軽自動車の雄とも言える、スズキの代表的な車がアルトだ。初代モデルは1979年に発売と、かなりのベストセラーでもある。現在までに7回ものフルモデルチェンジを行っていて、ガソリン車としてはトップクラスの燃費性能を誇っている。

そんなアルトは中古車市場においても、人気が高い車種の1つになる。もともと軽自動車そのものが中古車市場では、高い人気を誇っているのも事実だ。その中でも、アルトは特に回転が速いことが特徴になっている。

回転が速いとは仕入れをして、売れるまでの期間が短いことを指す。燃費の良さに加えて、取り回しがしやすく、親しみのある丸みを帯びたデザインなどから女性人気も高い。そんなアルトを、高額買取してもらう方法を紹介していく。

アルトの買取相場は?

マーケティング

では、アルトの買取相場はどうなっているのだろうか。モデルごとに値段を比較していこう。まず初代から3代目までについては、値段がつかない状況である。これは単純に車体そのものが古すぎるのが原因だ。

いかにアルトが人気の車種といっても、日本国内の中古車市場では年式が10年を経過すると、その価値が極端に落ちてしまう。

一部の車種では10年を経過しても値段の下落はないが、そうした車種が例外だと覚えておくと良いだろう。

4代目以降のアルトについては値段がつくことが多い。ただ値段がつくといっても、10万円前後であると覚えておこう。そもそも新車の価格もアルトは低めである。そのためリセールバリューについても、そこまで高くはつかないのが現状だ。

現行モデルになると、それなりの価格がつくようになってくる。特に走行距離が3万キロ以内のものであれば、新車価格の6割くらいの価格がつくだろう。ただ、走行距離や年式が古くなるほど買取相場は落ちていくので注意したい。

アルトの買取相場はあまり高くない

PCの前で落ち込む男性

アルトの買取相場にて述べたように、基本的に買取相場そのものは、あまり高くないように思われるだろう。特に初代から3代目までのモデルについては、ほぼ値段がつかないケースが多い。

ただ熱狂的なファンがいるモデルでもあるので、状態次第では高値がつく可能性もあるのだ。

値段がつくようになる4代目以降にしても、さほど高く買取をしてくれる様子がない。これは先にも伝えたが、そもそも新車の価格が安価であるのがポイントだ。一般的に中古車業界では、残存率というものが考慮される。

残存率とは新車の価格と中古車の買取額を比較して、どのくらいのパーセンテージになるのかを見た数字だ。一般的な車種で残存率は、55から60%程度だと考えていいだろう。

現行モデルのアルトでは6割ついているのを考えると、極端に相場が低いわけではないのだ。

もちろん中古車は状態によって、大きく相場が違ってくる。そのため年式やグレード、その他オプション装備などの面で、プラスになるケースもある。

アルトは低価格が売りである軽自動車でもあるので、買取額が安く感じられるかもしれないが、適正な価格だと覚えておこう。

アルトの買取相場の推移

メモとグラフ

次に、アルトの時間経過による買取相場の推移について考えよう。アルトは軽自動車の中でも、特に人気がある車である。家庭内で奥さんが乗るセカンドカーとしても人気が高いことから、買取相場としては安定しているといっていいだろう。

特に短いスパンで考えると、大きな値下げがない。もともと買取額がそこまで高くないので、大きな値下げをする分がないのである。逆に言えば、安定した買取額だと言えるだろう。ただ売るかどうか迷っているのなら、早めに売るのをお勧めしておく。

ロングセラーの車種だけに、ユーザーからの信頼度も高い。そのため車の状態さえ、良ければ高額買取も難しくないだろう。

査定額については、残存率を考慮しておいて欲しい。高級車のような高値がつくことはない。新車の価格と比較して、割合に高値がつきやすい程度である。

アルトの年式や走行距離別の相場表

年式 走行距離 グレード 平均下取り相場 平均買取相場
1994年 30,000km パーキー 不明 不明
50,000km 不明 不明
100,000km 不明 不明
1998年 30,000km エポリミテッド 不明 不明
50,000km 不明 不明
100,000km 不明 不明
2004年 30,000km エポ 不明 不明
50,000km 不明 不明
100,000km 不明 不明
2008年 30,000km X 11.0万円 15.0万円
50,000km 7.2万円 11.2万円
100,000km 2.0万円 6.0万円
2013年 30,000km X 34.6万円 38.7万円
50,000km 30.7万円 34.8万円
100,000km 25.4万円 29.5万円
2016年 30,000km S 51.4万円 55.3万円
50,000km 51.6万円 47.7万円
100,000km 46.6万円 42.7万円

アルトを高く売る5つのポイント

チェックリスト

では、アルトを高く売るにはどうすればいいのだろうか。

  • 人気のグレードを選ぶ
  • 年式は若い方がいい
  • ボディーカラーが重要
  • 装備に注意しよう

これらの点に気をつけておきたい。特にここであげたのは、購入時に必要となることだからである。リセールバリューを考慮するのなら、絶対に覚えておこう。

  • 走行距離にも注意
  • 内装や外装を汚さないようにしよう

次に紹介したいのは購入時ではなく、利用している間に気をつけるべきポイントだ。特に走行距離については、気をつけておくようにしたい。では、以下に詳しく見ていこう。

グレード&年式

カーショップ

アルトのリセールバリューを考える時に、最も重要なのがグレードになる。年式については、どのグレードでも同じで若い方がいいと覚えておこう。ポイントとしては車検を行う、3年、5年、7年になる。

現行モデルのアルトではグレードは4つある。

  • F
  • L
  • S
  • X

Fが最も装備の充実度が低く、Xが最も装備が充実しているグレードになる。中古車の市場としても、装備が充実している方が評価される傾向にあるので、Xが最も高値のつくグレードだ。

年式が古くなっても、グレードが高ければ買取額をそれなりに維持しているのもポイントになる。つまり、10年以上はアルトを乗るというケースでも、リセールバリューを考えるのなら、グレードの高いものを選んだ方がいいだろう。

ワークスモデルは高い

どんな車種にも共通して言えるのが、スポーティなモデルには高値がつくというものだ。もちろんアルトにも、スポーティなモデルが存在している。ワークスというモデルになるのだが、スポーツモデルにチューニングされているのだ。

アルトには熱狂的なファンが多いが、その中でもワークスは特に人気がある。そのため中古車としても、非常に高い値段で取引されることがあるのだ。ちなみにワークスがあるのは、初代から3代目までと、現行モデルのみになる。

状態にもよるが100万円以上の値がつくこともあるようだ。

走行距離

メーター

走行距離もまた、高額買取を勝ち取る上で重要なポイントである。一般的な目安としては1年で1万キロとなる。この目安を超えると過走行車として、一気に買取額が落ちてしまうので注意したい。

そもそも自動車は消耗品でもあるので、走行距離が長くなるほど、消耗すると考えられるのだ。ただ適正なメンテナンスをしていると、走行距離はさほど問題にはならない。

特に国産車には用いられている技術の向上などもあり、走行距離があってもメンテナンスがしっかりしていれば問題ないからだ。中古車市場としては、過走行車かどうかがポイントになる。

ボディーカラー

クルマ掃除

地味に中古車の相場において重要なのが、ボディーカラーである。人気のあるカラーとそうでないカラーとでは、10万円単位で買取額が異なることもあるので、購入時には十分注意しておきたい。ではアルトは、どんなボディーカラーが人気なのだろうか。

アルトで人気が高いのは、ホワイト系とブラック系の2種類だ。このどちらかであれば、査定でも高値が期待できる。基本的なカラーになるので、時代に左右されない人気があるのも特徴の1つだろう。

ちなみに現行モデルでは、ピュアレッドがイメージカラーとなっている。そのため現行モデルに限ってはレッド系についても人気が高い。しかし、次回のモデルチェンジでイメージカラーが変更になる可能性もあるので、やはりモノクロカラーが無難だと考えられる。

装備品&安全装備の有無

運転中

アルトを売却する時の買取相場を見ると、やはり装備品が充実しているか、どうかも重要なポイントになる。

装備品は大きくわけると、純正品と社外品の2つになるのだが、中古車市場で人気があるのは純正品の方だ。

車が好きな人であれば、機能面やデザイン面から純正品よりも社外品を選び人が多い。ただこれは車が好きな人の判断であって、中古車市場という不特定多数ではマイナス要素になるのだ。結果としてパーツを改造するのなら、純正品をとっておく方がいい。

余裕があるのなら純正品にパーツを戻し、社外品は専門店で売却した方がいいだろう。自分で元に戻せない場合でも、査定時に純正品パーツがあれば高値で取引をしてくれる。つまり高値で売りたいのなら、しっかりと純正品パーツは保管して置こう。

ちなみにどんな装備品が人気なのだろうか。

  • カーナビを初めとしたオーディオ類の装備
  • アルミホイールやエアロパーツ

これらの装備品はとても人気が高い。アルトは軽自動車だが、スポーティなモデルがここでも好まれているのがわかるだろう。

内外装の奇麗さ

運転席

アルトを高値で売却するには、内外装をきれいに保つのも重要だ。特に現行車やそれに近いモデルでは、ファミリーユースされるケースが多い。女性層からの人気も高いので、内外装をきれいにしておくと査定額もアップするのである。

ちなみに初代から3代目までの古いモデルであっても、きれいにしておいた方がいい。これらの古いアルトは、熱狂的なファンが利用するケースが多いからだ。状態の良さによって、買取額が大きく違ってくる。

ちなみに内装において注意したいのが、臭いである。特にアルトのような女性層からも人気の車は、車内の臭いで大きく査定額が異なるのである。特にタバコやペットの臭い、芳香剤などは嫌われるので注意しておこう。

高価買取が可能な業者を選定する

税金

アルトを高価買取してもらうには、どうすればいいのだろうか。一般的に中古車を売却する方法としては3つある。

  • ディーラーによる下取り
  • 買取業者を利用する
  • 一括査定サイトを使う

この3つの中で最も高価買取を期待できるのは、一括査定サイトを利用する方法になる。では、どうして一括査定サイトが効果的なのかを説明していこう。

同じアルトを売るにしても、数万円以上も差が出てくるので、覚えておいて損はないだろう。

ディーラー下取りは99%損をする

落ち込む男性

現在乗っているアルトから、新しい車へと乗り換える時、新車を検討しているのなら、下取りを利用するケースが多い。

下取りはディーラーが提供するサービスの1つだ。新車購入を前提として、現在乗っている車を引き取ってくれる。

その下取り価格を新車の購入価格から引いてもらえるので、お得だとして利用する人も少なくない。また売買の手続きを1つの店舗でできるので、手間を省けるのもメリットになるだろう。ただ1つ注意したいのが、下取りは価格が低いことだ。

一般的に買取業者での買取価格と比較すると下取り価格は、数万円は下回ってしまう。そもそも下取りはディーラーにとって、本来行う業務ではない。飽くまでも利用者に対するサービスの一環となるので、そこまで高値をつけることがないのだ。

対して買取業者は仕入れた車を転売して、利益を出すことが業務になる。つまり買取業者は、相場に従った値段で仕入れを行うのが基本なのだ。つまり少しでもアルトを高価買取して欲しいのなら、下取りではなく買取を利用すべきだと言える。

車

ディーラーの下取りは99%損する?メリット&デメリット【徹底解説】

ディーラーに下取りを出すと、もともと所持していた車を売り、新しい車に買い替えるこ……続きを読む

単独商談ではなく複数商談で競合させる

話し合い

アルトに限った話ではなく、中古車を高値で売るには複数の業者を競合させることが大切だ。そもそも単独の業者と商談をするメリットがないのも、ポイントだろう。買取業者は利益をだすために、少しでも安く仕入れをしようとするものだ。

そのため競合する業者がなければ、査定額を低めにつけるのも珍しくはない。しかし、競合する業者がいれば、低めに査定額をつける意味がなくなってしまう。他社が高くつければ、そちらに売るというユーザーが多いからだ。

アルトを少しでも高く売りたいのなら、複数の業者に対して商談をもちかけるのが定番である。ただ自分では大変な労力がかかるので、一括査定サイトの利用をお勧めしておきたい。一括査定サイトを利用すれば、自動的に競合させることができる。

アルト高価買取は一括査定がおすすめ

good-job

アルトの高価買取を希望するのなら、一括査定サイトを利用する方がいい。その理由としては大きくは3つある。

  • 買取相場がわかる
  • 業者を競合して値段をつりあげられる
  • 最初から高値をつける業者と商談ができる

この3つのメリットが考えられるのだが、一括査定サイトを利用することで、自動的に達成できるのがポイントだ。一括査定サイトとは複数の業者に対して、査定の見積もりを一括して依頼できるサービスのことである。

無料で利用できる上に、インターネット上のサービスなので24時間受付をしているのがポイントだ。複数の業者に対して連絡をするので、最初から業者同士を競合させられる。その上で、返ってきた見積もりを比較検討すれば、買取相場がわかるだろう。

最初から高値をつけてくれる業者もわかるのが、ポイントになる。このメリットは非常に大きい。場合によっては10万円単位で、買取額に違いがでるからだ。

実際の査定に移る段階にしても、3社程度選んでおくと、より高値をつけてくれる可能性が高くなる。

まとめ

タブレット 男性

アルトはスズキが誇る、ロングセラーの車種である。軽自動車の中でも代表的な車種であり、中古車市場においても非常に人気が高い。そのため買取相場においても、それなりの値段をつけているのが特徴だ。

ただアルトは新車価格そのものが高くはないので、買取額だけを見ると値段は高くない。ただし、新車価格に対する買取額にすると高い方にある。そんなアルトを高値で売るには、グレードや装備などに気をつけておきたい。

さらに売却をする時には、一括査定サイトを利用するといいだろう。一括査定サイトを使うことで、最初から高値をつけてくれる業者がわかるからだ。買取額をアップする小技もあるが、最初から高値をつける業者と商談をした方がいいだろう。