日本が誇る名車の1つがハイエースだ。車に興味がない人でもハイエースの名を聞いたことがある人も多いだろう。個人用として使う人も多いが、それよりもビジネス車として使われるケースが多い。

そんなハイエースだが中古車として売る場合の買取相場はどの程度になるのだろうか。実はハイエースは中古車市場として考えると、かなり特殊な部類に入る車なのだ。その理由は国内での需要も高いが、海外からの需要もある点である。

一般的に年式が10年を超えると、ほとんど買取額がつかない車も多いが、ハイエースに限っては別だ。状態にもよるが100万円近い値がつくこともある。そんなハイエースを高価買取させる方法について紹介しよう。

まずハイエースの需要と買取相場を知る

メモとグラフ

ハイエースの中古車への需要はかなり高いものがある。日本国内での需要も高いが、それ以上に海外での人気が高い。

日本では自分の趣味にあわせて利用することが、一般的になっている。そもそもハイエースは商用をメインとした部分があり、モデルチェンジまでの期間が長い。

また、カスタムのためのパーツもかなり豊富だ。ハイエースをベースにして、キャンピングカーに改造するなどの楽しみを持つ人も少なくない。だからこそ中古車でも特殊な立ち場になっている。では、もう少し詳しくハイエースの特徴を見ていこう。

ハイエースの需要(海外で人気)

メモとグラフ

ハイエースの海外での人気に触れよう。人気といっても、実は多くの人が過小評価をしている。日本で人気がある車種と同程度でしょと考える人が大半だが、実はまったく違う。

日本で新車のハイエースを購入し、海外で転売すると利益がでる。あまりにもこうしたブローカーが増えたために、トヨタがそれを禁止にしたほどだ。

基本的にどの国でも人気はあるが、特に発展途上国での需要は異常なほどだ。なぜここまで人気なのかと言うと、それは日本車が頑丈であるからだ。発展途上国では、車というのは一生に一度の買い物である。

そのためメンテナンスさえすれば、何十万キロでも走ることができる、耐久性が高いというのが条件になる。これらを満たすのがハイエースなのだ。日本では10万キロを走ると、市場での価値がなくなるが、海外ではそうではないのだ。

ハイエースの買取相場(100系)

ハイエース100(画像出典:wiki「トヨタ・ハイエース」)

ハイエースにはいくつかの型番がある。その中で100系と言われるのが、1989年から2004年までの間に生産されていたモデルを指す。現行車からすると一世代前のモデルになる。2004年に生産されたものでも、既に10年以上の時間が経過している。

一般的な車種で言えば、いくら人気の車種でも査定額で0円が出てもおかしくない。しかし、この一世代前のモデルである100系は海外からの需要が特に高いのだ。輸出ルートがある買取業者であれば、数十万円の値がつくのも珍しくない。

さらに新車もしくは新古車のような状態のものがあれば、100万円を超える買取額がついてもおかしくないのである。国内試乗でも人気はあるが、特に海外需要が高いことから、買取額も相当に有利なものとなっている。

ハイエースの買取相場(200系)

ハイエース200(画像出典:wiki「トヨタ・ハイエース」)

ハイエースの現行モデルになるのが200系だ。様々な型式が販売されているが、どれを購入したとしても問題はない。現行モデルだけにモデルチェンジでの査定減額もないので、投機目的に購入する人もいるくらいである。

基本的に200系のハイエースも、海外からの需要が高い。100系よりも人気があり、買取された200系のほとんどが輸出に回されるほどである。下手をすると新車での購入価格より、中古車の販売価格の方が高くなるケースもあるくらいだ。

ハイエースは人気があるとは知っていても、それを過小評価する人が騙されるケースでもある。適正な価格で売却できれば、中古車とは思えない価格での買取もありうる。もちろん売却する車の状態にもよるが、10年落ちでも100万円を超えるのは珍しくない。

ハイエースを高く売る5つのポイント

チェックリスト

買取額が高騰しがちなハイエースではあるが、それでもより高く売るためには、いくつかのポイントがある。

  • グレードを気にしよう
  • 人気のあるボディーカラー
  • 走行距離

などが代表的なポイントになる。他にも注意すべきポイントはあるが、最も注目されるのがこのポイントだ。ハイエースをより高く売るには、購入する時から既に始まっていると考えて良いだろう。

では、ハイエースを高く売るためのポイントを5つ紹介していこう。購入の予定があるのなら、リセールバリューを考慮してグレードなどを決めるといい。

グレード&年式&ボディーカラー

ハイエース(画像出典:wiki「トヨタ・ハイエース」)

ハイエースのリセールバリューを考慮すると、グレードとボディーカラーは最初から狙っておくべきポイントだ。ハイエースには様々な型式があるが、基本的にグレードは高い方が有利になると言っていいだろう。反対に低いグレードはそこまで買取額が伸びない。

ボディーカラーとしては白か黒が狙い目になる。海外での需要を考えると白が最もお勧めできるカラーだ。黒も人気があるので、このどちらかを選ぶようにしたい。定番色のシルバーなども人気があるだろう。

走行距離

メーター

走行距離は車の寿命に関わる大切な数字だ。そのため国内の中古車市場では1年で1万キロが目安となっている。これ以上の走行距離は過走行車として、一気に査定額が減額されるのが実情だ。そして、ボーダーラインなるのが10万キロである。

一方でハイエースの場合は商用車として使われるケースも多く、市場に出回っているものの多くが、過走行車となるほどの走行距離がある。

しかし、ハイエースでは走行距離がそこまで問題にはならない。確かに減額はされるが、一般の車ほどではないと覚えておこう。

装備の充実度(純正&社外品含め)

メンテナンス

ハイエース以外の車でも同じことが言えるが、基本的に装備は充実していた方がいい。欲を言うのであれば純正品にこしたことはない。しかし、社外品のパーツであっても充実していれば、大きなポイントになるだろう。

特にハイエースはカスタムをする人が多い。ドレスアップをするだけではなく、本格的に改造をするケースもある。そうした車の価値は上がっていくと考えた方がいい。

ちなみに社外品のパーツを使うときは、純正品パーツを保管しておこう。その方が、高値がつくからだ。

事故歴

査定シート

中古車市場における事故歴とは、本体の背骨部分にあたるフレームに損傷がでることを指す。走行に影響を与える部分なので、ここを修復していると査定額でマイナスになるのだ。少し壁にぶつけた、こすった程度であれば事故歴に入らない。

ハイエースでも同じことが言える。大きな事故をすれば、修復できたとしても、性能を100%発揮できないことがある。そのため査定額が減額になってしまうのだ。

ちなみに査定額の減額を回避するために、事故歴があることを告げない場合は瑕疵担保責任に違反するので注意したい。

車体の状態(内装・外装)

ハイエース(画像出典:wiki「トヨタ・ハイエース」)

ハイエースを高く売るのなら車内の状態も重要なポイントだ。内装や外装を含めたすべてが、きれいであるのにこしたことはない。掃除をしても取れない汚れなどがついていると、マイナスの評価になってしまう。

ちなみに車庫入れでぶつけてしまったなど、外装の傷については下手に処理をしない方がいい。基本的に買取業者は自社工場を持っているので、安く修理できてしまうからだ。査定にも影響を与えるが、自身で修復をするほどの意味はないだろう。

高価買取が可能な業者を選定する

ディーラー

ハイエースは確かに国内外の中古車市場で人気がある。しかし、どこで売っても同じような値段ではと思っていると、大きく損をする可能性が高い。なぜなら業者によってハイエースの買取額は大きく異なるからだ。

海外への輸出ルートを持たない業者だと、安く買いたたかれてしまうのも珍しくない。反対に輸出ルートを持つ業者なら、高価買取に期待できるだろう。

業者ごとに査定額が異なるので、しっかりと選定するのが大切だ。では、どのようにして業者を選べばいいのだろうか。

  • 下取りにはださない
  • 買取業者を利用する
  • 業者同士で競合させる

この3点が大きなポイントになってくる。

ディーラー下取りは99%損をする

ディーラー

ハイエースを高値で売りたいのなら下取りは避けるべきだ。下取りとは新車へ乗り換える時に、乗っている車をディーラーに引き取ってもらうことを指す。この時に下取り価格がついて、新車の購入費用の一部として割り当てるのが一般的だ。

ディーラーの下取りは確かに便利な方法ではあるが、基本的に高く売ることはできない。なぜなら転売をして儲けを出すのはディーラーの仕事ではないからだ。最近でこそトヨタも中古車の直販店を持っているが、まだまだ買取と比較すると安い。

車

ディーラーの下取りは99%損する?メリット&デメリット【徹底解説】

ディーラーに下取りを出すと、もともと所持していた車を売り、新しい車に買い替えるこ……続きを読む

下取りのメリットは、車の購入と売却を同時にできることだ。そのため手続きをする手間を減らすことができる。一般的な車種であれば、買取業者を利用しても数万円しか差がつかないケースが多い。

そのため数万円くらいなら、手間を減らせた方がいいと考える人も少なくないのだ。しかし、ハイエースの場合は数十万円の単位で差がつくケースがある。少しの手間を惜しんで、数十万円ものお金をドブに捨ててしまうのは、損以外のなにものでもないだろう。

単独商談ではなく複数商談で競合させる

話し合い

ハイエースを高く売るなら買取業者を利用した方がいいのは、既に伝えた通りだ。ここで1つ注意したいのが、単独商談を避けるという点だ。単独商談とは1つの業者でしか査定を受けないことを指す。

なぜ単独商談がダメなのかと言うと、本当にその業者がつけた価格が正しいかわからないからである。優良な業者もいれば、悪質な業者もおり、中には足下を見て買いたたくこともあるのだ。そのため複数の業者から査定を受けて欲しい。

複数の業者から査定を受けることで得られるメリットは2つ。

  • 買取相場がわかる
  • 競合によって値段をつりあげられる

前者は査定を受けた業者の買取額を平均化すればわかる。その価格から、買いたたかれているかどうかを判断できるだろう。

後者は、価格交渉時に使えるネタである。他社ならもっと高い値段をつけてくれたとなると、業者も黙っていることはできないので、買取額がアップするだろう。

ハイエース高価買取は一括査定がおすすめ

交渉

ハイエースを高く売るためのポイントをまとめよう。

  • 買取業者にだす
  • 複数の業者を競合させる
  • 買取相場を知って交渉する

この3つになるのだが、実現させるにはどうすればいいのだろうか。最もシンプルな方法は、自分自身で複数の業者に連絡をすることである。しかし、個々の業者に連絡をするとなると、時間も労力もかかりすぎるだろう。

そこで利用したいのが一括査定だ。

一括査定とはインターネット上の無料サービスのことである。申込をすれば、複数の買取業者に一括して見積もりの依頼ができるのが特徴だ。一括査定を利用すれば、苦もなく上述のポイントを達成できる。

インターネット上のサービスなので、24時間いつでも利用できるのも魅力だろう。仕事が忙しくても、会社が終わってから申込ができる。

ちなみに申込にかかる時間は、10分程度だ。ネットになれていない人でも、直感的に操作できるようになっている。

簡単に利用できるものなので、ハイエースを売る時には是非とも利用して欲しい。最後に一括査定のメリットをまとめておく。

  • 無料で利用できる
  • 24時間、365日いつでも申込が可能
  • 申込に時間がかからない

以上のことから、利用するのをお勧めしておく。

ハイエースを売却した人の口コミ&評判

パソコンを見る男性

商用車として使っていたハイエースを売ったのだが、予想以上に高値がついた。10年落ちの過走行車という条件の悪さは理解していた。廃車にするしかないかと思っていたのだが、一括査定サイトを使うことで50万円もの値がついた。大変満足している。

趣味の車としてハイエースをカスタムしていた。しかし老齢からか運転するのがつらくなったので、売ることに決めた。これまでにかけてきた時間やパーツなども評価して欲しかったので、一括査定を使ってみた。自分でも思っていた以上の額で売れたことが驚きだ。

大学時代の先輩から安く譲ってもらったハイエース。しかし、さすがに乗り続けるのが厳しくなってきたので売ることに。

値段なんてつかないだろうと思っていたが、一括査定を使うと50万円の値がついた。最初に持って行った業者だと出せて10万円と言われていたので大損をするところだった。

まとめ

メモ

ハイエースは特殊な車である。日本国内での需要はもちろんのこと、海外からの需要が特にすごい。日本車は海外でも人気があるが、ここまでの需要がある車はハイエース以外にないだろう。発展途上国では、ハイエースしか停まっていない駐車場も珍しくない。

それだけハイエースの人気は高い。そのため中古車の市場としても一般車とはまったく違うものがある。一般車では10年落ち、10万キロの走行距離を超えると価値がほとんどなくなる。しかし、ハイエースだと数十万円の値段がつくほどだ。

そんなハイエースをさらに高値で売るのなら、一括査定を利用して業者同士を競合させることが大切である。また、買いたたかれるのを防ぐために買取相場を知るのも重要だろう。一括査定を利用すれば、より簡単にこれらの条件をクリアできる。