車下取りとは、ディーラーや中古車販売店で車の購入、売却(いわゆる買い替え)を一括で行うことである。車の売却額は新しい車の値引き額に上乗せすることができるので、ユーザーにとってお得な感じがするものだ。

しかし、それにも関わらずディーラーや中古車販売店での車下取りは「損をするからやめた方がいい」といわれることもある。

これはなぜかというと、車下取りには得すること、損することの両方があるからだ。

得した人は当然「車下取りはお得だ」と思い、損した人は「車下取りは損する」と思うので、意見が分かれてしまうわけだ。

実際にユーザーがディーラーや中古車販売店の車下取りで得するかどうかは様々な条件を見てみなければわからない。

特に得するケースと損するケースの具体例を見てそれとユーザーが合致しているかどうかを確かめることは重要だ。

また車下取りが得するか、損するかは車買取店のサービスと比べるとわかりやすい。車買取店は下取りではなく車の買取だけを行っている業者であり、新しい車の購入は別の業者で行わなければならないという違いがある。

簡単にいえば、車下取りが車買取よりも優れている点はお得で、車買取よりも劣っている点はお得ではないということになる。

下取りで得する場合

契約成立

下取りで得する場合には様々なものがあり、「下取りは損をする!」と固定観念を持っているユーザーは意外に思うかもしれない。

たとえば、「車買取専門店で拒否された車でも下取りしてくれる」、「年式が古い車・過走行車でも下取りしてくれる」、「事故車・修復歴車でも引き取りを頼みやすい」などは下取りで得する場合で代表的なものといえるので、チェックしておこう。

交渉中に握手する

【プロが教える】絶対に損しない『車下取り』の全知識まとめ

車下取りとはこれまで乗っていた愛車をカーディーラーに買い取ってもらい、新車や中古……続きを読む

車買取専門店で拒否された車でも下取りしてくれる

車買取専門店で車買取の依頼をした時、買取を拒否されることがある。これはどういうことかというと、買取してもらいたい車の査定額が0円で、買取自体ができないということを意味する。

商品価値がない車を買い取っても車買取専門店はその車で利益を得ることができないので、わざわざ買い取って損をする必要はないわけだ。

しかし、ディーラーや中古車販売店の車下取りであれば、たとえ車買取専門店で拒否された車でも値がつくかどうかまではわからないが、下取り自体はしてくれる。

そのため、はじめから車買取専門店で拒否されそうなことがわかっていれば、あえて下取りを優先するという方法もあるわけだ。

年式が古い車・過走行車でも下取りしてくれる

年式の古い車

同じ車種の車が2台あった場合、年式が古い車の方が査定額が低くなる傾向にある。また走行距離も同様に過走行車の方が査定額は低い。

もちろん年式が古い上に過走行車であれば、その分、査定額は下がってしまうことになる。

なぜ年式が古かったり、過走行車であったりすると査定額が下がるかというと、車のコンディションが悪い恐れがあるからだ。

車に限らずだが、当然物は使えば消耗し、劣化していくので、年式が古い車・過走行車は性能が悪い上に故障しやすい。

あまりに年式が古く、走行距離が長いと買取専門店の査定額が0円になることも珍しくないが、ディーラーや中古車販売店の車下取りならそのような車でも下取りしてくれる。

事故車・修復歴車でも引き取りを頼みやすい

チェック

事故車は「事故を起こした、あるいは起こされた車」、修復歴車は「骨格部の修正や交換を行った車」を指す。

事故車はあくまでも事故の有無が問題になるので、骨格部に損傷が生じなければ修復歴車には該当しない。

事故車・修復歴車は年式が古い車・過走行車と同様に車のコンディションを悪くする原因になるので、査定額が下がる傾向にある。

そのため、車買取専門店ではもちろんのこと、ディーラーや中古車販売店の車下取りでも値がつかないことが珍しくない。

しかし、ディーラーや中古車販売店の車下取りの場合、値がつかない車の引き取りを頼むことができる。ディーラーや中古車販売店は車を売って販売ノルマを達成するのに必死なので、引き取りくらいは苦もなく行ってくれるのだ。

廃車同然の車でも数万円の値段がつく

事故車と男性

廃車同然の車は車買取専門店で値段がつくことはほぼ無理といっていいが、ディーラーや中古車販売店の車下取りに持っていくと値段がつくことがある。

車を廃車にするとその手続きの費用がかかることもあるので、値段がつくことに驚くユーザーも多いだろう。

しかし、このケースにはカラクリがある。それは廃車同然の車に値段をつける裏で、新しい車の値引き額を下げているというものだ。

下取車の値段は新しい車の値引き額に加算されるので、廃車同然の車に値段がついたとしても、その分だけ新しい車の値引き額が下がっているのであれば、結局最初から下取車に値段がつかなかった場合とトータルでは同じである。

ノートを取る男性

【プロが教える】車下取りの査定額を上げる5つのコツ&交渉術

ディーラーはユーザーの中古車を買い取る代わりに、契約メーカの新車を販売することを……続きを読む

納車までの交通手段に困らない

運転

ディーラーや中古車販売店の車下取りを利用すると、購入した新しい車が納車されるまで下取車を使うことができる。そのため、下取り中でも1日たりとも車の交通手段を失わずに済む。

車買取専門店の場合はすぐにユーザーが売却した車を納車しなければならないので、必然的に新しい車を購入するまでは交通手段が失われる。

車買取専門店は相場が変わらないうちにオークションに出品して現金にしたいわけなので、納車日を延ばしてくれることはほとんどない。

ただし、車買取専門店によっては代車サービスを提供しているところもある。この場合は交通手段には困らないが、慣れていない車に乗るのは落ち着かないというユーザーも多いだろう。

ホイールなどの純正品は査定額プラス

ホイール

ディーラーや中古車販売店の車下取りでは下取車についているホイールなどのパーツが査定額にプラスされる。

どれだけの額がプラスされるかはそのパーツが純正品か社外パーツかで異なる。最もプラスされるのは純正品で、しかも新しいものである。

社外パーツだったり、古いパーツだったりすると評価が悪くなり、両方の条件を満たしてしまうと査定額が一切変わらないこともある。

ただし、例外として品質が良いパーツであれば古い社外パーツだったとしても評価が高くなることがある。

また注意点としてディーラーや中古車販売店によって装備品の評価の仕方が異なることがあげられる。

中にはまったく装備品の評価を行わないところもあるので、査定を受ける前に「装備品も査定してほしい」と伝えておくことが大切だ。

カーナビは純正品に関わらず査定にプラスになる

運転席

一般的にオプションやパーツは純正品の方が査定に有利だが、カーナビは社外品でも下取り査定で減点されることはない。

カーナビで重要になるのは、新しいか古いかオンダッシュ(ダッシュボードの上部に取り付けるもの)か、インダッシュ(ダッシュボードの内部に取り付けるもの)か、問題なく動作するかどうかである。

ただし、マニュアルとして査定で減点されることはなくても、業者が純正品の方を好むケースは往々にしてあるので、特に社外品にしたい理由がなければ純正品を選んだ方がいい。

営業マンや店舗との信頼関係ができる

good-job

ディーラーや中古車販売店の車下取りを何度も利用していると、次第に担当する営業マンと顔なじみになってくる。

そのように信頼関係ができてくると、下取りに関してお得な情報を特別に教えてくれたり、より手厚いアフターフォローを受けられたりするメリットがある。

車の取引というのはある種の複雑さがあるので、買い手と売り手の間に信頼関係があった方が不要なトラブルを起こさずに済む。

そのため、将来にわたって安心して車の買い替えを行っていくためにも営業マンや店舗との信頼関係の向上は意識しておいた方がいいだろう。

下取りで損する場合

落ち込む男性

下取りで得することをあげてきたが、それと同じくらい下取りで損することも存在する。

たとえば、「買取店の買取価格よりも下取り額の方が安い」、「値引き額を減らして下取り額を上げるカラクリに印象操作される」、「ディーラーだと他社メーカーや外車の査定が低くなる」といったことが損するケースに該当する。

車

ディーラーの下取りは99%損する?メリット&デメリット【徹底解説】

ディーラーに下取りを出すと、もともと所持していた車を売り、新しい車に買い替えるこ……続きを読む

買取店の買取価格よりも下取り額の方が安い

グラフと説明

ディーラーや中古車販売店の車下取りは基本的に買取店の買取価格よりも安くなることが多い

下取りの場合、廃車同然の車や買取店で買取を拒否された車でも値段がつくことがあるが、そういったケースを除けば買取店の方がお得になるのだ。

なぜディーラーや中古車販売店の下取り額と買取店の買取価格に差が出るかというと、販売ルートが異なることが理由としてあげられる。

買取店は販売ルートが充実しているため、買い取った車を最低限のコストで売ってお金に換えることができる。それだけに買取価格を多少高くしても元は取れるわけだ。

一方、ディーラーや中古車販売店は自社の車の販売を第一にしているため、下取車の販売ルートは確立されていないことが多く、買取店のように買取額を上げる余裕はないのが現状だ。

中古車販売店に下取りを出す場合は自動車税の二重取りに注意が必要

メモを書く男性

車を売ると自動車税は売り手のユーザーに返ってくる。しかし、悪質な中古車販売店を利用するとその自動車税が返ってこないことがあるのだ。

中古車販売店で下取りをすると下取車と購入車は1つの見積書で扱われる。そのため、下取車を売ることで戻ってくる自動車税と車を買うことで新たに支払うことになる自動車税は相殺して見積書に記載される。

優良中古車販売店であればこの通りに処理されるのだが、悪質な中古車販売店だと戻ってくるはずの自動車税をユーザーに支払わずに、新たに課税される自動車税の方だけユーザーに支払わせようとする。

この場合、自動車税の二重取りになるので、ユーザーは騙されないようにしなければならない。

値引き額を減らして下取り額を上げるカラクリに印象操作される

見積もり書

下取りで廃車同然の車に値がつくことがあるのは値引き額を減らすカラクリがあるからだが、実はこの印象操作は廃車同然の車以外でも行われることがある。

たとえば、ユーザーが「もっと下取り額を上げることはできないか?」と交渉した時にそれ以上普通に下取り額を上げることができなかった場合、営業マンはその場しのぎとしてこのカラクリを用いる。

確かにこれなら下取り額自体は上がっているので、ユーザーは「自分の希望が通った」と満足してしまうのだ。

またこれとは逆に下取り額を減らして値引き額を上げるカラクリも存在する。このカラクリはユーザーが新しい車を限界以上に安く買いたいという要望を出してきた時に用いられる。

ディーラーだと他社メーカーや外車の査定が低くなる

カーショップ

ディーラーは契約しているメーカーの車の相場には詳しいが、他社メーカーや外車の相場には詳しくない。そして相場に詳しくない場合、査定額は低めになる。

万が一査定額を思い切って高くし、後で相場よりもかなり高い額であることがわかった場合、ディーラーが一方的に下取りで損をしてしまうからだ。

そのため、たとえ年式や走行距離、グレードなどの条件が良い車だとしても、他社メーカーや外車の査定だと満足のいかない額になることが多い。

追加パーツやドレスアップは基本的に評価されない

エンジン

追加パーツやドレスアップで車をカスタマイズするユーザーは多いが、下取りではこれらのカスタマイズが査定に良い影響を及ぼすことはない。

なぜかというと、追加パーツやドレスアップでカスタマイズされている車はどうしてもその持ち主の好みが前面に出てしまうものだからである。

そういった個性の強い中古車を販売しようとしても万人受けせず、売れ残ることが多い。

もちろん同じ趣向を持ったマニアックな買い手が見つかれば高く売れることもあるが、基本的には期待できないので、ディーラーや中古車販売店としては追加パーツやドレスアップでカスタマイズされた車は評価しようがないわけだ(ただし、品質の良いパーツは例外)。

装備品によっては専門店で買い取りした方が高くつく

ディーラー・中古車販売店での下取りと買取専門店での買取では装備品に対する査定基準が異なる。

買取専門店の場合、価値のある装備品であれば積極的に査定額にプラスしてくれるが、ディーラー・中古車販売店の場合、買取専門店ほどの積極性はない。

これはなぜかというと、ディーラー・中古車販売店での下取りは査定を効率よく行うためにマニュアルが規定されているからである。

このマニュアルには純正品以外の装備品を評価する項目がない。また査定士はマニュアルを無視して高い査定額をつけるわけにもいかないので、買取専門店と比べると査定に柔軟性がなくなっている。

車下取りの際にカーナビやETCは外すべき?

スマホをさわる男性

パーツ専門店など他の買取業者の方が下取りに出すディーラー・中古車販売店よりもカーナビやETCを高く評価してくれる場合はそれらの装備を外して車下取りを行った方がいい。

そのため、まずは他の買取業者とディーラー・中古車販売店の両方で査定を受けて見積もりをもらう必要がある。

見積もりをもらって他の買取業者の方がカーナビやETCを高く評価してくれることがわかったら、それらの装備だけ外して買取業者に売るといいだろう。

この時、自分で無理に外そうとすると傷がついたり、痕が残ったりすることがあるので、パーツ専門店に取り外しを頼む方がいい。

ほとんどの場合、無料で取り外しを行ってくれるはずだ。傷がついたり、痕が残ったりするとせっかくの車本体や装備品の価値が下がってしまう。

ただし、ディーラー・中古車販売店の査定額と比べてそこまでパーツ買取業者の査定額が高くなかった場合、車本体とパーツを別々に売るのが面倒と思うユーザーもいるかもしれない。

その場合はカーナビやETCをつけたままディーラー・中古車販売店で下取りするか、車買取専門店で車本体とパーツの両方を高く売るのがいいだろう。

傷や凹みは下取り査定額に影響する?修理すべき?

メンテナンス

傷や凹みはその大きさや種類によって下取り査定額への影響の仕方が異なる。たとえば、かなり近づいて見なければわからないような傷や凹みの場合、大きく査定額を下げられることはない。

減点対象ではあるが、誤差の範囲で済ませられるレベルといえるだろう。

ある程度近づくとわかるような傷や凹みについてはしっかりと減点対象になる。しかし、この場合でも査定額を大きく下げられるわけではなく、数千円~数万円程度の差にしかならない。

ただし、遠くから見てはっきりとわかるような傷や凹みはかなり下取り査定額に影響する。

上記の2つの傷や凹み程度であれば中古車ということを考慮して大目に見られることが多いが、さすがに大きな傷や凹みになると見栄えが悪くなるので、査定士も無視はできなくなる。

そのため、修理を検討するとすればこの傷や凹みがある時が該当する。

基本的に修理費用に見合った査定額のプラスはない

暗い雰囲気の場所でパソコン

車の修理を行う場合、自分で修理を行うか、あるいは修理工場で行うかの2択になる。

自分で修理を行えば安上がりに済むが、プロ並の仕上がりができなければ査定時に気づかれてしまうので、素人にとってはハードルが高いのが問題だ。

最悪の場合、苦労したわりに査定額が上がらないということもありうる。

修理工場での修理は単純に修理費用が高いという問題がある。修理作業にかかる費用と部品代の両方が請求されるが、前者は1万円程度、後者は使う部品の定価となる。

修理したからといってこれらのコストに見合うほどの査定額になることは期待できない。

以上のことから、車下取り前に査定額を上げるために傷や凹みの修理を行うのはやめた方がいい。

まとめ

パソコンを見る男性

ディーラーや中古車販売店の車下取りにはユーザーにとって得することと損することの両方がある。

たとえば、得することにはどのような状態の車でも下取り・引き取りができること、純正品のパーツがあると査定額にプラスされること(カーナビは純正品でなくてもOK)、営業マンや店舗と信頼関係を結べることなどがあげられる。

一方、損することには買取専門店と比べると様々な点で査定額が劣ること、自動車税を二重取りすることがあること、値引き額を減らして下取り額を上げるカラクリを用いることがあることなどがある。

車下取りを利用する時は必ずこれらの得すること、損することの両方を事前に把握しておくようにしよう。

カーナビやETCがある場合、パーツ専門店などで売る方が高くなるなら下取り前に車から取り外して別途売った方がいい。

それほどパーツ専門店では高く売れないのであれば、そのまま下取りしてもいいし、買取専門店で車本体とパーツの両方を高く売るのもいいだろう。

車の傷や凹みについては目立つものでなければ放っておいていい。

また目立つ傷や凹みがあったとしても、手間や時間、費用のわりに大した査定額アップにはならないので、修理は行わずにそのまま下取りに出すようにしよう。下手に手を加えると無駄に損をする可能性が高い。