は大きくないようだ。ただやはり基準を超えると大幅ダウンも十分にあり得る。

デミオは登場して20年以上経過しているため、年式が古い車だと10万km以上乗っているものもあるだろう。

今のデミオは10万kmを超えても大きな支障は出にくいが、やはり日本では10万kmは大きなポイントとなっており、これを超えると大幅ダウンは免れない。

それ以前であれば1年1万kmを基準として、それを大幅にオーバーしなければ査定に響くことはないようだ。もしボーダーラインを超えそうな時には、その前の段階で買取を考えてみてもいいだろう。

ボディーカラー

クルマ掃除

デミオを高く売るポイントにはボディーカラーがある。デミオで人気のカラーはスノーフレイクホワイトパールマイカなどのホワイト系やジェットブラックマイカなどのブラック系だ。新車購入時の価格も高いカラーでもあり買取相場も高めだ。

3代目デミオは特に女性のユーザーも多いため、レッドやブルーなどの有彩色を選ぶ人が多いため、さらにホワイト系やブラック系は希少価値があって買取相場も高めに推移しているようだ。

ホワイトやブラックのボディーカラーなら買取相場は高くなると思っていいだろう。だがそれ以外のカラーはマイナスということでもない。デミオは女性や中高年にも人気があるため、有彩色やシルバーも人気があるのでボディーカラーはそれほど影響がないだろう。

装備品の充実

運転中

デミオの査定額に影響があるポイントとしては装備品がある。車の価値は年式やグレード、走行距離が大きく関係しているが、快適ドライブのためには装備品も大きく関わってくるだろう。例えばカーナビやオーディオの充実も査定に大きく影響する。

また現代のコンパクトカーの魅力は低燃費だ。低燃費をサポートするのがアルミホイールの有無だ。しかも純正ホイールならより確実に低燃費が実現できるだろう。こういった装備品があれば、大幅と這わないまでも買取額アップは十分望めるはずだ。

内外装の奇麗さ

運転

デミオを高く売るには、マイナス査定を防ぐことも大切だ。そのポイントとなるのが内外装の奇麗さになる。日本人は車を綺麗に乗りたいもので、内外装を常に奇麗に保とうとしている。特にデミオは女性に人気の車なので、より内外装の奇麗さにはこだわるだろう。

逆にそれが伴っていないと買取額はダウンしてしまう。デミオは10年以上経過した車も少なくない。基本的に10年以上10万kmを超えた車の価値はゼロだ。だが、年数の割に奇麗な状態のデミオなら買取できる場合もある。

経年劣化による細かい擦り傷程度なら問題ないが、大きな傷だとマイナス査定は避けられない。また女性が乗ることが多いため、室内の匂いも重視されるだろう。タバコやペットのにおいは当然マイナスだ。その点は乗っている時から注意しておきたいところだ。

高価買取が可能な業者を選定する

タブレット 男性

デミオを高く売りたいのなら、業者選びは重要なポイントになる。デミオは年式も幅広く、グレードによっても買取額は大きく影響する。またボディーカラーも重要なポイントになり、有利な条件があれば高価買取も可能だ。

だが業者によってはそのウリを好条件と判断しないところもある。そのため、買取額に差が出ることも十分に考えられるのだ。まずは複数の買取業者に査定を依頼して、より高価買取してくれる業者を選ぶ必要があるだろう。

ディーラー下取りは99%損をする

落ち込む男性

ディーラー下取りは乗り換え予定の人には手間がかからない便利な売り方だ。ただしメリットはそれだけだ。売却額を比較してみると、ディーラー下取りは99%損をすることになっているのだ。

  • 下取りに積極的ではない
  • 車の状態が悪いと大幅ダウンになることも
  • 新車の購入値引きと相殺される
  • 他メーカーは販売力が低い

買取店では、車を買取してナンボである。そこがなければ何も始まらないのだ。だがディーラーは新車を売ることには力を入れるが、下取りに対しては積極的ではないのだ。下取り額のアップ交渉をしたところで、これが限界と言われて終わりだろう。

もしくは下取り額がアップしたとしても、本来値引きされてもいい新車価格が下取り額アップ分を抑えられる恐れもある。あくまでデミオを下取りしたいのではなく。新車を購入させるための手段としてしか考えていないのだろう。

下取りした車はメーカー系列の中古車店に流すことになる。そのため他メーカーだと買い手がつきにくくなり、査定額は抑えられてしまうのだ。状態が悪ければなおさらだ。

車

ディーラーの下取りは99%損する?メリット&デメリット【徹底解説】

ディーラーに下取りを出すと、もともと所持していた車を売り、新しい車に買い替えるこ……続きを読む

単独商談ではなく複数商談で競合させる

話し合い

買取業者によってデミオの査定額には違いが出るはずだ。デミオの販売ルートが確立しているところと、あまりコンパクトカーは扱っていないところでは、やはり買取の意気込みも違ってくることだろう。

もし後者の業者に単独商談すれば、限界まで査定額をアップできたとしても相場にすら満たない、ということも十分に考えられる。素人にそれを見抜くのはまず無理で、それを避けるために重要なのが複数商談で競合させることだ。

買取業者は少しでも利益が出るなら、渋りながらも買取額は徐々にアップしていくはずだ。

他社がそれ以上の額を提示しているとなれば、なおさらそれを上回る額を提示しなければいけないのだ。あの業者のほうが高かった、と伝えるだけで十分な交渉になるだろう。

デミオ高価買取は一括査定がおすすめ

握手

デミオを高価買取してもらうには、複数の業者に査定を依頼してもらうのが先決である。そのためにおすすめなのが一括査定だ。1社ごとに査定を依頼した場合とは大きく違う点がいくつかあるのでチェックしておこう。

  • デミオ買取の相場、最低額や最高額がわかる
  • 積極的な業者が判断できる
  • 1日も早く商談を始められる
  • 最初から高い査定額を提示してくる

デミオは年式やグレード、ボディーカラーによって買取額は大きく変わってくる。そのため、自分の車がどれくらいの価値があるのかわからない人が多いはずだ。それでは交渉のしようがない。一括査定をすれば今のデミオの相場や最低額・最高額がわかる。

それがわかれば交渉の目安になるだろう。そして一括査定を依頼すれば、その時点から業者は競合するのだ。1社ごとに査定を出してもらった時よりも高い査定額を提示してくることが多く、商談が早急に終わるだろう。

一斉に査定を依頼すれば、より積極的に買取を望んでいる業者も見えてくるものだ。数社に限定すれば交渉もスムーズだろう。

まとめ

メモを書く男性

ファミリー層や女性に人気のデミオは、中古車市場でも安定して高い水準を保っている車だ。ただ年式が古くなってくると、ほぼ価値がなくなってしまうケースも少なくない。

そして買取相場も安定しているとはいうものの業者によって見方が変わってくることもある。

デミオは走行距離による買取相場への影響は小さいようだが、その一方でボディーカラーや内外装の綺麗さがポイントになるケースも少なくない。

内外装の綺麗さは女性に人気の車種だからこその特徴とも言えるだろう。

評価が分かれるポイントが大きいデミオを少しでも高く買取してもらうためには、やはり複数の業者に査定を依頼しなければいけないだろう。

今のところ急激な買取相場の下落は見られないが、それでも早く交渉を進めるのは鉄則だ。そのためには一括査定サイトも利用してみるといいだろう。