車を新たに買い換える場合に多くの人が活用しているのが車の査定です。車を少しでも高く売却できるなら、その分だけ少ない資金で新たな車が購入できたり、ワンランク上のグレードの車を購入できたりします。

これまでは車を買い換える際にカーディーラーに今までの車を下取りに出して、下取り分を新車や中古車の値引き分として充当するというのが一般的でした。今ではそのような売却方法は過去のものとなりつつあり、多くの人が車買取専門店に車の査定を依頼して、少しでも高く買い取ってもらう方法を選択しています。

もしかしたら、あなたも今乗っている車を査定に出したいと考えているお一人かもしれません。もしそうなら愛車をより高く売れる方法を知りたいと思っていることでしょう。

車は買取会社に査定をしてもらうだけでは高く売れる訳ではありません。すこしでも高く売るためには、売却の際のポイントをしっかり押さえておくことが大切です。

ポイントさえ掴んでおけば、これから初めて車の売却をする方でも確実に高く売ることができます。

JAAI(一般社団法人日本自動車査定協会)が定めたチェックポイントを査定

自動車の査定を行う場合、まずはJAAI(一般社団法人日本自動車査定協会)が策定する査定のポイントを掴んでおきましょう。

査定が適切に行われるなら、満足できる査定価格が得られるはずです。車の査定のポイントは全部で6つあります。

  1. 外装と内装
  2. エンジンと足回り
  3. 車検の残存期間
  4. 走行距離
  5. タイヤの残り溝
  6. 修復歴の有無と損傷具合

外装と内装は目視による判断が行われます。外装に傷やヘコミがあるとその分だけマイナス査定になります。大きな傷やヘコミがある場合、現点数が多くなるので必要に応じて修復した方が査定アップにつながることがあります。

ただし査定額よりも修理費用の方が高くなるのであれば、修復せずに査定に出した方が良いでしょう。

エンジンと足回りについては、エンジンのかかり具合、サスペンションのヘタリなどをチェックします。車検の残存期間は最低でも3ヶ月以上あることが望ましいです。

走行距離は少ない方が査定アップにつながります。ただし経過年数に比べて走行距離が極端に少ない車は買い手に不安を与える可能性があるため査定が減少することもあります。

タイヤの残り溝は1.6ミリ以下の場合、査定が下がります。修復歴とは事故による修理などの経歴で、事故歴がある車は査定価格に影響がでます。

フレームなどボディー構成に影響が出る部分の修復歴があるとかなりのマイナスになる場合があります。

これら6つのポイントはJAAI(一般社団法人日本自動車査定協会)の「査定の方法」で公開されています。

車買取店の査定士がチェックするポイント

車買取店に愛車を査定に出す場合、査定士がチェックする項目を押さえておきましょう。査定士がチェックする項目は前述のJAAIが定めるポイントに準拠しますが、買取店によっては独自に査定基準を設けているところもあります。高価買取につながるかどうかは下取りに出す車の車種やグレードに左右されます。

例えば人気車であれば市場価格も高くなるため、買取価格はそれに応じてアップします。同じ車種でも、メーカーオプションが付いているものとそうでないものとで買取価格が変わることがあります。

ちなみにメーカーオプションとは車をオーダーする際にのみ選択できるオプションのことで、後付けができないものの事です。具体的にはサンルーフやカーテン式エアバッグ、横滑り防止装置や自動ブレーキシステムなどがそれに該当します。

実際に査定士がチェックするのは以下6つのポイントです。

  1. 車種
  2. 外装
  3. 内装
  4. 電装
  5. エンジン・足回り
  6. その他

それぞれ順を追って詳しく解説していきます。

1.車種(車種、グレード、走行距離、年式)

車買取店の査定士が査定で重視するポイントの1つが車種です。自動車にはさまざまなタイプがあり、それぞれ使用目的が異なります。

例えばファミリーカーならセダンやワンボックス、スポーツカーならクーペ、燃費重視ならハイブリッドカーと言った形です。車種によって人気が高いものがあります。

タイプ 車種
ハイブリッド プリウス、アクア
ワンボックス ヴォクシー、アルファード、ステップワゴン、セレナ
軽自動車 Nbox、タント、ワゴンR

これらの車種に加えて、装備や機能を差別化するグレードがあります。高額査定を狙う場合には、最上級グレードを選択しておきましょう。

この他にも走行距離や年式で査定額が大きく変わります。年式が新しければ新しいほど車の買取価格は上がります。走行距離も少ない方が基本的に買取価格は高いです。

2.ボディ(外装)のキズ・凹み・カラー・ヘッドライト・タイヤの溝・エアロパーツ・ホイール

買取査定額を左右するのがボディ(外装)のダメージ具合です。中古車市場で高値で販売するためには、外観上のダメージが少ないことが必須条件になっています。

そのため査定士は買取査定をする際にボディのダメージを入念にチェックします。キズや凹みがあると減点対象になり、査定額が下がります。

もしキズがある場合、自分で修復してしまうと査定士にすぐにわかってしまうので、かえって修理しないほうが良いかもしれません。

ヘッドライトはHIDやLEDのほうが高値査定になります。タイヤの溝が少ないと査定の減点対象になりますが、基本的に1.6ミリ以上の残り溝があれば査定額に影響はありません。

ボディカラーによって査定額が変わることも覚えておきましょう。高値査定がつくのはブラック塗装で次に高くなるのがホワイトパール塗装です。

エアロパーツやホイールは純正品であれば査定アップが期待できます。

3.内装のキズ・凹み・汚れ、匂い、使用感、ハンドル、アクセル・ブレーキペダル

内装のへたり具合も査定の際のチェックポイントです。ダッシュボードやインテリアにキズや凹みがある場合、査定の減額対象になります。

軽度の汚れであれば査定に影響が出る可能性は低いですが、目立つような汚れがある場合はクリーニングをしておいたほうがよいでしょう。ペット臭やタバコ臭も減額査定の対象になります。使用感があるとどうしても価値が下がってしまいます。

ステアリング(ハンドル)のへたり具合も査定対象になります。他社製のハンドルを取り付けている場合は、純正品に変えておくことで査定を上げることが可能です。

アクセルやブレーキペダルもチェック対象になります。ブレーキペダルがすり減っているとその分だけ減額対象になるため、普段からカバーなどをつけて保護しておくとよいでしょう。

4.電装(サンルーフ、電動スライドドア、ETC車載器、エアバック、クリアランスソナー、モニター)

電装品をチェックする場合、電装品の動作を確認します。サンルーフや電動スライドドアは確実に開閉できるかが査定に影響を与えます。

そのほかにもETC車載器を搭載している場合、純正品だと査定アップにつながります。ただし社外品はあまり査定対象にはなりません。

カーテンタイプエアバッグなど運転席と助手席以外のエアバッグ装置がある場合は査定アップが期待できます。純正カーナビやモニターの有無も同様です。

駐車時に効果を発揮するクリアランスソナーは純正品であれば査定額が上がる可能性があります。ポイントは純正品かどうかということです。

中古車市場で販売する場合、純正が基本になるので、もし社外品を取り付けている場合には、純正品に戻すことも考えてください。

5.エンジン・足回り(事故による歪み、修復歴、エンジンルーム)

エンジンや足回りなどの動力系のコンディションは高額査定に影響を与えます。最も望ましいのは事故歴や修復歴がない状態です。

日本の修復技術は世界的に見て非常に高い水準にあるため、修復した場合でもそうでない車との見分けはほとんどつきません。

しかしながら事故歴は記録簿に記載されるため痕跡が残ります。事故歴があり、シャフトやエンジン系統を修復したり交換したりした車の価値はどうしても下がってしまいます。

エンジンルーム内のコンディションも査定対象になります。エンジンルームが極端に汚れていると、メンテナンスが行き届いていないと判断される可能性が高いです。

エンジンルームをスチーム洗浄するには業者に依頼したほうが良いのですが、もし自分でメンテナンスしたい場合には、乾いたぞうきんなどで乾拭きをするだけでも効果があります。

6.その他(禁煙車、土足禁止、ワンオーナー、車検、保障、ペット、子供の有無)

査定士が高額査定を出すポイントは対象車のコンディションなどです。例えば禁煙車や土足禁止の車はニオイや汚れなどの問題がすくなく、査定価格が上がる可能性があります。

新車を大切に乗り続けてきた場合、ワンオーナー車ですからその分だけ査定がアップします。気になる車検ですが、車検の残存期間は3カ月以上あることが望ましいです。

もし買い替えの時期が車検の3カ月前を切ってしまいそうなら、早めに査定に出すことをお勧めします。

他のチェックポイントは保障の残存期間です。メーカーが定めた保障が残っている場合、買取査定もその分だけ高くなります。

ペットを載せていたり、お子さんがいたりする場合、査定前に入念に車内清掃をしておきましょう。ニオイや汚れはマイナス要因になるからです。

査定で減点されない7つのポイント

基本的に自動車の査定は減点方式を採用しています。ダメージが全くない状態を100としてそこから点数を引いていきます。点数が多くなればなるほど査定価格が下がるので注意が必要です。減点されないためには減点対象になるものをできるだけ少なくすることが大切です。

マイナス査定につながる要素については日本自動車査定協会の資料で公開されています。査定士はその内容に基づいて査定を行います。

査定士の評価はあくまで目視による判断ですから、査定士のチェックに引っかからないように準備しておくことが成功のポイントです。査定の際に重視するのは販売されたときの状態と比較してどのような変化があるかということです。

つまり納車されたときの状態が査定の基準になるということを覚えておきましょう。

では実際に、査定で減点されないために今すぐやるべき7つのポイントを解説します。主な項目は以下になります。

  1. 洗車&車内清掃
  2. 純正戻し
  3. 保管書、整備記録書を用意
  4. パーツ、社外品は外さない
  5. ステッカーを外す
  6. 車検が残り3ヶ月残っている
  7. タイヤの残り溝が1.6mm以上

それぞれ順を追って解説するので、査定前には必ずチェックしてください。

1.洗車&車内清掃

査定に出す前によく言われるのが洗車と車内のクリーニングです。洗車をしっかりしておくだけでも査定額が大幅に変わります。

査定士は査定対象になる車がどのようなコンディションを保っているかをチェックします。つまり車が綺麗な状態であれば、オーナーが大切に乗ってきたことを証明することになるため、査定士に好印象を与えることができるのです。

査定前の洗車はできれば洗車機を使わず、手洗いにしたほうが無難です。もし時間があれば軽くワックスがけをしておくと見栄えがかなり違います。小傷もワックスをかけると目立たなくなるからです。

車内清掃は掃除機を使って念入りにしておきましょう。座席や床、トランクなども掃除機をかけておくようにします。ダッシュボードやアクセサリー類は乾拭きをしておきましょう。

2.純正戻し、純正部品を用意する

車が好きな人なら社外パーツを取り付けているかもしれません。社外パーツは見栄えが良くなるものの、査定の際はマイナス要因になってしまいます。もし社外パーツを後付けしているのであれば、取り外して純正の状態に戻しておくことをお勧めします。

かなりのお金をかけて取り付けたのであれば、とても惜しい気持ちになるかもしれません。その場合、ヤフオクなどを利用してパーツを売却してみるとよいでしょう。

純正品が手元にない場合、ヤフオクを活用してみるとよいでしょう。中古パーツ業者で購入する方法もありますが、ヤフオクのほうが安く手に入りやすいです。ヤフオクで売却した分の収益で純正品を購入することもできます。

3.保証書・整備記録簿を用意する

査定に出す際に重視されるポイントが点検記録簿の有無です。記録簿にはこれまでの定期点検や車検、リコールの際のパーツ交換などの情報が書き込まれている資料です。

記録簿があればその車がどのようなメンテナンスを受けてきたかが一目でわかるので、その車を新たに購入する人も安心できます。新車で購入した場合、点検記録簿と保証書が添付され、ダッシュボードの中に保管されています。

記録簿をチェックして漏れがないかを確認してください。仮に点検記録で漏れが見つかった場合には、ディーラーに問い合わせて再発行を依頼しましょう。

中古車を購入した場合、点検記録簿がない場合もあります。もし記録簿が見つからない場合には、購入してからのメンテナンスの情報をまとめておき査定の際に提出できるようにしてください。

4.パーツ・社外品(ナビ等)は外さない

純正のパーツは外さずにそのまま査定に出したほうが有利です。例えば純正のオーディオやカーナビなどはそのまま取り付けて査定に出すことで、査定額がアップすることもあります。このようなパーツはメーカーオプションだけでなく後付けのディーラーオプション品も含まれます。

もし社外品のオーディオやカーナビを装着している場合は取り外したほうが良いのでしょうか。

オーディオやカーナビなどの電装品は社外品でも査定アップにつながることが多いです。中古車の購入希望者はカーナビなどが装着されている車を好んで購入する傾向が見られるため、社外品でもそのまま取り付けておくことをお勧めします。

ポータブルタイプのカーナビを取り付けて査定をした場合でも、査定額が上がったというケースがたくさんあります。

5.ステッカーを外す

愛車のドレスアップをするためにステッカーを貼っている方がおられるかもしれません。購入した時点ですでに純正のステッカーが貼り付けされているものについては査定に影響が出る心配はありませんが、それ以外のステッカーが貼り付けされている場合には、外したほうが無難だといえるでしょう。

室内に貼っているステッカーについてもすべて剥がすようにしてください。剥がした後は、ダッシュボードクリーナーなどを活用して仕上げると、剥がした跡が目立たなくなるのでお勧めです。

ステッカーを剥がす際に気を付けたいのが塗装の剥がれです。もしステッカーを剥がす際に塗装もはがれる心配があるのであれば、査定士にステッカーを剥がしてもらうように伝えておきましょう。

買取店で後で剥がすことにすることで、査定額がマイナスにならずに済む場合があるからです。

6.車検が残り3ヵ月以上残っている

愛車を査定に出す場合に注意したいのが車検の残存期間です。日本自動車査定協会の規約では車検の残存期間が一定期間以上ある場合、査定に加点できると記されています。

つまりある程度車検が残っている場合、有利な査定が下りる可能性が高いといえるのです。どれくらいの期間残っている必要があるかというと、最低でも3カ月は残っているようにしてください。

車検の残存期間が3カ月を下回った場合、プラス査定になることはありません。そうなると3カ月を切ってしまったら車検に通したほうが良いのか、ということが問題になりますが、その場合は車検に通さないほうが良いでしょう。

車検を通した場合と通さなかった場合とで比較すると、純粋な査定価格は上がりますが、車検代をカバーできるほど査定額が上乗せされるわけではないからです。

7.タイヤの残り溝が1.6mm以上(スリップサイン)

タイヤの残り溝は査定士の減点対象になります。残り溝が多く残っているとその分だけプラス査定になるわけですが、タイヤがすり減っていてスリップサインが出ているとかなりのマイナスになります。

査定協会が定める査定基準を調べてみると、残り溝がスリップサインの出る1.6mm以下になった場合、最大で35点の減点になります。減点は1点に付き1000円ですから、大きなタイヤほど査定額に影響が出ることがわかります。もしスリップサインが出そうになっていたら、交換したほうが良いのかと思うかもしれません。

もしまだしばらく乗り続けるのであれば交換したほうが良いのですが、査定のためにタイヤを交換したとしても、加点されるのは最大で8点(8000円のプラス)にすぎません。

タイヤと交換費用を考えると交換するとかえって損をしてしまうのでお勧めできません。

高く売るためのコツ!査定士に必ず伝える2つのこと

愛車を高く売るためには今乗っている車の状態を正直に査定士に伝えることが大切です。

もし事故歴があって修復したことを伝えたら査定額が低くなってしまうのでは?と心配になってしまうかもしれませんが、事実はそれと大きく異なります。査定士はこれまで数多くの車を査定してきた経験があるので、車を見て事故車かどうかをすぐに判断できるからです。

なぜ査定士は事故歴の有無を知っているのかというと、車台番号から事故歴の有無をチェックできるからです。修復歴がある車については、修理を実施した修理工場が車台番号を含めデータベースに登録します。そのため車台番号を検索すると査定士はすぐにその車の状態を判断できるのです。

前もって伝えておけば査定士にとっても手間が省けるのでその分だけ査定額が減額される心配がなくなります。

1.純正であること

愛車を1円でも高く売るためのコツは純正の状態に戻すことです。純正の状態に戻すことが大切な理由は、そのほうが中古車市場で売れるからです。

買取業者は、買い取った車が中古車市場で確実に高く売れるかどうかという点を重視しています。購入層が希望するのは、手が加えられていない状態の車ですから、仮に社外品でドレスアップされていると、購入層が限られてしまうため、どうしても買取査定額がマイナスになるのです。

もし社外品などでドレスアップしているのであれば、純正品に取り換えるか、査定時に純正品を持ち込んで元の状態に戻せることを伝えてください。

純正品かどうかで査定額が数千円~数万円も変わることがあるので、これは確実に実施しておくことをお勧めします。

2.事故歴や修復歴の申告

査定時に同時にしておきたいのが事故歴や修復歴の有無に関する情報です。点検記録簿があれば、査定士がすぐにわかりますが、記録簿がない場合、査定士が外観から見ても判断がつかないことがあります。そのような場合、これまでの修復歴を調べるためデータベースにアクセスしますが、その際に修復歴があることがわかると査定額が大幅にダウンしてしまいます。

これを防ぐためには前もって修復歴や事故歴を伝えてください。ただし軽度の修復なら修復歴に含まれない場合が多いです。ちなみに事故車扱いになるのは次の部分の損傷です。

フレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ダッシュパネル、ピラー、ルーフパネル、トランクフロア、フロア、ラジエターコアサポート

以上のいずれかに該当する場合は前もって伝えておきましょう。

高く売るための交渉術

愛車を高く売りたいと思った場合、査定士が好印象を持てるような交渉術を身に着けておきましょう。

査定士の仕事は中古車市場で高く売れる車を見つけてそれを買い取ることです。つまり査定士にとって今ほしいと思っている車なら確実に高く売れることがわかります。

それに加えて、査定士の心を動かすことも大切です。査定士も人間ですから、顧客の要望に応えたいと思うものです。査定士の心をつかめば、査定も有利に進められます。

普段から車の査定に慣れている方はいません。初めて方は特に不安です。そんな方のために経済産業省と国土交通省の指導のもとにJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が設立され、「中古自動車査定制度」があります。

中古自動車査定制度は、消費者に安心を与えることを目的とし、中古自動車の流通がスムーズに運ぶよう考えられています。

この制度によって車買取店が言い値で査定するのではなく、査定のプロが公正に判断して査定額を決定しているのです。

そんな査定のプロに対して私たちができる車を高く売るためのポイントは、高値査定が出たら即決したいという意気込みを伝えることです。今すぐにでも売りたいという気持ちを伝え、少しでも高い査定を出してくれる業者に売りたい旨をアピールしましょう。

できるだけ担当してくれる査定士に売りたいということも伝えてください。査定士は他社が絡んでくると査定に力が入るので、高額査定が出る可能性があります。

できればこれまでの愛車の扱いについても伝えておくようにしてください。メンテナンスを定期的にしてきたことや、事故歴の有無などを伝えます。ポリマー加工をしているのであればそのことも伝えておきましょう。

車が丁寧に扱われてきたことがわかると、査定士も査定を上げやすくなるからです。

ここまでは査定士に対する評価を上げるための交渉術です。ただ、数十万単位で査定額が変わることはごく稀です。高価買取、高額査定を勝ち取るためには必ずオーナーの方にやって頂きたいことがあります。それが以下2つです。

  1. 他社競合であい見積りを取る
  2. 車一括査定を利用して買取業者を競合させる

では具体的に解説していきましょう。

1.他社競合(3社~5社)、あい見積もりを取る

愛車を高く売るために査定士がお勧めするのは、複数の買取査定業者に査定を依頼して見積もりを取ることです。少なくとも3社の見積もりを取るようにして、それぞれを比較するようにしてください。

可能ならば5社程度の見積もりをまとめることでより査定額に正確性が出てきます。

査定額が提示されたなら、他社に査定を依頼する際にA社の査定はいくらだったということを伝えることで査定士のやる気を起こすことができます。

査定士は他社が関係してくると闘志を燃やすので高額買取に効果があります。それぞれの見積もりがとれたなら、どの買い取り業者に依頼するかを決めましょう。

再度査定をしてもらうときに、他社の情報を伝えるとさらに査定が上がる可能性もあります。

2.手早く競合させるなら一括査定が最善の選択

愛車の査定をしたいけれど、仕事が忙しくてなかなか査定に行く時間が取れないという方は多いことでしょう。あるいはお住いの地域に買い取り業者が少ないので、複数の見積もりを取るためにはかなりの距離を運転しないといけないといったケースもあるかもしれません。

そのような場合におすすめなのが車の一括査定です。一括査定を利用するメリットは、自宅に居ながら複数社の査定を一斉に依頼できることです。手元に車検証と走行距離などの具体的な情報を用意して一括査定を依頼します。

一括査定はそれほど難しくはありません。インターネット上で必要な情報を入力し、送信します。入力内容は暗号化されるため、情報が外部に漏れる心配はまずありません。送信された情報をもとに大体の見積もりを送付してくれます。

買い取り業者ごとの見積もりが取れたならそれぞれを比較して、より高く買い取ってくれる業者を選ぶようにしてください。その後買い取り業者の査定士が出張査定をしてくれます。

その際には前もって愛車を洗車し掃除をしておくとよいでしょう。買い取り業者を回る時間が節約できるので、その分だけ念入りに愛車をクリーニングしておくことが可能です。

ピカピカの愛車を見て査定士がさらにプラスαの査定をしてくれる可能性もあります。

車の査定額は状態だけで決まらない!買取店の需要も影響する!

愛車を査定する場合、車の状態が買取価格を左右しますが、それ以外にも査定額に影響を与えるものがあります。それは買い取り業者が欲しがっている車かどうかという点です。

買取業者によっては、買取強化車種を公表しているところがあります。もし今お乗りの車が買取強化車種に入っているとしたらそれは大きなチャンスです。

買取強化車種はすでにその車を欲しがっている顧客がいるというサインです。つまり多少お金を多く払ってもその車を欲しいと考えている人がいるわけですから、高値査定が期待できます。

複数の買取業者の見積もりを取る場合、前もってそれぞれの業者の買取強化車種をチェックしておくとよいでしょう。

買取強化車種に該当する場合、通常よりも数万円から10万円以上の高値買取をしてもらえる場合もあります。中古車市場の在庫が少なく、すぐにでもほしいという車種だとさらに査定額がアップする場合もあります。

買取強化車種が多くなるのは決算期やボーナス時期の1,2カ月前です。買取業者は需要をある程度予測して買取査定を実施します。

高く売れる時期をチェックして、その時期に合わせて愛車を査定に出すなら、通常よりもさらに高値で売れる可能性が高くなります。