恐らく日本で最も有名な車がプリウスだろう。トヨタが販売するハイブリッドカーの中でも、高い人気を誇っている。街中を走っていると、必ずといっていいほど見かけるだろう。それだけの販売台数を誇っているのだ。

そんなプリウスは中古車市場でも人気が高い。ハイブリッドカーの中でも、新車の購入費用としては高い部類に入る。そのため、中古車でも程度の良いプリウスが手に入るならと人気なのだ。意外と中古車のプリウスを購入している人は多い。

1997年の発売以降、3度のフルモデルチェンジをして現行車は4代目になる。それぞれに買取額は異なってくるが、現行車であれば、それなりの高値で売却できるだろう。さらに高価買取を狙うなら、一括査定を使うべきだ。

プリウスの買取相場は?

スマホとパソコン

プリウスの買取相場は、どうなっているのか見ていこう。プリウスは先述したように、3度のフルモデルチェンジを行っている。現行車は4代目になる。中古車市場ではモデルチェンジごとに買取相場があるので、気をつけておこう。

ただ初代プリウスについては、1997年から2003年まで発売されていたものになる。後期のモデルでも既に10年落ちとなっているので、そこまで買取相場は高くない。

初期モデルになると15年以上が経過していることから、国内市場では値段がつかない。

業者次第では買取額がつくことも

ただし、プリウスは海外でも人気のある車種になる。つまり海外への輸出ルートを持っている買取業者に売れば、それなりの価格がつくはずだ。グレードなどにもよるが5万円以上の買取額がつくだろう。

上位グレードの場合なら10万円程度の値がつく。ちなみに中古車市場ではフルモデルチェンジ前のモデルは、査定でマイナスになるので注意したい。そのため高く売りたいのなら、なるべく新しいモデルであるべきだろう。

2代目プリウスの買取相場

プリウス(画像出典:wiki「トヨタ・プリウス」)

2代目プリウスは2003年から、2009年まで発売されたモデルになる。買取相場としては、20万円から40万円前後であることが多い。特に人気になっているのが、S 10THアニバーサリーエディションというグレードだ。

このグレードは装備が充実しているから、中古車市場でも高い人気を誇っている。走行距離や状態によっては、50万円近い買取額がつくケースもあるほどだ。

基本的に古いモデルになるので、高値はつきにくい。しかし、中には高値になるグレードもあると覚えておくといいだろう。

ホワイト系とブラック系のどちらかのボディーカラーであれば、査定でもプラスになる。反対にグリーンやレッド、ブルーといったカラーは査定でプラスになりにくい。リセールバリューがつくのは、ホワイトとブラックの2種だと覚えておこう。

3代目プリウスの買取相場

プリウス(画像出典:wiki「トヨタ・プリウス」)

2009年以降に販売されたのが、3代目になる。1つ前のモデルになるのだが、現在でも中古車市場では高値での取引が行われている。グレードなどにもよるが、120万円から160万円程度が相場だ。かなりの高価買取になるケースもあるだろう。

グレードとして人気が高いのは、主に3つだ。

  • S ツーリングセレクション
  • S ツーリングセレクションG’S
  • G ツーリングセレクション レザーパッケージ

この中で、高値買取で安定しているのが、S ツーリングセレクションになる。需要も多いが供給量も多いので、不安定な中古車市場でも、比較的に安定しているのだ。スポーツタイプのグレードでは、S ツーリングセレクションG’Sだろう。

現行型4代目プリウスの買取相場

プリウス(画像出典:wiki「トヨタ・プリウス」)

2015年から発売されたのが現行車である4代目だ。買取相場としてもかなり安定している。だいたいだが160万円から230万円程度となっている。状態やグレードにもよるが、かなり高値で安定しているだろう。

  • 1.8S
  • 1.8S ツーリングセレクション

プリウスの現行車で最も人気があるのが、この2つのグレードだ。新車でも良く売れているグレードになるので、中古車市場でも人気が高い。また、旧モデルの頃からツーリングセレクションの価格は高値で安定している。

ちなみにリセールバリューを考慮すると、ホワイト系かブラック系の2色を購入するといいだろう。シルバーやグレー系も細かな傷が目立たないことから、人気になっているようだ。

プリウスの買取相場の推移

タブレットで検索

プリウスは国内で最も供給量のある中古車の1つだ。需要も多いので、大きく値崩れをしているわけではない。比較的に高値がつきやすい傾向があるのだが、それだけに買取相場の推移にしても大きく差がついてしまう。

一般的に中古車はリセールバリューを考えると、購入時から人気のあるグレード、オプション装備、素行距離などを考えておく必要がある。プリウスはその傾向が他の車と比較して、かなり強くなっているのだ。

なぜなら中古車市場に出回る車も多いので、グレードや装備、走行距離などが買取額に大きく影響するのだ。つまり、グレードなどを考慮せずに購入すると、査定額でマイナスになってしまう。年式や素行距離は、低いほど買取額に良い影響を与えるだろう。

【注意】中古車相場は日々変化していく

税金

プリウスのような車は、ファミリーユースされることが多い。比較的に高価格帯で装備が充実していることから、富裕層以外では中古車で購入する傾向がある。そのため安定した高値をつけているのだが、それでも相場は日々変化していくものだ。

そもそも中古車の買取相場は、業者のみが参加できるオートオークションの落札額で決まってくる。そのため相場というのも常に変化しているのだ。

基本的に高値でも時期によって変わる

基本的に通年で高値をつけていても、需要が高まる春先には高めになるし、反対に景気によっては額が下がることもある。

特にプリウスの中古車相場で気をつけたいのが、モデルチェンジの時期だろう。既に3度のフルモデルチェンジを行っているが、4度目が行われるのなら注意しておきたい。

なぜならフルモデルチェンジの情報がでると、査定額でマイナスになるからだ。これも需要と供給の関係である。

プリウスを高く売る5つのポイント

チェックリスト

プリウスを高く売るにはどんな点に注意すればいいのだろうか。先にも伝えたが、プリウスは車のグレードや状態で大きく買取額が左右される。そのため購入時から既に注意しておく必要があるのだ。

  • グレードと年式には気をつける
  • 走行距離は低い方がいい
  • ボディーカラーも重要
  • 外観や内装はきれいにしているか
  • 装備は充実しているのか

これらのことがプリウスを売る上で重要になってくる。他にもいくつかポイントがあるので、詳しく見ていこう。

グレード&年式

カーショップ

プリウスには多様なグレードが存在している。

  • Aシリーズ
  • Sシリーズ
  • Lシリーズ
  • Gシリーズ

が代表的なものになる。この中で高値がつきやすいのが高級グレードになるAシリーズと、標準車になるSシリーズだ。特に販売台数の多いSシリーズが安定して高値になっている。その中でもスポーツ仕様は人気があるので、選んでおいて損をすることはない。

もう1つのAシリーズは2015年に発表されたばかりのグレードになる。まだ3年落ちでしかないので、中古車市場としても高い人気になっている。買取相場としても、200万円を切ることはないだろう。年式としてはどちらも若いものの方が人気になる。

中古車にとって年式はかなり重要で、1年古くなるごとに、買取相場も下がると考えていい。だからこそ、春先のシーズンが高値をつけやすいからと待っているうちに、年式が古くなるケースがあるのだ。

高値がつくシーズンを待っていると年式が古くなってしまう。そのため年式が若いうちに売った方が得をすることもあるので注意しておきたい。

中古車市場ではAシリーズが人気

お金の計算

先述したように中古車市場ではAシリーズの人気が高い。まだ発売されたばかりということもあり、市場における需要に対して供給量が不足しているからだ。リセールバリューを考えて、車を売却するタイミングは3年、5年、7年といったものがある。

この3年目にあたるので、今後は需要も増えていくだろう。現在では特需のような状況なので、買取相場でも200万円を切ることが少ないのだ。今後は供給量も増えていくことも考えると、買取相場も少し落ちついてくるだろう。

それでも170万円程度に落ちつくと予想される。それでも買取相場としては十分な高値になるだろう。

走行距離

メーター

プリウスを売却するのなら、走行距離に気をつけたい。特に初代から3代目は要注意である。モデルチェンジによる査定額の減少はあるが、それでも走行距離によってカバーできる可能性があるからだ。

基本的にプリウスで過走行車になるほど、乗り回す人は少ないだろう。しかし、注意しておくのにこしたことはない。

一般的な走行距離の目安

一般的に走行距離の目安となるのが1年で1万キロである。プリウスで高値を狙うのなら3万キロ以内で売る方がいいだろう。

走行距離が増えれば増えるほど、買取価格がダウンしていくからだ。モデルなどによって異なるが、最大で30%以上も買取額に影響をしてくるだろう。

ちなみに初代のプリウスについては、走行距離がさほど気にされないことがある。なぜなら、初代は海外に輸出して利益を出す買取業者も多いからだ。日本国内では走行距離を気にする人が多いため、中古車としての価値がなくなってしまうの注意したい。

ボディーカラー

カーショップ

プリウスは何をしなくても高値がつくと勘違いされやすい。しかしプリウスほど中古車市場の需要と供給に、買取額が左右される車も珍しいほどだ。そのため高値で売りたいのなら、しっかりと需要を読んでおく必要がある。

特に重視されやすいのがボディーカラーである。車体の色は素人でもわかるポイントなだけに、大きく影響をしてくるのだ。人気の色とそうでない色とでは、最大で15万円程度の価格差が出てくる。ちなみに人気なのはブラックとホワイトの2色だ。

ちなみにブラックとホワイト以外の色だと、シルバー系の色も根強い人気がある。細かい傷が目立たないのと、高齢者層に好まれる色だからだ。同系色であるグレー系も、査定でマイナスをされることはない。

内外装の奇麗さ

銀色の車

プリウスを売る前には内外装にも気をつけておきたい。基本的に中古車に多く出回る車だけに、少しでも良い印象をつけることが大切だからだ。査定をする人も人間なので、きれいに清掃された車とそうでない車では、印象の持ち方が異なる。

そのため査定を受ける前には内装の掃除をして、外装は洗車をしておくといいだろう。内装において気をつけたいのは車内の臭いである。特にタバコ臭やペット臭は嫌われてしまう。ちなみに芳香剤の臭いにも気をつけよう。

芳香剤は人によって大きく感じ方が違う。良い匂いと思う人もいれば、体調を崩すような臭いに感じる人もいるからだ。そのため理想となるのは無臭だ。ちなみに外装について傷やへこみがあるのはそのままでいい。修理をするだけ損をするからである。

ハイブリッド機構の状態

事故テスト

プリウスの売りはなんと言っても、ハイブリッド機構による燃費の良さだろう。Lあたり20キロ前後という数字が出せる車は、なかなかない。ガソリンが高い昨今ではありがたい話でもある。そのため中古で売る時には、このハイブリッド機構が重要なのだ。

端的に説明をすると、プリウスのハイブリッド機構は2つの部分がある。

  • ハイブリッド用の充電池
  • ハイブリッド用の駆動モーター

この2つが連携して機能するからこそ、プリウスの低燃費が実現しているのだ。つまり、プリウスの人気はこのハイブリッド機構が正常に機能しているからだと言い換えることもできる。

このハイブリッド機構なのだが、正常に機能しているかどうかを簡単に判別する方法がある。素人でもわかるので覚えておきたい。その方法とは燃費がどうなっているかだ。1つの目安としてLあたり18キロ以上であれば、問題ない。

それ以下であればトラブルが起こっている可能性が高いだろう。

高価買取が可能な業者を選定する

エンジン

プリウスの買取相場は、非常に高いものの1つだ。しかしプリウスだからといって、どの業者に売っても高くなるわけではない。実は買取業者によって買取額は上下するからだ。特に初代の場合は、海外への輸出ルートがあるかどうかで大きく違うだろう。

こうした業者の選別をするには、複数の業者から査定を受けなければいけない。しかし、自分でその手配をするのは、時間も労力もかかってしまうだろう。その手間を軽減してくれるのが一括査定だ。一括査定を使えば効率よく業者を探すことができる。

ディーラー下取りは99%損をする

ディーラー

一般的に中古車を売る時には、下取りと買取の2種類がある。下取りはディーラーで新車を購入するのを前提として、引き取ってもらう方法のことだ。基本的に転売で利益を出すことを目的としないので、買取額がかなり低めになっている。

最近ではトヨタ系列の中古車販売店などもあり、程度の良いプリウスならそちらに回すこともあるだろう。そのため一昔前と比較すると、多少は改善されていることがある。しかし買取業者と比較をしてみると、20万円や30万円も差がつくケースがあるのだ。

ただプリウスを売る時に、手続きを減らしたいのなら下取りを利用するメリットはある。新車の購入と売却を同時に行えるので手続きの手間を省けるのだ。

下取りを使うメリットはない

しかし、買取業者との価格差を考えると、よほどのことがなければ下取りを使うメリットはない。

特に一括査定を使って、最初から高値をつけてくれる業者を見つけると、さらに買取額に差がでるケースもある。そうなると新車を購入する時の予算にも大きく関係してくるだろう。

つまり高くプリウスを売るのなら下取りではなく、買取を選択するべきである。

単独商談ではなく複数商談で競合させる

話し合い

よりプリウスを高値で売却するために、必要なことが複数の業者と商談をすることだ。買取業者はそれぞれに買取相場が異なるので、同じプリウスでも大きく買取額に差が出るのだ。それにプラスして、競合させることが大事である。

買取業者にしてもビジネスである以上は、安く仕入れをして高く売ることで利益がだせる。そのため競合他社がいなければ、できるだけ安く仕入れをしようとするのだ。これが買取相場などにも詳しい人なら、特に問題はないかもしれない。

しかし、多くの人は買取相場なども知らない素人である。そこで買取業者同士を競合させるのだ。競合他社がいれば、業者としても安値をつけての買取ができなくなる。他社と真剣に値段の勝負をしなければならないので、値段をつりあげることになるのだ。

プリウス高価買取は一括査定がおすすめ

タブレットを使う男性

中古車としてもプリウスは、非常に人気がある車種の1つだ。そのため買取相場としても、安定して高値をつけている。

しかし、プリウスであるだけで、高額買取を実現させることはできない。リセールバリューを考慮すると、購入時から意識をしておかないといけない部分もあるが、実は一括査定を使うことでも十分にカバーできる。

一括査定を使うメリットは主に2つある。

  • 買取相場をしれる
  • 業者同士を自動的に競合できる

まず一括査定を使うメリットだが、買取相場をしれるのが大きい。基本的に中古車の買取相場は、素人が知ることはできない。

上でいくつかの相場を紹介しているが、飽くまでも目安だ。中古車は1台1台状態が違うので、査定をしなければ買取額は分からないのである。

そのため自身のプリウスの状態を記入して、業者から見積もりが返ってくる一括査定は非常に便利だ。業者からの見積もりを平均化すれば、買取相場がわかる。その上で、一括査定を使えば自動的に業者に競合させられるのだ。

まとめ

待ち合わせ

日本で最も有名な車の1つがプリウスである。ハイブリッドカーとして注目を集めたこともあり、現在でも高い人気を誇っている。中古車市場でも最も流通量が多い車で、活発に取引もされているのだ。

そのため中古車市場でも高い人気を誇っていて、安定して高値がつく車として知られている。買取相場にしてもグレードや年式、走行距離といった条件があえば200万円を超えるケースも珍しくない。

ただプリウスは中古車市場に出回っている量が多いだけに、最初から高値で購入してくれる業者を探す必要がある。業者によっては数十万円も買取額に差がつくこともあるからだ。その時に役立ってくれるのが一括査定である。